天王星の移動と魚座の新月 | 星の祈り みなか光り 宙あそび

星の祈り みなか光り 宙あそび

すべては光に還る旅  
楽しみながら、内側の光を輝かせる旅のために
おひさまや、月、星からも…宇宙に愛されていると
信頼するためのツールが、占星術なのかなと思います。


テーマ:

こんにちは

 

本日3月6日午後7時半くらいに、

天王星が8年ぶりに居場所を変えて

牡牛座に入室します。

 

昨年の初夏頃から秋までにも、

これからの時代のプロローグを見せる形で

天王星が牡牛座にありました。

 

冬からの逆行を経て、再び牡牛座に入った

天王星は、これから約8年かけて

牡牛座を運行します。

 

天王星は変化と改革の星です。

 

1996年に天王星が水瓶座に入室し、

一般家庭へのパソコン普及や

携帯電話の普及がスタートしました。

 

2011年3月12日、

東日本大震災の翌日に

天王星は牡羊座に入室しています。

 

日本中が痛みと悲しみに包まれた時に

天は新しい時代の幕を切って落とし、

私たちは、

物質と効率と競争が飽和した世界から

新しい世界に向かうべく、

意識改革のスタートに立っていました。

 

そして今年。

平成が終わり、元号も新たに

時代が刷新する直前に

天王星が場所を移動します。

 

2011年のあの時とは

全く違う、相当磨かれて成長した

ご自身を感じることが出来ると思います。

 

えーー成長していないわ…と

謙遜される方もいるかも知れません。

 

進化成長する宇宙の流れの中で

いま生きていることそのものが、

成長の証です。

謙遜なんて昭和の時代に置き忘れましょう。

 

さて、天王星が牡牛座に入る事で、

どんな流れに切り替わるのか…

気になるところではあります。

 

牡牛座意識は

・伝統

・美意識

・物質的な実質

・経済

・独自の五感と感性

 

などが挙げられます。

 

こうした面への個人的、社会的な

改革が進むのが

2019年3月から2026年4月までです。

 

ほっほーー。

では具体的にどうすれば?

 

この辺りは、占星家の方々の

それぞれの見解があると思いますが、

私としては、

 

「世界の美しさを、今まで以上に意識する」と

 

新たな時代を楽しめそうな気がします。

 

伝統的に美しいものはもちろん、

新しい目線で

現実の物質世界を観てみると

なんとも多様で、美しく、そして豊かな

この場所に出会えます。

 

お金があるから、

家柄が良いから、

職業が素晴らしいから…

 

ではない、その人その人の

自然な笑顔の美しさと、

その笑顔が作り出す雰囲気。

 

物事や事象に対するそれぞれの

感性が違っていても…

違っているからこそ響きあう

調和のメロディーを美しいと感じるのが

牡牛座天王星時代かなと思うのです。

 

 

天王星が牡牛座に入室して

半日も経たないうちに、

魚座で新月を迎えます。

 

この新月は

同じく魚座にある海王星と重なっています。

 

制約や制限のない

愛とゆるしに満ちたスタートです。

 

この辺りは、後程書きますね。