Frank Lloyd Wright デザイン | あめま

あめま

アメーマブログ


テーマ:
メーカー: Frank Lloyd Wright
商品名: Frank Lloyd Wright SUMAC5 S2301
建築家フランク・ロイド・ライト氏が1904年に設計した「DANA HOUSE」で使われている
アートガラス照明器具の復刻版です。ステンドガラスの深い色合いと緻密なストラクチャー、
その計算されたコンビネーションを高度な技術で忠実に再現しました。
また磨き上げられた真鍮の本体は、年月と共に深い色合いへと変化します。 

メーカー: Frank Lloyd Wright
商品名: Frank Lloyd Wright MIDWAY S2303

1913年、シカゴの「MIDWAY GARDENS」の為にデザイン。

フランク・ロイド・ライトは装飾モチーフに、調和のとれた基本的な幾何学形態を用いています。

浅い角度を持ったガラスセードがブロンズの台から垂直に立ち上がった支柱から

張り出す様に取り付けられています。半透明の白色ガラスは手作りの金属のフレームに

はめ込まれ、そこにはライトのサインの赤い四角形が刷り出されています。


メーカー: Frank Lloyd Wright
商品名: Frank Lloyd Wright STORER1 S2305

フランク・ロイド・ライトが好んで用いたテキスタイル・ブロック・ハウスのひとつ、

「JOHN STORER HOUSE」(Los Angeles California 1923)の為にデザイン。

落ち着いた優美な 雰囲気を作り出しています。

垂直に立ち上がったスチールのフレームの上にはめ込まれたシンプルなガラスの立方体が、

周囲のコンクリートの建物との調和的対比を創りだしています。


 
メーカー: Frank Lloyd Wright
商品名: Frank Lloyd Wright タリアセン1 チェリー S2307

20世紀アメリカを代表する天才建築家、フランク・ロイド・ライトが

自邸「タリアセン」のためにデザインした照明の復刻版。
   ペンシルバニア州カウフマン邸(落水荘)に代表される、環境や風景と調和した住宅、

さらにはNYグッゲンハイム美術館や、日本国内では旧帝国ホテルの建築で

広く知られるライトの建築家としての人生で、「失われた時代」と呼ばれる中期に着手されたのが、

ウィスコンシン州の私邸「タリアセン」だった。
   ウィスコンシンの砂漠に石灰岩、木、ガラス、漆喰を用い、ライトの建築造形形態であるグリッドや

大きな窓を入れ込んで設計されたタリアセンは、その意味であるウエールズ語の

「輝ける額」を体現するようなたたずまいを見せている。
   木と岩、そして光の息づく建築。これが、「有機的建築」と呼ばれ、今もアメリカ人に

愛されるゆえんでもある。

そして、ライトの住宅は、建築そのものに限らず、インテリアをもパッケージした空間建築。

このスタンド『TALIESIN 1』には、彼の標榜した有機的建築の理想が凝縮されているようだ。

チェリー材と和紙調アクリルを用い、温かみある光を見せてくれる。
   日本を愛し、インスピレーションの源泉としたライト。『TALIESIN 1』

もまた、どこかオリエンタルな印象を持っており、現代のインテリアのアクセントとなるだろう。



メーカー: Frank Lloyd Wright
商品名: Frank Lloyd Wright タリアセン3 S2311  
   組み合わされた複数のチェリー材のブロックにはそれぞれ白熱ランプが入っており、
各ブロックの下に合板の遮光板が配置されている。
これにより、柔らかい間接光をその全体から発するという仕組みだ。
   新奇性と合理性が溶け合った、唯一無二の存在感が素晴らしい。
部屋の一角に置けば、そこからさまざまなインスピレーションを得られそう。
ライト自身も、書斎に置いていたそうだ。

ame-maさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。