中学の国文法から学び直そう! | あらかぶのつぶやき2019.8~

あらかぶのつぶやき2019.8~

富谷市にある小さな学習教室を運営しているプロ家庭教師あらかぶの日頃感じていることなど・・・です。

 こんにちは。あらかぶです。

 

 先日ある生徒さんとお話ししていて、「文法知識の不足」を感じました。

 その生徒さんは結構できるのですが、それであっても「文法用語」の理解不足があったんだということを感じました。

  「時や条件を表す副詞節中では、未来のことを現在形で表す」

 

副詞節?

副詞?

節?

 

 それが分かっていなければ、書いてある解説は理解できないですよね。

 

 そう、言葉に関する(特に文法に関する)理解力が、昔より極端に落ちているのです。

 これは何も生徒のせい・・・・ではなくて、現在の教育制度の中で重視されていないから・・・でもあります。

 

 中学で勉強する国文法・・・・さらっと流されるだけですよね。定期考査の試験範囲に文法が入ると、国語の平均点は一気に下がります。

 中学で勉強する英文法・・・・解説は「言葉」です。日本語の意味を考えないで、形だけ覚えている生徒は、後で使い分けを行うのが苦手です。

 

 英語を母国語とする人ならばともかく、そうでない私たちが英語を学ぶときには、やはり「文法」の理解は欠かせません。そして、その基本になるものが、私たちであれば日本語の「文法」なのです。 もちろん、英語と国語で品詞の範疇も異なる部分はありますが、日本語の「副詞」が分からない時に、英語の「副詞節」の説明をしても頭に入ってこないのは、当たり前のことなのだと思います。

 

 文法用語が難しいと思う人は、まず時間が許す限りは、国語の文法からじっくり学び直すと良いかなと思います。

 

 

 

   

  体験・お問い合わせ・お申し込みフォーム→こちら

→A MARON 学習教室の公式ホームページはこちら

 

もしよろしければ、クリックをお願いします。
にほんブログ村 

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ

ブログランキング


家庭教師ランキング