テーマ:
高橋さんみたいに自撮りで上手に笑える人はいいですよね。私なんかそうゆうの苦手で…

いやいやいや。

誰もいないところでいきなりひとりで「ニコッ」って最初から笑える人、いないと思いますよ。

何枚も何枚も撮って練習したんですってば。


【ひとりの車内で撮ってるんですよ】

高橋さんみたいにスラスラ文章が書ける人、いいですよね。文章力がある人はちがうな。

いやいやいや。

何年書いてると思ってるんですか。
何年も前の自分の文章を読むと、頭を掻きむしりたくなります。

いまだってけっして上手だとは思っていません。

高橋さんみたいに人前でお話しできるなんてうらやましいです。私はどうも上手にしゃべれなくて。

いやいやいや。

今だってキンチョーしますし、うまくしゃべれなくて凹みます。
セミナーをはじめたころの録音やビデオが今でも残っていますが、いま見たらあまりのダメさに目がつぶれそうです。

「才能」で片づけていたら一生上達しませんよ

才能で差が出るのは、上位の2%くらいの「トップでの争い」になったときです。

スポーツでも、料理人でも、アートの世界でも、日本のトップを争うようなレベルでは才能がモノを言うでしょうね。

でも、クラスでトップだとか、町で人気の料理人だとかであれば「練習」で身につけるものです。

「向き不向き」はあると思いますが、やる前から「苦手」で投げ出している人が多いです。

苦手なのではなくて「苦手意識」があるだけです。

セミナーを受けただけでできるようにはならない

多くの人がセミナーを受けても成果が出ないのは、なぜだと思いますか?

セミナーで勉強した内容を、やってみないからです。

2時間のセミナーを「受けただけ」で上達できることなんて、たかが知れています。

セミナーでは「練習のしかた」を学ぶんです。

でもセミナーに参加する人は、まだ意欲が高いほうですよね。

多くの人は「勉強」をせずに取り組みます。

笑顔での自撮り写真の撮りかた程度であれば勉強などせずにいきなり練習をはじめてもいいかもしれません。
(でもコツはありますよ)

だけど「文章」などについては、勉強もせずに何本かブログを書いてみて
ダメだ。自分には向いてない…。

なんて判断をしてませんか。

今までできなかったことが、勉強もせずに、練習もせずにできるようになることなんて、ありません。

高橋クンはいいよなぁ。文章力があって。オレなんて…。
って本気で言ってくる人は多いです。

でも、読んでいる量も書いている量も、おそらく圧倒的に違います。

はやばやと諦めてしまう人が多いからこそ、できる人が目立つことができて、助かるんですけどね。

できる人はいいよね。

そうですね。おそらくあなたには一生できませんね。


フリーランス/個人事業向けスモールコンサル

  • あらたにビジネスをはじめる人のための「スタートアップコース」
  • 8か月間を基本とした定期コンサルティング
  • 月30,000円×8か月
  • 詳細やお申し込みはこちら





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント