いよいよ☆ | 星の祈り みなか光り 宙あそび

星の祈り みなか光り 宙あそび

すべては光に還る旅  
楽しみながら、内側の光を輝かせる旅のために
おひさまや、月、星からも…宇宙に愛されていると
信頼するためのツールが、占星術なのかなと思います。


テーマ:

水星の逆行も終わったタイミングで、

新しい元号が発表されましたね。

 

令和の「れい」は、

夜明けを表す「黎明」と同じ「れい」ですね。

 

それから、ヒトの見えない面の

「霊性」とも同じ「れい」。

 

おとひめ翻訳では、

れ…外へ出る。

い…伝わる。光。生き生き

わ…調和・円満・充実

 

とっても素敵な元号です。

 

発表時のホロスコープは

 

国民の意識となる月が水瓶座にあって、

射手座の木星と手を結んでいます。

 

これまでに捉われず、

ニュートラルな感性で、新時代への希望を

肯定的に持っています。

 

新たな時代を受け入れて、

誰もが精神性を

いっそう伸びやかに

高めて行くでしょう。

 

国家を表す太陽も牡羊座にあって、

新しい時代に飛び込む事に

意欲満々です。

 

 

国家外交を意味する部屋には、

変容の冥王星と現実の土星とが

ほぼ重なり合って入室しています。

 

今後の国際的な関わり合いは、

大きく具体的に、

根底からの変容が

準備されているようです。

 

その変容は、

魚座にある水星と海王星が

サポートしています。

 

水星と海王星は、

若者のイメージビジョンとか

目には見えない情報通信、

仕事の枠組みがほどける…

といった事でしょうか。

 

仕事や情報の扱い、とらえ方は、

もっと進化してゆくでしょうし、

それが根源的な現実の変容と

繋がって行くとも読めます。

 

天体が西側に多くあることから、

国際的な面だけではなく、

個人的な面でも、

 

「関わり合う」という事の意味合いが

とても深くなる時代でしょうね。

 

 

誰とどんな気持ちで関わりあうのか…

 

平成…いわと (漢字を分けると一八十 成る)

 

岩戸が開かれて、

黎明の夜明けから調和までの令和。

 

新時代を生きるって嬉しい事です♪

 

この時代を「わざわざ」選んで

生まれてきた私たち。

 

ひとりひとりが、

それぞれに大切な役割を持っていると思います。

 

笑顔で、ご機嫌に歩みを進めたいですね。