テーマ:
昨日のスカイプコンサル中、おもしろい話題になったんです。

話題を提供してくれたのは、奈良県のコピーライターで、初心者向けにブログの書き方などを指導している先生、しもねようこさん。



彼女が

「私の周りでワシ先生の知名度上がってますよ~」

と教えてくれたので、

「え~?なんでなんで?」

と尋ねてみたところ。

こうゆうことらしいんです。

「人のつながり」からスタートする

まずはワシがフェイスブックでしもねさんとバカなコメントのやり取りをしていると、それを面白がって見ている人がいる。

この場合、見てくれている人の多くはしもねさんのお友達でしょうね。

そしてそのうちの何人かは「誰だこのバカなオッサンは」と思ってワシのフェイスブックやブログなどを見てくれる。

そこにはビジネス系の記事がマジメに書いてあったり、公的団体でセミナー講師をしているワシの姿が出てきたりする。

「へぇ~こうゆう人だったんだ」

という小さなギャップが生まれる。

ココで大事なのはワシ個人は大してギャップを狙っていない、ってことですね。

自然に振る舞っていれば誰だってマジメモードとおふざけモードがあったりすると思うんです。

それが「自然に出ている」ことが大事なんじゃないでしょうかね。

つまり「素」ってことですね。

スキルやノウハウは差がつきにくい、差がわからない

フリーランスが提供している「商品」は、スキルそのものです。

スキルによって当然、価値に差があります。

ところが困ったことにこの差は、一般の人、いわゆるシロウトにはわかりにくいものが多いんですよね。

本当は差や違いがあっても、お客さんには似たようなモノに映ってしまうものです。

つまりお客さんにとっては差や違いが無いのと同じ。

差が無いのであれば安いほうがいい。

そうすると、安くしないと売れない、いわゆる価格競争に陥ってしまうわけですね。

だから価値を伝えることが大事になってくるのはわかるんですが…スキルと言う抽象的で目に見えないモノの価値を伝えるのって難しいですね。

だから「人」が大事になってくるわけです。

商品やサービスではなく「このわたし」を選んでもらう

自己主張をせよ、だとか、ことさらに奇抜ないでたちをしてユニークであれ、ということを言っているわけではないんです。

ふだんの自分が自然な形で見えるように。

コレがすごく大事ですね。


【人気コンテンツ「マーガリンの日」もワシの日常】

意識は必要ですが、過剰な演出はかえって逆効果になることもあるので注意。

作為的につくられた人格より、ありのままの人と付き合いたいでしょ。

だから、何気ない日常を発信することにだって、意味があるんですよ。

ワシの日常はこちらでご覧いただけます。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント