五社神社(大阪市西淀川区) | 神社ぢからと寺ごころ
新型コロナウイルスに関する情報について

神社ぢからと寺ごころ

寺社を通じて教わった気づきを綴ってまいります。
頂いた御朱印も順次公開していきます。
最近は磐座とか陰陽石を探すほうが多くなっております。

記事が無い。

てことで近場でお茶を濁します。

ブログのための参拝になりつつありますが、それはそれでええのかなと思いはじめてきました。

たぶんブログ書いてなかったら、寺社巡りここまで続いてなかったでしょうから、ブログが原動力でも別にいいよね。

僕が住んでる尼崎市は神崎川の下流の左門殿川越えたら大阪市なんですよ。

そんな左門川は短く、またすぐに神崎川と合流して中島川と名を変えて大阪湾に出ます。

元々は上流から運ばれてきた土砂が堆積して出来た中洲だったという中島と呼ばれる一帯。

最寄り駅は、ずはり出来島。

大阪難波線が開通するまでは、ほんと行くの不便なとこでしたが、便利になったものです。

さて、そんな中島の五社神社からまずスタートです。

こっち側は裏手だったみたいですね。

まずは摂社から回ってみるとしましょう。

水天宮神社

靖国社

慰霊碑

金比羅宮
とんとんとんと回ります。

龍王社

所謂、巳さんでしょうけど、よくある巳さん社って社や祠の背後に木があるものですが、ここのは前にありました。

他にも同じような木いっぱいありますので、社の前のが巳さんの木かどうかなんて、わからんのですけどね。

こちらが正面の鳥居です。

拝殿
御祭神は、天照大神、豐受大神、速素盞嗚尊、住吉大神、加具土大神の五柱。

この五柱で五社神社なのか、本殿と境内社合わせて五社とするのかどっちでしょうか?

正直、どっちでもええんですけどね。

あ、もうひとつありましたね。
六社になってしまうので、後の推測はボツとします。

稲荷社

神社外から本殿