総理大臣の花道 | 終活オヤジの独り言

終活オヤジの独り言

今日も、誰にも何の役にも立たない、どうでもいい様な事をつぶやきます。
もし、お気に障った事がありましたら年寄りの言う事なのでお許し頂きたいと思います。

国会議員として最高峰の内閣総理大臣

 

国会議員なら成ってみたい究極の地位である内閣総理大臣

 

 

ここからは、私が常に思っている持論です

 

総理大臣にまで上り詰め、退いた人は国会議員としての役目

はもう終ったのではありませんか

 

内閣総理大臣として、国の為国民の為に全力で国政に力を注

ぎ、死力を尽くして燃え尽きたのではありませんか

 

ですから、総理大臣を退いた後は後進に道を譲り自分自身は

一線から退くべきだ、と私は思っているのです

 

それが、内閣総理大臣経験者としての花道だと思うのです

 

現役国会議員に対して総理大臣経験者としてアドバイスをする

のであれば、外にいた方が国民目線で物事を見る事が出来る

のではないでしょうか

 

党の組織の中に、元総理大臣とか前総理大臣とかの肩書きの

人はいらない、と思うのです

 

いらないどころか、これからの日本を背負って立つ若い国会議

員には邪魔な存在に成り兼ねないのです

 

古株や大御所に対して言いたい事も満足に言えない様な組織

は正常に機能しないのです

 

本当に国民の為に仕事をしたいという思いが有るのでしたら

総理大臣経験者にはもう十分に働いて貰いましたから、是非

とも国会議員を辞して頂きたいものです

 

"勇退する"それが国民の為のみならずご自分にとっても最善

の道だと思うのです

 

 

てな事を私がいくら言っても、一度手に入れた地位や権力は

中々手放さないのが常ですからね

 

権力者に限って、自分の引き際を分かっていない、というか

老害を認めずいつ迄も居座っているんですよね