天宮です。



ヤフオクでマスクを販売する転売ヤーを
つぶすような活動が流行っているみたい。






異常な価格まで吊り上げて
取引を妨害している本人たちは
良いことをしているつもりだろうけど、

「正義マン」と化している彼らは
冷静な判断ができない状態だったりもする。


例えば、マスク1箱(50枚)を
1万円スタートで出品してあれば

誰の目に見ても常識を逸脱した
転売であることはあきらかだし
ヤフオク側にコレは変だろと指摘もできる。



しかし、同じ商品を1円スタート即決なし
送料も適正価格で出品してある場合

このオークションを吊り上げ行為で
取引妨害することは、

入札者側が悪となる可能性が高いのでは?


本当に適価でマスクを譲りたいなら
ほどよい価格の即決価格を設定してくれ
という意見もあると思うがここでは省く。



マスクの転売を助長している理由として

マスクの効果を信じて疑わず高額でも買う人々と

ニワカ転売ヤーの存在がある。


天宮の考えとして、

転売業者と転売ヤーとは違いがあり


プロ転売業者の場合は
国内で大きなニュースになる前に
すでに仕込んで話題になると同時に
その在庫のすべてを売り切っているはず。


もちろん通常相場よりは高値で販売するが
購入者が納得できないような価格ではなく
状況から考えて仕方ないと思えるレベルで
素早く商いを終わらせるのがプロだろう。


なぜスピードにこだわるかと言うと
SARS流行時に大量のマスクを仕入れた結果

大量の売れ残りを抱えて大変な目にあった
業者のニュースがアタマの隅にあるから。


プロたちがサクッと商いを終わらせた頃に
それを見ていたニワカ転売ヤーたちが参入

その結果が、政府が規制をしなければ
ならないほどの現状なのかな、と思ってます。



ニワカ転売ヤーの典型なのが
このような人々


新型コロナを恐れていた主婦が、マスク転売にハマった理由


転売を敵視していたはずが、
気づいたら自分が転売する側になってる。


上記の記事で「すでに転売の“沼”に落ちているように、取材者の目には映りました。」

この表現は上手いですね。


パチンコやギャンブルのビギナーズラック

この快楽でハマるのにも近いかな。



おそらく今回の騒動で生まれた
多くのニワカ転売ヤーを狙って

情報商材業界が活気ずくのでは?

と思ってます。


業界の人たちからしたら、

ニワカ転売ヤーなんて
鴨が葱を背負って来るようなもんです。


マスク転売で稼いだはずが
気づいたら……

なんてオチになったりして(苦笑)





今日も最後まで読んでいただきありがとうございます、感謝!

あまぞん神社メンバー登録


ブログランキングの応援ありがとうございます。

人気ブログランキング投票

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村ランキング投票

あまぞん神社人気記事まとめ


マカド