本当に良い基礎とは? | 「幸せの見える家づくり」*加古川市/明石市/姫路市/高砂市/加古郡*

「幸せの見える家づくり」*加古川市/明石市/姫路市/高砂市/加古郡*

幸せの見える家とは
ご家族の価値観を共有し
育児・子育て・老後のことも
見据えた家だと考えます。

デザインは
十人いれば十人十色。
さぁ自分たちに合った家を
楽しみながら探しましょう♪

今日もみなさん

 

おつかれさまです!

 

ジーシーホーム住宅アドバイザー天辰です!

 

(インスタグラムはコチラ♪)

 

 

 

本日は基礎のお話し

 

鉄筋とコンクリートを組み合わせてつくる

 

ベタ基礎には

 

1.底辺を先に

 

1回目コンクリートを打ち

 

立ち上がりは底辺が乾いてから

 

枠を組立て

 

2回目に打つベタ基礎。

 

 

2.底辺も立ち上がりも

 

1回でコンクリートを打つ

 

一体打ちベタ基礎の2つがあります。

(※今回は地中梁やグリットポストは別とします。)

 

 

大きく違うのは

 

コンクリートを1回で打つのか?

 

コンクリートを2回で打つのか?です。

 

2回で打つと

 

底辺のコンクリートと

 

立ち上がりのコンクリートの間で

 

必ず隙間ができます。

 

 

その隙間が原因で

 

・耐震性が低くなり

 

・湿気が入りやすく

 

・白蟻が入りやすく

 

・洪水で浸水しやすくなります。

 

・上記があり耐久力が低くなる

 

 

阪神大震災を体感し

 

復興に携わったからこそ

 

当社の基礎は

 

コンクリートを1回で流す

 

一体打ちのベタ基礎です。

 

 

下の写真は

 

2回打ちのベタ基礎写真例です。

 

赤線の場所に

 

底辺と立ち上がりのラインがつきます。

 

下記の

 

1回打ちのコンクリート写真は

 

境目が一切ございません。

 

そして弊社の

 

一体打ちの動画がコチラ↓

お家を建てられる際は

 

基礎コーナーハンチも大事ですので

 

お家を建てられる

 

住宅会社さんに聞いてみてくださいませ。

 

 

 

そして~

 

詳しく知りたい方は

 

お気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 

 

 

ってな感じで今日は!

 

 

 

ジーシーホーム住宅アドバイザー天辰の

ただのベタ基礎ではない。でした。

 

モデルハウス見学はコチラ

 

森の木ショールーム見学はコチラ

 

公式インスタグラムはコチラ