アメブロカスタマイズの失敗って? | アメブロを自分好みのデザインに!!カスタム方法を公開中!!

アメブロを自分好みのデザインに!!カスタム方法を公開中!!

カスタマイズ,アクセスアップ,カスタム,スキン,依頼,料金,スキン作成,スキンのデザイン,オリジナル,CSSの編集,HTML,JavaScript,ヘッダー,ヘッダーデザイン,広告,非表示,フリープラグイン,フリースペース,メッセージボード,改造

失敗するアメブロカスタマイズとは

今回は
アメブロカスタマイズで失敗する理由について考えてみました。

「一生懸命アメブロカスタマイズしているんだけど、
お問い合わせは以前とあまり変わらないなぁ」


と苦戦している方々も多いと思います。

実は
「技術的なアメブロカスタマイズ=売上」

ではないということを理解していない人が良くアメブロ集客で失敗します。
「顧客志向主義」になれていないからではないでしょうか。

どういうことかというと

「あなたのもっとも代表的なお客様のことを説明してください。」

あなたは説明できるでしょうか?
もしできなければ、
あなたのブログは顧客志向のサービスを提供できていない可能性があります。

中古車販売のブログの例にして一緒に考えてみましょう。

ブログ運営者のウォンツ(wants)を

「中古車を売りたい」「中古車の情報を届けたい」

だとします。これに対して

顧客のニーズ(needs)を

「中古車の情報を知りたい」

というニーズがあると仮定します。

この場合ブログ運営者は

「中古車を売りたい・中古車情報を届けたい」というコンセプトで

ブログを運営していくことになるので

運営者は
中古車の情報を知りたいという欲求(ニーズ)の感情にアプローチする必要があるというわけです。


「中古車情報を届けたい=中古車情報を知りたい」

という式が成り立ちます。

ですが、アメブロカスタマイズに失敗した方々のブログは、

知らず知らずのうちに
アメブロの見栄えをよくすることに運営者のウォンツがシフトしていって、

「アメブロカスタマイズの品質を上げる≒中古車情報を知りたい」

こういう式になってしまっているんです。

お客さんのニーズは見栄えをよくしたブログを見たいわけではないので
この式になってしまっている場合、

カスタムしすぎて(プラグインを入れすぎたり・重たい画像をつかったりして)
逆にブログが重くなり訪れてくれたユーザーにストレスを感じさせ、

ブログ離脱率が上がるという悪影響すら起こる可能性すらあるのです。(笑


なぜ、いつのまにか、運営者のウォンツがシフトしてしまったのか
実はコンセプトをしっかり、煮詰めて形にしていない場合に多いです。


このようなにコンセプトがブレてしまうケースにならないために

まとめ

チェック(透過)お客様(ユーザー)のニーズはいったいどこにあるのか?
チェック(透過)売り手側の伝えたいコンテンツはなんなのか?
チェック(透過)カスタムの前に、ブレないコンセプトをつくることが、失敗しないアメブロカスタマイズをする秘訣ではないでしょうか。


そして、
失敗するアメブロカスタマイズについてはわかったので

自分でアメブロカスタマイズをやってみたい
自分でできることは自分でしてみたいとお思いの方もいると思います。

実際に、
私も自分でやってみたいタイプの人間なのでこう思う方の気持ちはすごいわかります。(笑

なので自分でできるカスタマイズについてを書いていこうと思います。

自分でできるカスタマイズ方法