RT @stmarting :
質問。真理が自由平等友愛を包摂する役割を果たさなければならないと思いますが、
現在の日本では、真理が強調されず、意識化されず、無意識化してる原因の根本は
どこにあると考えますか?
(
#cnm 安倍バブルは年内に弾ける moi.st/8c88ab )

posted at 15:59:19



RT @ichiroak :
「自由・平等・友愛・合理の『理想(左翼思想)』と、秩序・格差・競合・常識の『現実』
との間で、その時々の状況に応じてバランスをとろうとするのが保守政治の真髄である」
(西部邁)

posted at 15:52:54


RT @gorohani :
人類の数千年の歴史、なかでも最近の数百年の歴史の厳しい試練に耐え、
「自由」は平等と友愛とともに基本的人権として、現代の社会において最高かつ
不朽の原則として確立されたのである。

posted at 15:27:30



RT @R_Steiner_jp :
自由・平等・友愛の理想を実現するのは、抽象的に集中化された社会体制ではない。
社会有機体において[精神・法・経済の]三つに分節化された各分野は、
これら三つの衝動のどれかから自分の社会的な力を汲み上げる。
そして実りある仕方で、他の分野と共同で働く。-社会問題の核心-

posted at 15:26:44



RT @Duelist_gizumoM :
もう誰も真の自由や友愛、平等について考えることもなくなった。
現代の社会にとって、生産性のある価値を生み出さないものなど無用の長物となってしまったのだ”。
私に刻まれた鷲のマークをいとおしげに撫でてくれた友人の指の感触が、私の唯一の財産になって
しまった、、、

posted at 15:20:59



RT @somodaichi :
世の中が、ヒューマニストの云う偉大なる近代化を遂げてから、自由は放埒に、
平等は抑圧に、友愛は偽善に醜く姿を変えて地上に降り立った。
本当の意味での自由、平等、友愛は日本国の近世末期、近代初期にあると考えて、
日々、その思いが強くなっていってます

posted at 15:14:52


RT @korierumashii :
私はシュタイナー教育で子供たちを育てた。
この思想の 精神の自由 法の平等 経済の友愛 の実践を望んで
緑の党はこの思想が汲み取られドイツで誕生した 今、国民と共に
そんな社会を創造して行くセンスを持つ議員を求める
#緑の党  #参院選 https://pic.twitter.com/dyWGjcmzRP

posted at 15:13:03


RT @OkamotoTakaya : @hiroki__JPN
フランスはすぐに立ち上がる国です。何でもかんでも立ち上がります。
今の民主主義を創り出したという自負も持ってますしね。
フランスの三色旗は自由、平等、友愛であります。
三つとも民主主義に欠かせない要素なんです。

posted at 15:09:20



RT @SR1993 :
全ての人間は生まれながらに尊厳と権利において自由にして平等である。
人間は理性と良心を授けられており、互いに友愛の精神をもってふるまうべきである(世界人権宣言 第1条)。
命令するな!!

posted at 15:08:18



RT @tbsmcd :
友愛は茶化すんじゃなく、歴史的経緯を踏まえた上で攻撃したいな。
「自由・平等・フラタニティ(=友愛)」が仏革命のスローガンで「第三の道」として
友愛を掲げることが多いけど、本来は友愛じゃなく同胞愛(団結・連帯ないし兄弟仁義)。
自由・平等を実現する上での手段を目標にしてどうすんの?と。

posted at 15:04:00



RT @grokmasazo : RT @kuniomi  

フランス革命は暴力革命である。暴力は平和の敵だ。
だから、「自由、平等、友愛」より「自由、平等,平和」が良い。
「自由、平等,和」「自由、平等,共生」でもよい。

posted at 15:03:03



RT @Sophie525 :
フランスは220年にわたって自由、平等、友愛」をモットーとして掲げています。
現在日本で注目度が上昇中の友愛については、フランス人たちの理解を知ってみる
価値があると思います。
RT フランスの日々: 連帯と調和のはるか彼方にある友愛を目指して
bit.ly/b6gL0o

posted at 14:54:22



RT @naoshiy :
公共哲学にとって重要な基礎文献であるデューイの『公衆とその諸問題』の新翻訳が刊行された。
www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=…  
1927年刊行の本だが、コミュニティーと友愛・平等・自由を考える上で必読書と言えよう。

posted at 14:54:00



RT @naoshiy :
デューイはこの本の中で、具体的なコミュニティという場を離れて
「友愛・平等・自由」を語るのは無意味であり、そうした理念はコミュニティの中で実践されて
こそ意味があると強調している。
彼にとって民主主義とは「絆のある生活の一様式」を意味するが、
それは今日の文脈で再理解される必要がある。

posted at 14:53:52



RT @yamamoto1208 :
人道主義(humanitarianism)の歴史。
①古代ローマのフマニタス(Humanitas)は、人間的なもの、または教養。
②中世の欧州でキリスト教の影響を受け博愛。
③18世紀ルソーらが自由・平等・友愛・民主的。
④19世紀後半、戦時国際法等が作られ、いわゆる「国際人道法」が創設

posted at 14:48:10



RT @jiangmin :
"自由の理念と平等の理念とは、この近代資本主義社会においては両立しえない",
"しかし友愛の理念をナショナリズムとして制度化することで、この自由と平等との両立が
実現されているかに思い込ませることができる" / “柄谷行人 自由・平等・…”
htn.to/MKGyMd

posted at 14:45:06



RT @AmboTakashi :
「自由」「平等」「友愛」。この難解な言葉を利用して、群衆に無秩序な愛国心を持たせて
「解放」の名の下に戦争をさせる。
彼らによって各国に送り込まれた者を助言者にして秘密の外交を行わせる。
すべての国を借金漬けにする。巧妙な計画です。
blog.livedoor.jp/jijihoutake/ar…

posted at 14:41:22



RT @bilderberg54 :
鳩山「友愛思想は決してアイスクリームのように甘っちょろい思想ではありません。
革命思想であります。
クーデンホフ=カレルギーが言ったように、自由と平等のバランスを取るために愛が
必要であると言っている」(フリーメーソンの思想ですから)

posted at 14:40:26



RT @Bell_Boyd :
「友愛」は「自由」、「平等」とセットでフランス革命の理念になったが、
本来の意味は「兄弟愛」「同志愛」で、特定のメンバー間の団結を指す。
つまり排除の論理とも裏表であり、ナショナリズムとも親和性がある。
右にも左にも振れ、共生にも排除にもつながる。両刃の剣のような概念だ。

posted at 14:39:52



RT @mashira108 : @praetorian_8
友人によれば、友愛という言葉は宗教的(キリスト教)な要素が強いので、
今は替わりにソリダリティ(連帯)という言葉がよく使われるそうです。
ただしフランスの共和国憲法には、自由、平等、友愛は今もきちんと明記されています。
鳩山友紀夫も友愛にこだわっていますが。

posted at 14:38:34



RT @tosa_suigei :
フランス革命のスローガンである「自由・平等・友愛」は「自由平等博愛」
「自由平等同胞愛」「自由平等兄弟愛」とも訳されてきた。
自由・平等は同じだが最後の“Fraternity”だけ訳が揺れている。
日本にフラタニティにマッチする概念がなかったからだろう。

posted at 14:37:58



RT @francoise_tan :
"Liberté, Égalité, Fraternité(自由、平等、友愛)"というのは、フランスの標語です。
大雑把に説明すると、自由は他人に害を為さない範囲の全ての事をする権利。
平等は出自、階級で差別される事がないということ。
友愛は他人に常に配慮して行動するという責務、です。

posted at 14:34:08



RT @Michael_Ende_jp :
友愛に基づいた「経済」が存在するようになり、また実際に平等を実現するような「法」が
存在するようになって、はじめて、本当に自由な「精神」が存在できるんだ。
この三つの領域全てをひとつの鍋にぶち込もうとする統一国家では、
三つの理念はどれも歪んでしまう。 『オリーブの森で語り合う』

posted at 14:31:54


■□■□■□■

天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論

独立系ファイナンシャル・プランナーだから言える、タブーの無い政治経済や生活、家計の情報を提供します。


1月22日より有料ブログメールマガジンを開始!詳細はこちら



<リンク>「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」


■出版関連


$天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論


【成甲書房からの内容紹介の転載】

 そうだったのか!マネーと民主主義、すっきり分かる!お金の秘密、世の中のカラクリ。とっても重要なのに、あなたはなぜか知らされていません!マネーがどのように生まれ、どのように無くなるのか、どのような性質を持っているのかを理解していますか?複雑怪奇に見える金融システムがひと目でわかる図解解説版。こんなに簡単に読める金融の本は今まで見たことがない!。

 本書ではどのようにしてマネーと民主主義が生まれたのか、社会派ファイナンシャルプランナーの天野氏が、マネーの支配者によって民主主義と経済が操作され、利用されてきたのか、さらにはその克服方法までを分かりやすく記述していきます。


アマゾン・ランキング「一般・投資読み物」部門 第1位


<リンク>頂いた書評一覧


■購入→<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円


■講演、執筆関連

<リンク>講演・執筆・ファイナンシャル・プランニングサービスの依頼や、ご相談について


■HP

<リンク>天野統康FP事務所 初回相談は無料です


■Twitter

政治経済、家計に関わる重要なニュースや分析はTwitterで随時アップしています。

<リンク>Twitter amanomotoyasu