星の祈り みなか光り 宙あそび

星の祈り みなか光り 宙あそび

すべては光に還る旅  
楽しみながら、内側の光を輝かせる旅のために
おひさまや、月、星からも…宇宙に愛されていると
信頼するためのツールが、占星術なのかなと思います。

4月8日は天秤座で満月です。

 

 


天秤座の象意は




 

調和

 

 


洗練

 

 


中庸とバランス

 

 


客観性

 

 


公平




調停…



 

 

などの意識の実りと祝福の時です。

 




今年一番地球に近い位置での満月、

スーパームーン。




日本では太陽が高く真上にあり


お月さまは地下深く


根っこの部分

ルーツと基盤の場所

安心の居場所にある時に

満月ピークとなります。




東の地平線には蟹座の最終度数。




大切なご自身と周りの人を守るために

家に居ようとする事と



宝物は外ではなく

内側深くに見つけて行く事が



祝福になると

ホロスコープからも

示唆されているようです。




緊急事態宣言は宇宙の動きとも

ちゃんと連動していますね。




満月部分は他の星たちと繋がりがなく

自立しています。



誰かや何かに寄りかからずに



客観的、中庸の視点から

ご自身の本質深くを信頼出来ます。




その信頼は



真っ直ぐに

輝かしい達成に繋がっていると



はっきり感じられるタイミングです。








満月部分がルーツの部屋にあり

天秤座意識は調和と美でもあるので、

ふと思い出した事を書いておきますね、



 

水と森林が豊かな日本には

古来から万物に神様が宿るという

神道の考え方が広く浸透しています。

 

 

日本の神道は「道」であって

「教え」ではないそうです。



教えがないからこそ

 

良い、悪い

 

正しい、間違いという判断は…



ないそうです!




もちろん

何かを間違えた時の罰もなく



間違いを正して導く教祖さまも

救ってくれる誰かもいない…




確かにそうですよね。

神社に行ってお説教された経験は

これまで全くない事に気づきました。





神道では、一人ひとりが、

内なる叡智と繋がっていると

考えられているそうです。



だからこそ教えはなくて、


教えのない代わりに基準となるのは


 

 

「美しいかどうか」



なのだそうですよ。



 

正しさではなく、美しさ。

 



美しさの基準は普遍的なものですが



それぞれに違う放ち方をしても


美しさを責めたり

裁くことは出来ません。

 




いまのこの時でしたら、



 

有るものを分かち合うこと

 

 

少しでもご機嫌でいる方法を探すこと



入り乱れる情報に飲まれずに

客観視して中庸を保つこと…



 

まさにいま、皆さんそれぞれに

無意識的でも、

美しさを基準に

調和的な在り方を表現しています。




 

内側の叡智と繋がるご自身を

しっかりと感じ、祝福する時。



美しさが際立つ満月です。

 

 


 どうか豊かな時をお過ごしください。


 

 






参考図書

ひすいこたろうさん

「なぜスティーブジョブズは

黒いタートルネックしか着なかったのか」

 


 

私たちはいつも内なる叡智とつながっています。

 

空の上にいつもお日様や星たちが

いつでも在るように

 

無限の可能性といつでも

つながる事ができるそうです。

 

ところが、空に雲がかかって太陽や星たちが

見えなくなるのと同じで、

 

不安や怖れ、自意識を強く持ちすぎると

厚い雲に阻まれたように

本質の光を見失うこともあります。

 

いま、おうちに籠ることから、

余裕のできた時間を使って

 

心の雲をひとつひとつお掃除するのは

とても大切なことと

すでに多くの方は知っているでしょう。

 

 

宇宙の開閉弁と呼ばれる冥王星が、

いよいよ山羊座意識の

破壊と再生の

総まとめを始めました。

 

 

これまでの伝統的な社会や常識の枠、

 

 

目に見える成果を作る

 

 

積み上げてゆくステイタス

 

 

企業の利益のために個性を抑えること

 

 

組織や学校への順応…

 

 

今まで「当たり前」とされてきた事が

どんどん変容していますが、

ここから2023年ころまでにはさらに

 

 

観ている世界のエッジを

大きく広げて行きます。

 

 

 

宇宙から地球を見ると

国境なんて見えないように。

 

 

〇〇会社の社員としてではなくて

 

 

一人の人間として、

 

 

地球人として

 

 

未来に生きる人たちに世界を渡すものとして

 

 

どのように生きるのかを

 

 

のびのびとイメージしてみるのが

今なのかなと思います。

 

 

コロちゃんから始まった世界の変容は

いまここに生きている私たちが

ひとり残らず経験するものでしょう。

 

 

その渦中の波に振り回されるのではなく

(メディアやネットで思考や感情を

 動かされるのではなく)

 

 

新しい未来を想像し、

それを創造に変えるために

 

やらない理由を挙げるのはやめて

 

できる可能性を探すこれからです。

 

 

 

 

こんにちは

これから少しずつ
中長期ビジョンから
お伝えしたい事をアップします。


いまの星の様子は
現実の土星に
改革の天王星が横やりを入れている
構造改革の配置です。


現実の土星は
3月22日に水瓶座に入室しましたが、
これは水瓶座土星のプレビュー期間です。


7月2日に、再び「忘れ物をとりに」
山羊座に入室し、

12月17日に本格的に
水瓶座を運行します。


この土星水瓶座プレビュー時期を
個人としてみると
「ユニークさを思い切って出す!」の
タイミングでもあります。


太陽が水瓶座(水瓶座生まれ)の方は
変人って言われると喜ぶ確率が
とっても高いのです。

水瓶座さんの「変人さ」は
個性を出す事が輝かしく感じて
そこを目指しているから。


土星が水瓶座にあり
そしてその土星を改革の天王星が
刺激している今は、


ご自身のユニークさ、
変人さを表に出す事を練習し

現実からの苦難や抑制を
新しい流れに転換する準備が出来ます。



ユニークさ=ご自身の個性

人と違うところって考えると
難しく感じるかも知れませんが

オタクなところって言い換えると


植物にときめいて一日中でも
草花や土を触っていられる


空の移り変わりにときめいて
ひたすらに空を見ていられる


ぬいぐるみにときめいて
その子たちのメンテナンスが嬉しい


などなど…
なぜかときめくもの、事です。



それを思うと、
心がぱあっと明るく広がるもの。


誰かに褒められること、
いまの社会で認められることとは
全く関係のない事。


それをしっかりと
ご自身の中心軸に置くのも
ある意味トレーニングです。


これまでは
ご自身の個性やオタク面よりも

社会的にやらなくてはいけない事
仕事や家事や
スキルアップのための学びなどに
多くを使っていた時間や
エネルギーの振分け方も


ご自身を尊重するように
少しずつ改革して行く時です。


7月1日までに、ご自身を見つめて
ユニークな唯一無二の
オタク道を極めましょう!




こう書いていますが、私自身もです。
今までは、子ども達や生活に
たくさんのエネルギーを使って
大好きな星読みを脇に置いていました。


それは…自分の個性に
自信を持ち切れていなかったから。

子ども達や生活を理由にして
(理由にされる方の迷惑も考えず)
好きを大きく表明する怖さから
逃げていたから。


なぜ好きを自由に表明するのを
怖く感じていたのかは
たくさんの固まった
自分だけの妙な信念があるから。


ですが!

もう2021年からは
土星が水瓶座を運行し
2023年には冥王星も水瓶座に入室。

時代は大きく変わります。


よりグローバルに
日本の常識は世界の非常識になり

個人の常識は
みんなの非常識になります。


7月1日までの約3か月チャレンジ!


これがどうこれからに
効いてくるかは
また次の機会にでも❣️


手洗い うがい オタク道✨






いまさらなのですが。


4年ごとに規則的に開催される
オリンピックが延期となりましたね。


実は私はオリンピックは
全く好奇心の外にあるので、
毎回あまり気にかけていませんでした。

我が家のダンナさんは大好きで、
いつも寝不足になっています。


家族でも全然違いますね。


ちょっと調べてみたら
オリンピックの開催年は
木星が牡牛座か、山羊座にある年が
とても多くて

木星が乙女座、獅子座、射手座の年も
過去に何度かありました。


木星が牡牛座にある時は
この身体が在ることと、

身体というものを持つ豊かさと
肉体そのものの素晴らしさを
実感出来る時です。


山羊座に木星のある年は
集団意識が大きくなるので
国のために
チームのために
全力を尽くす事が善きとされ
そうした人とチームが発展します。

もちろん目標を達成するために
コツコツと努力して、
そして頂点に立つ姿も称賛されます。



もしも来年、または再来年に
オリンピックが延期されると
歴史的には、たぶん初となる

水瓶座木星時代か
魚座木星時代の開催となります。


水瓶座木星時代のオリンピックなら
勝ち負けという価値観を飛び越えて

普遍的なスポーツ意識、
同じスポーツを愛する人間同士の交流や

スポーツを通しての
人種や宗教を越えた相互理解を
大切にするのではないかと思います。



スポーツはスポーツで
政治や利権や放送権は関係ないし、

ほんの一瞬で明暗が分かれるとか
メダルの意味合いも
案外変わったりして。


もしも再来年の2022年になるなら
価値観は一層混沌として

勝ち続ける人よりも
負けて涙する人や
オリンピックに出られなかった選手に
共感が膨らむかも知れませんね。

むしろ映画「美しき緑の星」のように
競技中に楽しみすぎて
いったい何を競っていたのかすら
見失ったり? 

(→そっちの方を望むのは不謹慎かな〜)


そしてこれからは

スポーツという限られたステージ
しかも選抜を経て、
競争に勝ったから
立てる狭いところではない


個人それぞれが
いまこの身体を持って
体験しようとしている事で
輝くステージが
どんどん創造されると思います。


オリンピック選手が輝くように
私たちもみんなみんな輝くし

金銀銅なんて三色で
ケチに優劣つけずに


それぞれのマイカラーで
輝くメダルを手にするのでしょう。

いやもうメダルも必要ないかな。


そのための、自分自身で在る事で
輝くための準備期間は
まさにいまです。


ヒキコモリ生活で
ご自身の好きな事を
思い切り深められたら最高ですね。






こんにちは!

コロちゃん到来のあと、
土星が水瓶座に入室した事もあり、
それぞれの価値観がはっきりと
見えて来たように感じます。


水瓶座は個性を尊重する意識です。


土星が山羊座にあった時には
社会を意識して
自分の属する集団に合わせて
個性を抑制しようという
トレーニングが課せられました。


水瓶座に土星が入った今は、
自分の属する集団の山を
もっと広い視点から眺めたり、

集団の常識や慣習を
斜めに回って確かめることを
トレーニングします。


マスクで例えてみましょう!


山羊座集団社会は
マスクといえば、
あの不織布で作られた
薬局で購入するマスクですね。

機能や形状に若干の違いはあっても
「薬局で売っている工業製品」


水瓶座の土星時代に入ったので、
これを斜めから考えてみると


そもそもマスクは
自分の咳やくしゃみからの
飛沫が少なくなるようにするもの。

もちろん感染の予防になるもの。

昭和の世代なら覚えている
風邪を引いた時に
親がガーゼを折って作っていたもの。

(治りかけに、
 厚ぼったい布で鼻と口を覆って
 そりゃもう息苦しかったな〜)

それを思い出して
手作りマスクを着けている方が
最近増えていますよね。


今日行った修理のお店では
お裁縫の苦手な私のような方のために
布を持って来てくれたら
手作りマスク作りますよと
看板が出ていました。


これってすごいと思いました。
それぞれが創意工夫をして
作ることが得意とか
自分の輝く場所で輝いて
社会の役に立っているのです。



本題に戻って…


水瓶座の土星時代は、
こうでならなくてはいけないとする
これまで作られた社会全体の価値観を

本当にそうなのかと

世界ではどうか
過去はどうだったか
未来はどうなっていたら理想的か

様々な視点と価値観を
ニュートラルに比較検討出来るのです。


不織布のマスクは
布のマスクよりスマートに見えますが

使い捨てって
環境にはどうでしょう。

いまフル稼働で
休みなくマスクを製造している方々も
本当に大変。


自分だけ
今だけ良ければ…は
もう古い観念という事は
誰もが知っているし、

この水瓶座土星時代には
利他精神や
他者と自身の尊重、
博愛をトレーニングするのです。


マスクだけではなく
これからの暮らしと消費や
暮らし方などは

今回のコロちゃんのおかげで
素早く価値変革が出来そうです。


水瓶座土星時代は
2023年まで続きます。


それぞれの価値観を理解し
自分も他者も尊重しながら
理想の在り方をゆっくりと
固めて行きます。


そうして私たちは
本当の自由を手にするのでしょう。


楽しみですね!