関西の東急車輛製電車

関西生まれ電車に負けぬクオリティ

 

関西の電車は基本的に、関西のメーカー(近畿車両・川崎重工車両カンパニー)で作られる電車がほとんどで、現在でも個性的な車両が多く活躍しています。

 

しかし、関西圏でも南海電車をはじめ、関東の東急車輛(現:総合車両製作所横浜事業所)で生まれた車両も第一線で活躍しています。

 

帝国車輛時代から取引関係のある南海電車は東急車輛製車両の導入に積極的で、通勤電車ではステンレスの車両も導入するなど、関西の個性的な車両の中でも機能性が重視されている部分が見えます。

 

南海では普通車では8000系まで、特別車では12000系が最後となっています。

 

最近では近畿車両に切り替えたり、脱関東化に進んでいるようです。

 

 

東急車輛製の電車では最高峰のクオリティを誇る50000系「ラピート」です。

 

現在でも人気があるようです。

 

 

南海電車の乗り入れ先の泉北高速鉄道(大阪府都市開発)も5000系までは東急車輛製の電車を導入していました。

 

平成初期までは、通勤型であっても、関西向け電車のクオリティが高く、取引関係が続いたものの、後半からは縮小されることに。

 

総合車両製作所に移管後、泉北高速鉄道の「泉北ライナー」用に12000系が追加投入されるなど、関係は続いているようです。

 

 

大阪メトロの前身、大阪市営地下鉄の車両です。

 

新20系電車まで東急車輛も製造を受け持ったものの、総合車両製作所に移管後は関係が途絶え、将来的には東急車輛製電車も消滅する可能性が高いです。

 

リニューアル化の実施もあり、現在でも第一線で活躍しているようです。

 

 

大阪唯一の路面電車である阪堺電車です。

 

モ701形導入まで長らく東急車輛製電車が多く投入されてきました。

 

車内や台車などは東急通勤電車の仕様を極力、意識した設計になっています。

 

低床型車両では別メーカーとなっており、残念ながら総合車両製作所製の新型は導入はないものと見込まれます。

 

関西で活躍する東急車輛製電車、乗ってみる機会があればぜひ。