こんにちは♪


お越し頂き
ありがとうございます。





(後半)では、S(自営業)のポジションにおいて、収益を最大化させる方法について触れています。

 

この時点では、E(従業員)からS(自営業)に移って間もないので、S(自営業)で十分な収益を出せるようにします。

それは、ただ単に、S(自営業)を続けるのではなく、1作業あたりの収益を高めるように意識すると良いですね。

 

例えば、S(自営業)として、転売をしているのであれば、商品1点あたりの利益を高めるということです。

利益といっても、利益率、利益額と、指標があり、どちらも大切ですが、使える資金が少ないうちは利益率重視で、資金が増えてくれば、利益額重視に変えていきましょう。

手元資金が少ないうちは、在庫リスクを考慮すると、仕入れ1点について、それほど資金を回せないので、仕入れ商品数を分散することで、利益率を高めて売る戦略をとります。

 

その後、手元資金が増えれば、仕入れ1点につかえる資金が増えるので、仕入れの商品単価を上げるのです。

これにより、利益率は変わらなくても、絶対的な利益額が増えるので、ビジネスがラクになっていきます。

 

1,000円で仕入れて、1,300円で売っていた初期の頃は、利益率23%、利益額300円

その後、手元資金が増えて、

10,000円で仕入れて、13,000円で売るようになれば、利益率23%、利益3,000円

 

ポイントは、手元資金が増えたのであれば、利益300円というような事業は辞めることです。このとき、初期の頃に取り扱っていた利益額の低い商品の取り扱いを捨てきれない人も多いので注意しましょう。

利益率重視、利益額重視、そのどちらのフェーズにおいても、使える資金は、フル活用した方が資本回転率はよくなりますね。

 

徐々に、転売のコツを覚えて、利益額重視 の戦略をとるようになると、在庫リスクが気になってくると思います。

例えば、10,000円の商品を仕入れたものの、売れなかったら、10,000円が丸々在庫となってしまうからです。

このような在庫を100点かかえてしまえば、合計100万円(@1万円×100点)にもなります。

 

では、ここでどうするか?

⇒『無在庫転売』をするのです。

 

たとえば、Amazonにある1万円のモノを商品データだけヤフオクに出品しておきます。

それを100点~300点ほど出品しておきましょう。

 

すると、、

そのうち、ポツポツ売れていきます!!

 

『無在庫転売』を取り入れると、商品単価の高い商品をノーリスクで扱うことができ、在庫になることはないので、損することがありません!

『無在庫転売』は、"確率”で売っていく戦略です。

 

1万円の商品を300点出品していても、数点しか売れませんが、月に10点売れるだけで、利益は合計3万円です(利益額3,000円×10点)

 

あなたはどちらですか?

 

【1】仕入れリスク覚悟の上、有在庫転売を続ける
【2】ノーリスクで、無在庫転売を始める

 

もし、後者なら、次のメール講座はオススメです。

⇒ 大人気の無在庫転売ツール(無料メール講座)はこちら!

 

気を付けたいのは、資金が増えても、初期の頃にやっていた利益額の低いビジネスをずっと続けてしまうことです。

「慣れているから」「ずっとやっているから」という理由で、このパターンで終わってしまう人も多いので注意しましょう。

⇒ 資金が増えたのであれば、徐々に戦略も変えていく(収益最大化)

 

このように、S(自営業)で、転売をするのであれば、徐々に、1作業あたりの収益を最大化させていってください。

在庫リスクなしで収益を最大化させるといいですね!

⇒ 大人気の無在庫転売ツール(無料メール講座)はこちら!

 

なお、ESBIのうち、S→Bへの移行の方法は、WebAboutに関わっていただいた方だけにお伝えしています。


_____________

LINEサポートが充実!「WebAboutアフィリエイト」(^^)/

詳細はこちら!

https://web-about.net/furo/1763/?wa=I5kvQswG

_____________









ブログランキング・にほんブログ村へりさ♡LIFE  BLOG - にほんブログ村