ドミニオン新拡張「ルネサンス(Renaissance)」のカードを紹介しています。

前回に引き続きドミニオン新拡張「ルネサンス(Renaissance)」で登場する特殊なルールを必要とするカードを紹介していきます。

 

↓落ち着いた効果のカードが多い最新拡張「ルネサンス」。遂に日本語版が発売!

ドミニオン拡張セット ルネサンス (Dominion: Renaissance) 日本語版

 

 

↓拡張「ルネサンス」を遊ぶにはまずはドミニオン基本セットから

ドミニオン基本セット 第二版

ドミニオン新拡張「ルネサンス(Renaissance)」カード紹介3 アーティファクト関連カードとアーティファクトの紹介

今回は、アーティファクトとそれを獲得する系のカードを紹介します。
プレイヤー間のインタラクティブを強めたシステムで、新しい試みの1つだと思います。
ほどほどに強力なアーティファクトをプレイヤー達がどう判断して扱うのか無視するのかが重要になりそうです。

アーティファクトとアーティファクト獲得系カードご紹介

----

旗(Flag)

クリーンアップフェイズで手札をドローするとき+1ドロー。

----

 

アーティファクト1つ目は「旗」。

名前の簡素さとは裏腹に効果は中々強力です。

 

「draw your hand」は直訳して「手札をドローする」なので、クリーンアップフェイズで手札を5枚にする際に追加で1枚引けるってことになります。

毎ターン手札を1枚多く持っているというのは、序盤でも銅貨1枚の+1金位のアドバンテージはあるかと思います。

中盤以降はデッキのカードパワーが増すので、手札1枚は+1金よりもその価値が増すことになります。

 

残念ながら「ターンの開始時に1枚ドローする」となっていないので、次の自分のターンまでに「民兵」などの手札アタックを受けると残念なことになります。

「冒険」に登場した「雇人」などの「ターンの開始時に+1ドロー」よりは、大体のケースで弱い効果ということになるでしょう。

 

この旗を得るためのカードがこちら↓

 

旗手(Flag Bearer)

コスト:4

タイプ:アクション

+2金

このカードを獲得か破棄する時、アーティファクト「旗」を得る。

 

4コスト+2金とアクション効果は非常に弱く作られています。

ただし、獲得時に強力なアーティファクト旗を得られます。

 

これ難しいですね。

初手で獲得したとしても他のプレイヤーがこのカードを購入すれば簡単にアーティファクトの所有権を失ってしまいます。

4コスト位誰でも払えるコストですし。

旗手をプレイヤー間で買い合うと最終的には、1枚も買わなかったプレイヤーが勝つなんてこともありそうです。

 

このカード自体が弱すぎるため、旗は欲しいが、旗手は沢山購入したくはないというジレンマがあります。

なので、旗は欲しいし相手の旗効果を消したいが、簡単には手を出せない気がします。

このカードを使うのであれば、最終的に破棄するところまで視野に入れてプレイしないと、勝つのは難しそうですね。

 

プレイ前評価:★★★☆☆

 

使用後感想

点数:★★★☆☆

当たり前だがアクションカード自身のパワーは弱い。

アーティファクトのことを考えかなり弱い設計。

肝心なアーティファクト「旗」だが、簡単に取ったり取られたりが繰り返されるので、中々効果が安定しない。

この拡張は、破棄系のカードは多いのですが、狙ってこのカードを破棄するというのもそんなにうまくいかない。

勿論+1ドローは強力な効果なので、長いこと独占できればかなりのアドバンテージになる。

総合してぼちぼちなカードという結論。

---

 

----

鍵(Key)

あなたのターンの開始時に+1金。

----

 

シンプルですが当然ながら強力な効果。

ドミニオンでは1金の差でやりたいことがやれないということが良く起こるので、毎ターンの+1金はかなり便利な効果でしょう。

一発の派手さは無いですが、コツコツ恩恵を受けて差がついていくタイプのカードだと思います。

 

このアーティファクトを得るためのカードがこちら↓

 

会計係(Treasurer)

コスト:5

タイプ:アクション

+3金

次から1つ選ぶ

・手札から財宝カードを1枚破棄する。

・破棄置き場から手札に財宝カードを1枚獲得する。

・アーティファクト「鍵」を得る。

 

流石会計係。

お金ガッツリ持ってます。

鍵も持ってます。

 

これはかなり強いんじゃないでしょうか?

+3金は5コストアクションとして及第点。

 

財宝1枚破棄は銅貨圧縮に役立つので便利。

破棄した財宝を手札に入れるのは、(銅貨がデッキに入りますが)足りない+1金を生み出せて便利。

アーティファクト「鍵」の獲得は当然強力。

普通に鍵の獲得が無かったとしても5コストで通用するんじゃなかろうか。

 

基本的には強力なアーティファクト「鍵」の獲得を選択し、鍵を既に持っている時には、状況に応じて銅貨圧縮か、財宝獲得を選択していくことになるでしょう。

 

ただ、使うだけで鍵を得られてしまう上にこのカード自体が強力なので、アーティファクトの争奪戦はかなり熾烈な争いになりそうです。

 

プレイ前評価:★★★★★

 

使用後感想

点数:★★★★★

予想通り強いですね。

アーティファクト確保もそうですが、素の+3金も強いし、銅貨圧縮も+1金ブーストも便利。

カードの中に弱い効果が一つも書かれていません。

アーティファクトは取りあえずこのカードを使っておけば確保可能なので、争奪戦などは特に気にすることなく、なるがままになるという感じ(笑)

「鍵」の+1金は予想通りの強さ。

目に見えて爆発力があるとは感じませんが+1金で確実にアドバンテージが稼げてます。

---

 

----

宝箱(Treasure Chest)

あなたの購入フェイズの開始時に金貨を得る。

----

 

まさに宝箱といった感じの効果。

毎ターン金貨がザックザクです。

宝箱なんだからケチらず一気に10枚位GETしても良いような気もしますが(笑)

 

毎ターン6コストの金貨を購入できるその効果は当然ながらぶっ壊れ性能でしょう。

このゲームでは金貨は何枚デッキに入っても困らない、むしろ大きく得しかしません。

アクションを使うことで「金貨獲得する」というカードが増えてきましたが、そういうカードですら個人的には高評価です。

アクションも使わずにただただ獲得できる効果が如何に強いかわかるでしょう。

 

購入フェイズに獲得となっているので注意です。

特定のアクションやプロジェクトなどとの組み合わせで、悪いことが出来てしまうのを防ぐようになってるっぽいです。

 

このアーティファクトを得るためのカードがこちら↓

 

暴れん坊(Swashbuckler)

コスト:5

タイプ:アクション

+3ドロー

自分の捨て札に何らかのカードがあれば、+1コイントークン。

更に、もし少なくともコイントークンを4つ持っている場合、「宝箱」を得る。

 

カードの見た目は海賊のねーちゃんですが、カード名は中々凄いですね(笑)

日本語訳される時は直訳せずに気を利かせた名前になるでしょうか?

 

みんな大好き+3ドロー。

鍛冶屋の4コスト相当の効果です。

ただ、この拡張は+アクションが得やすくなっているため、+大量ドローの効果の価値が高まっているように思います。

なので、+3ドローはそれだけで中々強烈。

 

更に+1コイントークンを得る効果。

捨て札に何もないことは、通常はほぼ無いので、この効果もほぼ常時発動でしょう。

ただ、エンジン戦略などでデッキ引き直しから即大量ドローなどをする場合は、意外にスカすこともあるかもしれません。

 

コイントークン4つで宝箱GET。

なるほど。この効果を発動するために他のコイントークン系カードを駆使するのはアリですね。

やや微妙ですが書かれ方からして恐らく、+1コイントークンを得る効果を発揮しないと、宝箱は得られないので、宝箱を狙う場合は、デッキ引き直し時にはあえてドロー系カードを使わないなどの戦略も取ることになるでしょう。

 

このカードのアーティファクト獲得は、狙わないと使えないので、それなりに戦略的にプレイする必要がありそうです。

コイントークンなんて溜まったらすぐに使いたくなってしまいますし、使った方が良いことが多いですしね。

コイントークン残量に気を付けながらプレイすることになりそうです。

 

ということで使い方の難しいほどほどに強カードという印象です。

 

プレイ前評価:★★★★☆

 

使用後感想

点数:★★★★★

3ドローというだけで★4つですかね。

コイントークンの獲得と宝箱の獲得で更にもう一点追加という感じ。

ルネサンスでは+アクションが余ることが多く、必然的にエンジン系の+ドローアクションが強い傾向にあります。

なのでこの+3ドローはかなり心強く感じました。

ただし、その反動で+コイントークンを得る効果は、捨て札が尽きてしまい、思うように発動出来ないことが多いです。

更に+コイントークンは普通に使っていきたいので、溜まる前に使ってしまうことも多いです。

その結果、肝心の「宝箱」も上手く機能し始めるのは、大分遅くなってしまいます。

「宝箱」自体は毎ターン金貨が勝手に手に入る効果自体はやはりかなり強いです。

思ったより獲得条件を満たしづらい効果なので、序盤に誰かが満たしてしまうとデッキが金貨まみれになって、ゲームが終わります。

---

 

----

角笛(Horn)

1ターンに1度だけ、「国境警備隊」を捨て札にするとき、それをデッキに上に置いても良い。

---

 

----

角灯(Lantern)

あなたの「国境警備隊」は、3カードをめくり、2カードを捨て札にする。

---

 

何と「国境警備隊」を強化するためのアーティんファクトが2個も登場します。

特定のアクションを強化するというのは初めての試みでしょう。

なかなか面白いですね。

 

「国境警備隊」自体はドミニオンの警備系カードの例にたがわず、デッキをめくり一定枚数を捨て札にする系の効果です。

 

「角笛」を得ることで毎ターンデッキトップに戻るため、毎ターン警備が可能になります。

毎ターン手札に来て困るカードでは無いため、プチアドバンテージが得られるでしょう。

ただし、他のアーティファクトに比べるとそこまで強力な効果では無いですね。

 

「角灯」を得ることで、2枚ドローの1枚手札1枚捨て札の効果がグレードアップします。

3枚めくって2枚を捨てて1枚手札、という効果になります。

こちらも中々強力ですが、やはり他のアーティファクトと比べるとそこまで強力では無いでしょう。

この拡張の「予言者」位の効果と考えると5コスト位でしょうか。

 

片方のアーティファクトを得ると、2コストの「国境警備隊」が5コスト位のパワーにはなりそうです。

と考えると両方のアーティファクトを得ると、6、7コスト位の効果なのかな?

他のアーティファクトに比べると弱いとはいえ、やはりそれなりにパワーはありそうです。

 

話題の国境警備隊はこちら↓

 

国境警備隊(Border Guard)

コスト:2

タイプ:アクション

+1アクション

デッキから2枚めくり1枚を捨て札、1枚を手札に入れる。

両方がアクションカードだった場合、「角灯」か「角笛」を得る。

 

超シンプルな警備系カード。

1ドロー1アクションにはなるため、2コストあれば買っておいて損は無い。

 

めくった2つがアクションだった場合は、警戒を強めてアーティファクト1つGETできる。

先ほど紹介した通りアーティファクト1つ得た国境警備隊のパワーは5コスト並に強化される。

 

アクション2つという条件は、意外に難しいはずで、デッキをアクションメインで固めないと中々発動しない気がします。

銀貨を沢山買っているようでは中々発動しないでしょう。

 

「角灯」を得てしまうと、アクション3つ引かないと駄目らしいので、最初に獲得するなら「角笛」の方でしょう。

こちらで毎ターン警備隊を使用して、次に角灯を得て効果をグレードアップという流れですね。

 

最低限2コストで買って損は無い優秀なカードですが、最大限有効活用するにはデッキ作りを工夫する必要があるでしょう。

 

プレイ前評価:★★★★☆

 

使用後感想

点数:★★★☆☆

2コストの効果としてデッキの回転を少し上げる効果は及第点。

ただし、アーティファクト自体がオマケもオマケで強く無い。

そもそも条件が満たしづらいため1つ揃えるのがやっと。

更に偵察対象が3枚になったり、毎ターン使えたりという効果が得られたとしても、強さはやはり知れている。

ということでアクション継続系の一種なので、2コストあれば買って損はしないが、アーティファクトに期待しすぎると肩透かしを食らうと思います。

------

 

以上、アーティファクト関連のカード紹介でした。

 

シンプルな名前とは裏腹に非常に強力な効果の多いアーティファクトですが、果たしてプレイ感はどんなものでしょうか。

 

アーティファクトには、他のプレイヤーに奪われなければ、まず独走出来てしまう効果が多いですね。

なので上手くプレイヤー間で奪い合う必要がありますが、カードの獲得条件が工夫されており、一筋縄ではいかないです。

その辺が慣れていないプレイヤーだと入りづらく、ややプレイしづらいルールかもしれません。

 

↓シンプルな原点回帰の最新拡張「ルネサンス」。遂に日本語版が発売!

ドミニオン拡張セット ルネサンス (Dominion: Renaissance) 日本語版

 

 

↓拡張「ルネサンス」を遊ぶにはまずはドミニオン基本セットから

ドミニオン基本セット 第二版

 

参考:dominion strategy wiki