有名ボードゲームの1つ「ドミニオン」の全拡張の紹介と、個人的におすすめする購入順を紹介します。

ドミニオンのどの拡張を買うべきか悩んでいる初心者や中級者のために、実際にプレイしてみて感じた個人的な感想交えて、全拡張一覧と各拡張のおすすめ度やおすすめ順を紹介したいと思います。

 

私がドミニオンを初プレイしたのは2010年。

各拡張は全て相当回数プレイ済みなので、そういうプレイ経験交えて各拡張の魅力やおすすめ度合いををお伝えしたいですね。

もっと詳細に知りたい場合は、各拡張の全カードの個別カードレビューを書いているので、そちらご参照下さい。

 

ドミニオン各拡張の個人的おすすめ度紹介

このゲーム、本当に面白くてすぐに病みつきになりますよね。

プレイした人はすぐに基本セットのカードには慣れ、新しい効果のカードを使ってみたいとなるでしょう。

 

ただ、ドミニオンが世に出たのは2009年。今は拡張が山ほどあります。

どの拡張も面白いですが、導入する順番を間違えると、いきなり複雑になって詰まらないとなる可能性もあります。

 

そこで、私自身が実際に購入して何度もプレイしてみて感じた、各拡張の感想とおすすめ度を簡単に書いてみたので、良かったら購入の参考にしてみてください。

---

ドミニオン基本セット

 

拡張の紹介と言いながら基本セットから書いていきます。

全てのドミニオンはここから始まります。

まず最初は、これを買って10回位はプレイして、すべてのカードを使ってみることをおすすめします。

 

ドミニオン全ての拡張はこの基本セットをベースに練られています。

よって最も基本的でシンプルな効果を持つカードが多いです。

このシンプルな基本セットのカードに、他の拡張を1つ追加して遊ぶ、というのが良くあるドミニオンの遊び方になると思います。

 

この基本セットをプレイすれば、誰もがドミニオンの世界にどっぷりハマることになるでしょう。

 

2009年に出た第一版と2017年に出た第二版がありますが、カードバランスは第二版の方が断然良いです。

第一版で削除されたカードは、削除されずに残っていたとしても、慣れたプレイヤーには殆ど買われることが無い位弱いカードばかりです。

 

第一版と第二版の違いは以下の記事を参照ください↓

ドミニオン基本セット第二版レビュー

 

違いを簡単に説明すると、第一版の弱いアクション〆系カードがゴッソリ削除され、アクション継続系カードが大量に追加されています。

その結果、お金よりアクションを買う価値が、相対的に上げられています。

また、アクションカードが第二版では一種類増えています。

 

ドミニオン基本セット

ドミニオン基本セット 第2版

---

ドミニオン拡張1 陰謀

 

基本的な部分は基本セットと変わらず、アクションがより複雑になりより攻撃的でパワーの増した拡張、です。

攻撃的な嫌らしいカードも増えており、ある程度ドミニオンに慣れてきたプレイヤーにおすすめ。

陰謀の極悪アタック3兄弟などはドミニオンプレイヤーの中では有名。

 

基本セットは、アクションの効果が弱めで、お金を買うだけのプレイが実は強いなんて揶揄されたこともありました。

その対策なのか、本拡張はアクションが強力になっており、アクションゲーになります。

アクションが複雑な分、若干プレイ時間が長めになることが多いです。

 

楽しいですが、相手への妨害が強い分やられた方は楽しめない、となる可能性も高いため、お勧め度は少し低いです。

 

陰謀第一版の発売から8年、一部のカードが変更された陰謀第二版の日本語版が遂に発売

第一版からアクションカードが6枚削除され、7枚追加されています。

やや強すぎたカードや弱すぎたカードにバランス調整が入っており、特に思い入れが無ければ今から追加するなら第二版一択でしょう。

 

陰謀第一版には含まれていた、銅貨や屋敷などの基本カードは第二版には含まれなくなりました。

遊ぶには基本セットや基本カードセットの購入が必要になります。

 

ドミニオン拡張セット 陰謀 日本語版 

ドミニオン:陰謀 第二版 日本語版

-----

ドミニオン拡張2 海辺

 

まったりなアクションが増えた拡張です。

2ターンにわたって効果が持続する系のアクションが登場します。

 

シンプルでわかりやすい効果のカードが多く、個人的には、購入する拡張の第一弾として最もおすすめ、の拡張です。

私の周りで初心者に新規プレイさせる場合は、基本セットで1回、2回やった後に、すぐに海辺入れてやることも多いです。

それ位シンプルでとっつきやすく、初心者におすすめの拡張です。

 

効果はシンプルですが、カードパワーは普通に高いものが多いです。

海辺もその内第二版が出るのかなぁ・・・

 

ドミニオン拡張セット 海辺

-----

ドミニオン拡張3 錬金術

 

収録枚数の少ないミニ拡張です。

購入に財宝カード「ポーション」が必要となるカードが収録されています。

購入にポーションが必要なカードの効果は、全拡張の中でもトップクラスに強烈です

 

過去のカードレビュー記事も参考にどうぞ↓

錬金術 カードレビュー : TEENOのブログ

 

「ポーション」が無いと錬金術のカードがほぼ何も買えないので、新しいシステムで新鮮なプレイが楽しめると思います。

あまりWEB上での評判は良くなさそうですが、個人的には普通に面白くおすすめです。

 

相手のプレイを乗っ取ってやりたい放題するカードなどもあり、結果ゲーム時間はかなり長くなるのがネックですかね。

 

カード効果が本当に笑える位に強烈なので、食わず嫌いせずに一度はプレイしてみた方が良いです。

多分製作者は、バランス設計ミスった・・・と思っていると思います(笑)

以前「他の拡張のカードだけを買った人」VS「錬金術のカードだけを買った人」でどちらが強いか検証したことがありますが、錬金術の圧勝でした。

 

「錬金術」単体は今は絶版となっており、「収穫祭」と合わせてミニ拡張×2のデュアルセットとして発売されています。

今買うならデュアルセット一択です。

 

ドミニオン拡張セット 錬金術

ドミニオン拡張セット 錬金術&収穫祭

-----

ドミニオン拡張4 繁栄

 

基本的なドミニオンのルールを更に一回りスケールを大きくした拡張です。

金貨より強い白金貨、属州より強い植民地、が追加されます。

また、7コストのカードや、VP(victory point)と呼ばれる勝利点トークンが登場します。

 

という風に「繁栄」の名前の通り、これまでのドミニオンよりかなり大きく繁栄するゲームが楽しめます。

目新しい種類のカード、ルールが追加されます。

他拡張のカードの強弱も変わってきて、かなり新鮮にプレイできます。

 

特殊なルール追加が必要なので、ある程度、基本系のドミニオンを遊んで慣れた後にやるのがおすすめ、です。

いきなり初心者がこの拡張をやると、やれることが多すぎて訳が分からず、ドミニオンの基本的な楽しさを損なう可能性があります。

 

一部バランスの悪いカードもありますが、大体は良い感じに設計されたカードが多く、使っていて楽しいものが多いです。

1ターンに55勝利点獲得、みたいなとんでもないプレイが可能になるのもこの拡張ならでは。

 

個人的には好きでお勧めの拡張なのですが、あまり楽しめていない知り合いも意外に多く、人を選ぶ拡張かもしれません。

やはり初心者には若干敷居が高い拡張だと思います。

 

ドミニオン拡張セット 繁栄

-----

ドミニオン拡張5 収穫祭

 

収録枚数の少ないミニ拡張第二弾です。

バラバラな種類のカードを持っている方が効果の高い、所謂ハイランダーカードが多数収録されています。

また、ドミニオン初のレアカードが登場します。

 

効果自体はシンプルでそこまで難しくないのですが、バラバラのカードばかり買った方が良いというデッキコンセプトが重要になるので、若干初心者にはプレイしづらい、脱初心者位向けの拡張だと思います。

まあ、バラバラのカードなぞ意識しなくても楽しいので、気にしないのも手ですけど(笑)

 

カード効果自体はわかりやすくバランスの良い拡張だとは思いますが、追加カードが少ないのがもったいないですね。

「錬金術」とセットになった拡張が出ており、今買うならそちら一択です。

 

ドミニオン拡張セット 錬金術&収穫祭

-----

ドミニオン拡張6 異郷

 

製作者が原点回帰させたのか、これまでの変わった拡張に比べて、難しい追加ルールも無くマッタリした拡張セットです。

購入した瞬間にも効果を発揮するカードが多いのが特徴です。

(文字数は多めですが)シンプルな効果が多いため、「海辺」と並んで初心者におすすめの拡張の1つです。

 

「購入した瞬間に効果を発揮する」カードも、そこまで重要な効果では無く、プレイへの影響は限定的という印象。

相手への妨害もそこまで多くは無く、「海辺」のように気軽に、何度も遊べる拡張だと思います。

 

一部おかしなパワーカードも入っていますが、全体的にバランスが良い拡張。

品薄気味のため、売られていたら即購入を推奨したい拡張です。

 

長らく品切れでしたが、遂に再販されるようです。

気になる方はチェックしておくことをお勧めします↓

ドミニオン拡張セット 異郷

-----

ドミニオン拡張7 暗黒時代

 

破棄時に特殊な効果を持つカードを多く収録。

名前の通りドロドロした拡張。

500枚のカードを収録したシリーズ初の「大拡張」。

 

・(呪いより弱い)デッキ圧迫アタック用0コスト特殊カード

・1度しか使えない金貨

・別のアクションに変化するアクション

・スタートデッキの屋敷と入れ替わる1コストカード

 

など、これまでにない特殊ルールを多く採用。

ただし、何れのルールもゲームへの影響は限定的でわかりやすい。

 

全体的にカードの効果が中々複雑で、損得がわかりづらいです。

製作者が公式に発表しているとおり、間違いなく中級者以上向け

 

ただ、やればわかりますが、この拡張は噛めば噛むほど味の出るスルメゲーです。

上手く使いこなすと輝くカードが多く、使い方を試行錯誤するのが非常に面白いです。

初心者向けでは無いですが、ドミニオンに慣れてきた中級者以降には、かなりおすすめの拡張になります。

 

こちらも品薄気味のため、売られていたら即購入を推奨したいですね。

 

ドミニオン拡張「暗黒時代」

------

ドミニオン拡張8 ギルド

 

ミニ拡張第三弾。

 

+1金代わりとしていつでも使える、コイントークンが登場。

ターン毎のばらつきを調整してくれる強力な効果です。

 

オーバーコストを払って効果を得られるカードも登場。

面白いが高コストカードとの比較が難しい。

 

シンプルなカードも多いが、特殊な効果のカードも多く使い方が難しい。

脱初心者位の方におすすめ

 

ちなみに「ギルド」は、ドミニオン原作者のドナルドヴァッカリーノ氏の構想にあった最後の拡張。

そのため、当時はこの「ギルド」がドミニオン最後の拡張だと宣言されていた。

 

ドミニオン拡張「ギルド」

------

ドミニオン拡張9 冒険

 

「暗黒時代」以来のドミニオン「大拡張」の第二弾。

 

かなり特殊な追加ルールが目白押し。

主な追加ルールは以下の通り。

 

・カードを買うのではなく1度きりの効果を買う「イベントカード」

・アクションの効果を次ターン以降に向けてスタックしておける「リザーブカード」

・使うごとに進化する「トラベラーアクションカード」

・+ドローなどの効果を半永続的にもたらす「各種トークン」

 

この拡張から、ドミニオン原作者であるドナルド・ヴァッカリーノ氏の構想外の拡張。

前作の「ギルド」からこの拡張が出るのに2年以上が経過しているので色々あったのだろう。

 

中々複雑な拡張になっており、みんな大好きシンプルなドミニオンとは一線を画す拡張。

ある程度ドミニオンに慣れたプレイヤーでも首をかしげる追加ルール。

初心者が基本セットの次にこれ買っちゃうと、多分思ってたのと違ってビックリすると思います。

 

これ以降の拡張は、これ以前の拡張をプレイしてきた人のための、第二世代ドミニオンと考えた方が良いです。

製作者も、この拡張は「スピンオフ的な位置づけ」でもあると述べており、確実に上級者向け拡張です。

基本系ドミニオンのルールをガラッと変えたいプレイヤーにはおすすめです。

 

ドミニオン拡張「冒険」

------

ドミニオン拡張10 帝国

 

ドミニオン「大拡張」の3つ目。

冒険に増して、更に思い切った特殊な追加ルールが目白押しの拡張。

主な追加ルールは以下の通り。

 

・最終勝利点に影響する「ランドマーク」

・プレイヤー全員で状態を共有する「集合カード」

・支払いを先延ばしにする「借金ルール」

・王国カードの1山10枚の内、6枚目以降が別のカードになる「分割カード」

・王国カードの1山8枚全てが、別カードの特殊勝利点「城カード」

・「イベントカード」(冒険と同じ)

 

特に「ランドマーク」は勝利点に直結するためゲームの流れに大きく作用する。

これらの新ルールを導入した結果、戦略性が高く、運より実力が強く反映される拡張になっている。

 

新しい試みは面白いが、如何せんルールが複雑で損得もわかりづらい。

これまでドミニオンを楽しんできたプレイヤーが、何度もプレイしてみてようやく慣れてくる拡張という印象。

誰もが簡単にルールを覚えられる、というドミニオンの良さが失われている気がする。

 

確実に上級者向け拡張です。

基本系ドミニオンのルールを「冒険」より更にガラッと変えたいプレイヤーにはおすすめです。

 

ドミニオン拡張「帝国」

-----

ドミニオン拡張11 夜想曲

 

日本語版ドミニオンの最新拡張。

 

ドミニオン「帝国」に続く、大拡張の第4弾。

主な特殊ルールは以下の通り。

 

・購入フェイズ後の「夜フェイズ」に何枚でも使用可能な「夜行カード」

・ランダムなプラス効果をもたらす「幸運カード」

・ランダムなマイナス効果をもたらす「不運カード」

・初期デッキの銅貨と入れ替わる、「家宝カード」

 

どの特殊ルールもわかりやすく、使っていて非常に面白い。

脱初心者位のプレイヤーでも十分に楽しめる拡張です。

全拡張の中でも個人的にはかなりおすすめ拡張の1つ。

 

ドミニオン「夜想曲」

-----

ドミニオン拡張12 ルネサンス

 

海外で2018年に発売されたドミニオンの最新拡張。

日本語版の発売時期は恐らく2020年の4月頃。

 

中拡張寄りの大拡張という感じ。

主な特殊ルールは以下の通り。

 

・+1金代わりに使える「コイントークン」(ギルドと同じ)

・+1アクション代わりに使える「村人トークン」

・場に1つしか存在しない強力な「アーティファクト」

・個性的な永続効果をもたらす「プロジェクト」

 

公式見解の通りまったりとしたプレイしやすい拡張。

特に戦略級かつ効果がわかりやすい「プロジェクト」は面白い。

 

ドミニオン「ルネサンス」

-----

 

「冒険」以降の拡張は、第二世代ドミニオンという感じで、追加ルールが多数追加され、複雑度が増しています。

10個近い拡張が出ているわけで、追加ルール前提のカードが増えてしまうのは仕方ないでしょう。

 

ただ、ベースが楽しいゲームだからと言って、あまりルールを複雑にしてしまうと、誰でも簡単に何度も繰り返しプレイできるという、ドミニオンの良さが失われる気がします。

第二世代の拡張は、その拡張に慣れていないと勝てない、中級者~上級者向けに作られている印象です。

 

初心者に「帝国」と「冒険」をおすすめしている記事もあり驚きました。

本当にドミニオンやったことあるのかと突っ込みたくなります(笑)

個人の意見なので自由なのですが、初心者が最新の拡張だからと言ってこれらを買っちゃうと、多分後悔すると思います。

ご注意を。

 

ドミニオン拡張のおすすめ購入順

私の中での拡張の中でお勧めを、5段階評価してみます。

第一世代

基本セット★★★★★

陰謀★★★

海辺★★★★

錬金術★★

繁栄★★★

収穫祭★★

異郷★★★★

暗黒時代★★

ギルド★★

 

第二世代

冒険★★

帝国★★

夜想曲★★★★

 

これだけだと購入おすすめ順が良くわからないと思うので、あえておすすめの順位を付けますと・・・

 

第一世代

基本セット>海辺>異郷>繁栄>錬金術&収穫祭>陰謀>暗黒時代>ギルド≒錬金術≒収穫祭

 

第二世代

夜想曲>>冒険≒帝国

 

冒険以降の拡張は、複雑さやルール・戦略が全然違ってくるので、あえて第二世代という形で分けました。

 

元々のドミニオンの出来が良く、どの拡張を買っても基本的には楽しいとは思います。

お金と時間に余裕があるなら全て買うのが良いと思いますが、そうもいかないですよね。

 

私がドミニオンを始めたのは大分前の話ですが、今自分が0からドミニオンを購入するとしたらこの順番で買うと思います。

初心者には当然ですが、中級者にも普通にこの順番がおすすめです。

 

「海辺」「異郷」は、何も考えずに即購入してまず問題ないです。買って損したと思うことはまずないでしょう。

・シンプルさで「海辺」の方が上です。

・それらの拡張で慣れてきた位で、変わったルールの「繁栄」を追加して新鮮にプレイします。

「陰謀」はここまで来たなら取りあえず買っておけ位な感じで購入します。入れると重くなります。面白いアクションは多いので、ノーマルなカードを追加したいのであれば、早く買っても良いと思います。

「暗黒時代」は複雑なルールが多く、初心者へのおすすめ度は低いですが、中級者以降にはおすすめのスルメゲーです。

「錬金術」入れると別ゲーになりますが、普通に楽しめます。新鮮なルールということで「繁栄」のような位置づけです。

「収穫祭」「ギルド」はおもしろいですが単体では若干物足りないので、他の拡張と混ぜてプレイしたいところです。

「錬金術&収穫祭」は、それぞれの拡張自体は普通に楽しいので、合わせて買えるなら「陰謀」よりは先に買って良いと思います。

「冒険」「帝国」は、取っつきづらい拡張です。「暗黒時代」よりも更に初心者へのおすすめ度は低いです。

「夜想曲」は、第二世代ではわかりやすい拡張です。かなり面白くおすすめ。「海辺」や「繁栄」を遊んだ後に購入しても十分楽しめるでしょう。

 

購入順で悩んでいる、などがあれば参考にしてみてください。

0から購入を検討している方は、まずは第一世代の拡張から買うことを強くお勧めします。

「冒険」以降の購入検討は、それらを十分に遊んでみてからで良いと思います。

 

以上、ドミニオン拡張の購入おすすめ順紹介でした。

何度も書いてしまいますが、拡張を買うならシンプルにプレイできる拡張から入る方が絶対お勧めです。

 

ドミニオン基本セット

ドミニオン基本セット 第2版

ドミニオン拡張セット 陰謀 

ドミニオン拡張セット 陰謀 第2版

ドミニオン拡張セット 海辺

ドミニオン拡張セット 錬金術&収穫祭

ドミニオン拡張セット 繁栄

ドミニオン拡張セット 異郷

ドミニオン拡張セット 暗黒時代

ドミニオン拡張セット ギルド

ドミニオン拡張セット 冒険

ドミニオン拡張セット 帝国

ドミニオン拡張セット 夜想曲