大野柚布子さんに捧げる詩

テーマ:

第964話

 

 

 

 

プロローグ
彼岸花 (別名)狐花
 花言葉は 独立  情熱  再会 あきらめ 悲しい思い出   
              想うのはあなた一人  また会う日を楽しみに   転生

                                                              ~氷消瓦解~

 

 

 

 

◆ 過去編  ~八百比丘尼 と野狐~

 

 

 

雪の夜ばなし

 

 

 

 

八百比丘尼 (Cv. 大原さやかさん)

 

 

 

 

幼い頃、

雪の中に独りで

埋もれているところを

比丘尼に拾われた

野狐がいたという

 

 

 

 

 

見事に埋もれています

 

 

 

 

 

なんとも
野性味あふれる野狐です

 

 

 

 

 

一歩間違えば

命を失っていたかも

しれません…

 

 

 

 

 

比丘尼の

元へ身を寄せることとなります

 

 

 

 

 

寝息が聞こえてます

 

 

 

 


ふと、目を覚ます

 

 

 

 

尼頭巾を脱いで

野狐の前に

座っている人間…

 

 

 

 

 

 

この時はまだ

不安と…

恐れの気持ちが

強いのかもしれません

しかし

それは、運命的な出会いでも

ありました

 

 

 

 

 

 

野生の気質は

なかなか

抜けないようです

 

 

 

 

 

 

 

 

じっと見つめる

その先…

 

 

 

 

 

何事もないかのごとく

寝入っているその人物に

何かしらの特殊な気持ちを

感じているようです…

 

 

 

 

季節は巡ります

 

 

 

 

 

知恵もついてきたのか

いたずら全開

(お手伝いをしているつもりなのかも…)

 

 

 

 

 

しかし、

心も体もちゃんと

成長しているようです

 

 

 

 

 

お掃除のお手伝いを

してみたかったのでしょうか…

 

 

 

 

しかし…

 

 

 

 

 

捕まってしまいます

 

 

 

 

 

お風呂に入れられます

 

 

 

 

 

優しい眼差しで見つめる

比丘尼

 

 

 

 

 

名前をつけました

 

 

 

 

 

今日からあなたは

です・・・

 

 

 

 

 

 右矢印 音符 eufonius / ココロニツボミ 音符 

 

 

 

 

〈 第六話 予告編 此花亭怪談 予告編 〉

 

 

 

 

記事の先頭に戻る

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ
にほんブログ村

 

 

 

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村