アレは売れてるのにコレが売れないのはナゼか? | スモールビジネスの教室/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
最近、「アタリ」が多いです。

本の話です。

ここんとこ4~5冊に1冊は、いい本に巡り合います。

「そんな程度の割合かよ!」

と思うかもしれませんが、読書家の人ならわかっていただけると思います。

「コレはいい本だった!」という本に出会うのが、どれだけ難しいのかを。

今回ご紹介する本は、ワシがいつも新刊を楽しみにしている、理央周先生の本。



彼には「なぜか売れるの公式」という著書がありますが、マーケティングの基本をおさえた上でわかりやすく解説してくれる、なかなか稀有な本でした。

今回の新刊

なぜ、お客様は「そっち」を買いたくなるのか?

も、「なぜか売れるの公式」のように、マーケティングの基本をおさえた本です。

彼の本で毎回スゴイなーと思うのは、詳しいのに易しくてわかりやすいということです。

どんな分野でも言えることですが、ものごとを詳しく説明しようとすると、専門的になり、わかりにくくなりがちです。

本書では、街で見かけるお店などの身近な例を挙げて「同じように見えるのに、ナゼこっちではなくてそっちが売れるのか?」ということを、マーケティング的な視点から解説してくれます。

この「くわしいのに易しく、わかりやすく」説明できるというのは、書いている本人の頭の中がよほどスッキリと整頓されている証拠なんだろうなぁ~。

と、ヘンなところで感心したりします(笑

この本、「マーケティング」と聞いただけで難しそうに感じてしまう人にもおススメです。

「あの店のあの商品が売れているのに、なぜ同様のウチのは売れないんだ?」

「オレのほうがスキルが高いのに、なぜヤツのほうが売れるんだ?」

という不満をお持ちのかたは、ゼヒどうぞ^^

本書はもちろん、ワシの無料冊子「読んで売れる!フリーランスの読書ガイド」でもピックアップさせていただきました。



「なぜ、お客様は「そっち」を買いたくなるのか?」はこちらから購入できます。

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス