本当の花嫁修行って何か。

 

単にお料理が上手にできるってことじゃなく。


何か起こる前に、家族を回避させることができるか、
何かあっても自分の力で守ることができるか。


その知識を付け、用意をすることなんじゃないかって思う。

 

少しの会話の中から体や心の変化をキャッチすることができるか。
その変化が正常な機能の範囲なのか、

そうではないのかを判断できる軸を持っているか。

そこから先、ケアするための知識を持っているか。


それは栄養の話だったり、体の仕組みの話や、体の外からのケアだったり。

 

栄養でいうと、
なにを食べるか?ということもある程度女性が決定権を持っているからこそ、

正しい知識を持つべきだと今改めて思う。

 

 

そして、
何かあった時に自分の力で仕事をして家族を守っていけるか。


その手段を自分の手元に持っているか。
そのための用意をし始めているか。

 

 

大切なところを守る男らしさを身に付けることが
本当の花嫁修行なんじゃないかなと思う。

 

 

昨日から、
命と時間、大切な人の存在について
とてもずっしりと
改めて考えています。