テーマ:
フリーランスや個人事業の多くは、「新商品」を出すのが比較的ラクです。

多くの人はサービス業だからです。

サービス業の多くは思いついたらすぐ売り出せる

「商品化」というと、今までにない画期的な製品やサービスを作りださなきゃいけない、という「大変そうなイメージ」を持っている人が多いですね。

でもね。商品化って、何も「画期的な新商品」とは限らないんですよ。

たとえばマッサージサロンさんで30分、60分、90分のコースを設定していたとするでしょ。

ここに「15分クイックコース」だとか

「ほどよい45分コース」

などを追加すれば、コレは立派な「新商品」(新サービス)と言えるのです。

「足集中コース」だとか「頭、肩集中コース」なんてのを思いついたら、これも新商品なのです。

ほかにも「自宅サロン」だけで提供していたサービスを「出張」でもできるようにしたとなると、これはもう新商品どころではなく「新規事業」と言えるのです。

実際に新商品、新規事業と認められている

公的機関では「新規事業に乗り出す事業者への助成/支援」をおこなっています。

じっさいに「自宅サロンだけで提供していたサービスを出張でも提供する」という企画は、公的機関から「新規事業」として認められるケースもあるんですよ。

店頭だけで商品を売っていた人がネットショップを開設したりするケースも公的機関から「新規事業」として認められることが多いです。

自動車メーカーが新型車を開発したり、住宅事業に進出するのとは、まったくスケールが違います。

だけどこれらは個人ビジネスにとっては立派な新商品、新事業なのです。

いままでに売っていなかった商品やサービスを提供するのは、立派な新商品です。

これまで提供していなかった方法やお客さんに乗り出すのは立派な新規事業です。

たとえクイックコースが売れなくても、出張サービスが売れなくても、あまり痛手にはなりませんよね。

だからもっと気軽に「新商品」「新事業」に乗り出していけばいいんですよ。



そんなワケでワシも「新商品」販売開始します。

オンライン動画の2本セット。



明日まずはメルマガで先行お知らせしますね~。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント