仕事を獲りに行く「姿勢」とは | スモールビジネスの教室/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
年が明けて、1月で予定が入っていない日に、立て続けに仕事を入れました。


【おちょぼ稲荷で買ってきた「ふくよせ」】

個人事業者やフリーランスには上司がいません。

だから仕事は上から降って来ることはありません。

サラリーマンであれば、上から仕事が降ってこないタイミングはサボれるので「ラッキー」なのかもしれません。

でも個人事業者で仕事が無いのは死活問題です。

自分で仕事をしているのなら、仕事は自分で作らないとね。

スモールビジネスの人は、サラリーマン時代の「仕事が降ってくるのを待つ」という姿勢を改めましょう。

おなじ「仕事をいただく」にしても、自分から積極的に獲りに行くのです。

姿勢、気持ちだけでも「待ち」ではなくて「獲りに行く」という心構えが大事です。

いま仕事が無いあなた。

どうすれば「仕事」は生まれますか?

実績の少ないデザイナーさんであれば、架空の企業でもいいので、作例を作りましょう。

作った作例は、もちろんブログにアップしてきます。

ライターさんであれば、未来のお客さんにとって役立つ「無料配布冊子」を作るのなんてどうでしょう?

セミナーや説明会を企画するのもいいかもしれません。

同じ仕事仲間と情報交換するための会議を企画するのも楽しそうですね。

「やること」を創り出しましょう。

「やることがない日」をつくらないようにしましょう。

じっとしていると、目立ちません。

動いていると、人の目につきやすいものです。

「あれは誰?」ってね。

上から降ってきた仕事と違って、自分が創り出した仕事ほど、たのしいものはありませんよ。




スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス