スモールビジネスの学校/名古屋

フリーランス、個人事業、個人起業家の売上アップ


テーマ:
応援したいと思える人を応援したい。

これはワシのコンセプトです。
お願いしますと言われて、お金も気持ちよく払ってもらえるのであれば、ありがたく請ければよいではないか

という意見もあります。

たしかに、そういった人もお客さんとして迎え入れれば、ワシの売上は伸びますわな。

でも、ワシと同じように「お客さんとの関係」を大事に仕事をしている人と、このような会話をしたことがあります。

思惑が一致していない人の成果を上げるのは難しい。
ということです。



共感できない人と関係を強化することは難しい

陸上選手とコーチ。

患者さんとお医者さん。

モデルさんとスタイリストさん。

社長さんと税理士さん。

プロフェッショナルなサービスを提供する際、どちらかだけの一方的な信頼では不十分で、相互の信頼関係がなくてはじゅうぶんなサービスが提供できません。

専門的であればあるほど、おたがいの協力関係だとか「二人三脚」といった姿勢が不可欠なのです。

商売の場合「そもそも、なんであなたは商売をしているんだ」という、根本的な方向性から共感できないと、パートナーとして相互信頼を築くのは難しいと、ワシは考えているんです。

関係性というものは、売り手から買い手に働きかけるだけ、またはその逆という「一方通行」ではなくて「相互」でなくては、築くのは難しいんですね。

片想いだけでは恋愛の成就は成立しないでしょ?

ワシの仕事のように、あなたの考え方や人生観などにまでガッツリ入り込んでいく仕事だからこそ「おたがいの信頼関係」を重視しています。

こういった点を理解してくださる方からの相談を、ココロからお待ちしています!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント