天宮です。



新たなFBA在庫保管制限について
アマゾンさんか連絡が届きましたね。



「在庫パフォーマンス指標」というのを
導入するらしく、

売上、在庫レベル、手数料に関する
データを収集し、各出品者のFBA在庫の
管理状況を0~1000のスコアで表示。



2020年4月1日から在庫保管制限の
ポリシー変更が予定されていて、


・ユニットではなく、在庫の容量(立方メートル)に基づく

・4種類の保管タイプ(標準サイズ、大型、服&ファッション小物、シューズ)に分類される

・在庫パフォーマンス指標のスコアは四半期ごとに更新され、直前の四半期におけるスコアに基づき在庫保管制限が設定される


在庫パフォーマンス指標のスコアを
350以上に維持できれば在庫を無制限に保管できるみたい。



うーん、今わかる情報だけじゃ
どの程度の制限が掛かるのかよく分からん。


現在のユニット数から容量に変更されると

箱モノ商品が多い家電やホビーを多く扱う
せどらーさんは回転率を意識する必要があり

ロングテール商品をFBA販売するのが
やり難くなる可能性は出てきそう。



なかなか売れない商品を保管されても困る

というか、

保管手数料よりも出荷手数料の方が
儲かるからスグ売れるの納品しろ!

てのが本音か(笑)



しかし、そんなにスグ捌ける商品なら
自社に在庫しても邪魔にならないから
自己配送でも良いんだよね。


保管庫代わりに活用できるから
FBAに納品しているという面もあるんだから
あんまりキビシク制限しないで欲しいぞ~





今日も最後まで読んでいただきありがとうございます、感謝!

あまぞん神社メンバー登録


ブログランキングの応援ありがとうございます。

人気ブログランキング投票

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村ランキング投票

あまぞん神社人気記事まとめ


マカド