支持によって自分のスタンスを示している | スモールビジネスの学校/名古屋のスモールビジネスコンサルタントのブログ

テーマ:
エクスマブログの藤村先生にご紹介いただいた影響で、すさまじいアクセスの伸びです。
ご紹介いただいてありがとうございます。

これはおそらく瞬間最大風速のようなものでしょうから、浮かれることなく、いつもの調子で行きたいと思います。

ワシのブログでもよく他のかたがたのブログを紹介しています。

特にこれまで意識したことはなかったのですが、
「自分はどのような趣旨で、人のブログを紹介しているだろうか」
ということを考えてみました。

■読者の方々への情報提供

ひとつには、ワシのこのブログを読んでくださる方々への情報の提供です。
何かしら、このブログの読者の方々のお役に立つような情報を提供しているつもりです。

たとえビジネス系のブログではなかったとしても、記事の書き方であるとか、読者の方々との関係の持ち方など、参考になる要素があると判断して紹介しています。

「このブログは、何か参考になる部分がありますよ。」という意味です。

■紹介するブログに対する賛同の意思表明

もうひとつには、「このブログはすばらしいと思う」という、ブログの著者に対する賞賛や、意見に対する賛同です。

「あなたの考え方や理念、方向性はすばらしいと思います」
「あなたの技術やデザインはすばらしいと思います」
「その知識はとても参考になりました、ありがとうございます」
「がんばっていますね。応援しています」
「あなたの考え方や方向性を、私は支持します」

という意味です。
読者の方々に向けてというよりも、紹介するブログに向けてのメッセージと言えます。

もちろん、自分と全く同じ考え、同じ方向性の方など滅多にいらっしゃらないでしょうから、部分的であっても「このかたの、この考え方には賛同できる」という意味になります。

■自分のスタンスの暗示

意外と重要なことかもしれません。
先の「私はこの考え方を支持する」と表明することは「自分も同じように考えていますよ」と宣言しているようなものです。

つまりそれって、自分のスタンスを表していることにもなるんですね。
大げさに言うと
「私はこのような考えを支持するような人間なんです」
と公言しているようなものです。

他の方のブログを紹介するには、何かしらのコメントをつけますよね。
このときのコメントが、けっこう重要なのではないでしょうか。

「このブログの、この記事の、この部分は参考になりますよ。」
という紹介のしかたと、
「こういった考え方もあるそうですよ。」
では、自分の支持の度合いが、かなり違いますよね。

どういった目的でこのブログや記事を紹介しているのか、
という紹介記事の書き方によって、自分のスタンスの示し方も異なってくることになるので、工夫を加えたいものです。


正直に言って、ワシも
「紹介しあうことで、お互いの読者が増えたり、知名度が上がること」
を期待していない、と言えばウソになります。

しかしそれは副次的なものだと考えています。
紹介による副産物のようなものです。
自分のブログの知名度を高めることを主な目的として人を紹介しても、読者の方はきっと、その意図を見抜くことでしょう。

自分と紹介する相手のアクセスアップだけを目的とした紹介は、読者の方々を単なる「アクセス源」というデータ的存在としか捉えていないように思えます。

この見解については、経営者の成幸をサポートする税理士、小澤幸子さんのブログ、「経営者の成幸をサポートする税理士のブログ「共に困難を乗り越えるから、経営は楽しくなる」の中の記事
「『相互に紹介し合おう!』ですか・・・」
のなかで、共感できる意見を拝見できます。

個人の趣向をベースにした紹介も楽しいものですが、
仕事を前提としたブログ運営であれば、やっぱり「自分のブログの読者の目線」を意識した紹介をしたいものです。

スモールビジネスコンサルタント(名古屋)高橋 浩士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス