スモールビジネスの学校/名古屋

フリーランス、個人事業、個人起業家の売上アップ


テーマ:
自分の仕事を人にうまく説明できない。

そう感じている人が思ったよりも多いです。

複数の仕事を抱えている方や、あまり一般的ではない仕事をしている人に多いですね。

「うまく説明できない」

には、いくつか理由があります。

自分自身の理解や考えが足りないと説明できない

自分が知っていることを誰かに説明しようと思うと、思ったより上手に説明できないことがあります。

「わからない」と言われているのに、同じ説明を繰り返してしまう。

「なぜ?」と問われて「だってそうじゃないですか」と答えるのは、説明ではありませんね。

大声や「圧」でねじ伏せるのは、相手を黙らせることができるだけで、納得してもらうことはできません。

相手は「(その説明では)わからない」と言っているのですから、同じ説明を何度してもわかってもらえる可能性は低いですよね。

実は、何かを説明しようと思ったとき、そのことについて自分自身が深く理解していたり、深く考えたことでないと、とても「薄い説明」になってしまいます。

ブログでもありますよね。同じような意味のことばを繰り返しているだけの文章。

そのような文章をいくらたくさん書いても、読み手の理解は深まりません。

読み手が納得できない文章しか書けないのは「文章術」やテクニックの問題ではなく、「その課題についてどれだけ知っているか、考えているか」ってことになります。

だから、ふだんから「考えるクセ」がある人は、ふと思いついたことを文章に書いても、納得感が高い文章を書くことができます。

「考えながら書く」ことが習慣になっているからです。

感情や、根拠のない「思い込み」だけで文章を書いても、読み手はなかなか納得できない、ということです。

文章力に先立つ「言語化力」

人間、頭の中に思い浮かんだことでないと、書いたり話したりすることはできません。

つまり、テクニックとしての文章だけを学んでも「書く内容が無い」ってことになります。

大事なのは、頭の中でモヤモヤと存在していることを「コトバに落とす力」です。

コトバに落とすことができれば、アウトプットの方法としては「話す」でも「書く」でもいいわけですから、「コトバに落とす力」つまり言語化力は、文章力に先立つスキル、ということができます。

考えを展開する

頭の中で起きている「思考」をどのようにするのか、これを説明するのって難しいです。

そこで、こんな図にしてみました。



ココで言う「命題」とは、ブログで言えばテーマだとか「伝えたいこと」だと思っていいです。

「考えなく」書いてしまうと、真ん中の「命題」を繰り返すだけの文章になってしまいます。

だけど、この「考えの展開のしかた」を知っていると、それだけで話題に幅と深さが備わります。

読んでいる人に「なるほどなー」と思ってもらいやすい、ってことです。

書き出す、図にする

ここで挙げた図も、思いついた時に手帳に書きこんでおいたものです。

たとえば自分の仕事内容を説明するようなときって、伝えたいこと全体がひとつの「構造」を持っています。

仕事の場合であれば「業界、商品、お客さん」といった要素と、それぞれの要素の間の関係、という「構造」ですね。

これを客観的に把握するには図にするのがいちばんラクです。

図にしていくと「説明しなくてはいけない部分」だとか「自分の考えや理解が足りなかった部分」が明確になってきます。

自分の仕事がうまく説明できない、わかってもらえない、という人は、まず図にしてから言語化してみると、うまくいくかもしれませんよ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント