天宮です。



少し前から一部のセラーには
メールが届いているらしいけど、

例のごとく米アマゾンからの流れで
世界的に同じような対処をしてるってことなのかな。


アマゾン、出品者に安全性証明書を求めず玩具の販売を許可か



同じ商品ページに多数のセラーが相乗り
という販売形態がアマゾンであり、

必ずしも、セラー=製造販売者ではない。


日本企業の製品であれば、
製造販売時点で安全性は確認されている

と考えてしまうのが我々日本人ではないでしょうか?


天宮も国内メーカー品なら安全性について
意識することなく仕入れ販売しています。


ようは、そのASIN商品が安全であることが
証明されれば良いのだろうけど、

メーカー自体が積極的に
Amazon出品してなければ
ワザワザ証明書を発行するとも思えない。



安全性についてここまでしなくては
ならなくなった原因の一つは、

やはり粗悪中華品を容易に出品できる
ようなシステムにしてしまったことでしょう。


なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル



日本で法人登記されていないメーカーや
オリジナル商品を出品登録する際は
安全データシートの提出を必須とすれば
かなりの粗悪品を防げるのでは?



粗悪品以外でも、

・同じ商品を複数個セットのカタログ

・いろんな特典を付けてのカタログ乱立

この辺の商品ページも一掃してしまえば

サイトの利便性が向上すること間違いなし。



最近はAmazonよりもヨドバシの方が
買い物しやすいと感じている人も多いのでは?

Amazon劣化したなと感じてる人
増加傾向な気がしてます。


ヨドバシもAmazonも楽天もヤフーも
本当の意味で顧客ファーストの
商品検索とは言えませんけど(苦笑)


サイトを使う側もアタマを使って
粗悪品が多い中から本物を探す能力を
身に着けなければなりませんね(笑)




今日も最後まで読んでいただきありがとうございます、感謝!

あまぞん神社メンバー登録


ブログランキングの応援ありがとうございます。

人気ブログランキング投票

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村ランキング投票

あまぞん神社人気記事まとめ


マカド