『君を幸せにする会社』 『宇宙とつながる働き方』

天野敦之の近況報告、『君を幸せにする会社』や『宇宙とつながる働き方』に関連する情報などをお伝えするブログです。


テーマ:

恒例の2017年10大ニュースです!

 

10. 過去最高益

 

2008年末に独立起業してから丸9年が経ちましたが、山あり谷ありドラマティックな展開を楽しみつつも、お陰様で過去最高益を達成しました。

とは言えまだまだこれから。目指すビジョンの1%も実現できていません。

ようやく色々整ってきて、ここから加速していける段階になってきました。

2017年のテーマは飛翔でしたが、まだまだ飛翔しきれてない感じ。

2018年はとんでもない領域まで突き抜けます!

 

 

9. 月収100万円稼ぐ人が200名超誕生

 

今手がけている社会変革事業には500名以上の方が参画していますが、今年は月収100万円以上稼ぐ方が200名超誕生しました。

これは僕の力ではなく、素晴らしいリーダーたちの努力の結果です。

2018年は、政府発表の統計では景気回復を示すでしょうが、実態はさらに厳しくなっていきます。特に勢いで会社を辞めた人たちはほとんどが食べていけなくなる。その中で、稼がせる仕組みがあること、真の教育を無料で提供し続けることの社会的意義は大きいと思います。

とは言えこれもまだまだこれから。

僕のビジョンの一つは、年収1億円稼ぐ人を100名育て、彼らが毎年1,000万円を出資して10億円規模のファンドを作り、人を幸せにする会社や、地球と調和する農家、人を育てる学校などにお金を投資し、それによって得た利益でさらに人を幸せにする事業に投資していくような、愛をベースにしたお金の循環モデルを作り、それを世代を超えて継承していくことです。

方法論が確立してきたので、ここから加速していきます!

 

 

8. サルサ on stage

 

facebookにもちょこっと書きましたが、今年は春頃から半年くらい、週一でサルサを習ってました。

もともとダンスは好きなのだけどサルサはきちんと習ったことがなかったので、基礎からきっちり、1曲踊れるようになりました。

そしてなんと、人様の前でサルサを披露することに。

緊張しましたが、ミスなく結構いい感じで踊れました。これは結構快感です。

もっと続けたかったのだけど、レッスンの時間が夜のため、家族との時間を重視して今はレッスンお休みしています。

昼間のレッスンとかあったらまた再開するかも。

 

 

7. 人生初!お菓子作り

 

サルサを人前で踊るのも人生初でしたが、今年はもう一つ人生初の、お菓子作りをしました。

前菜と離婚するまで包丁の持ち方も知らず、初の一人暮らしで料理を覚え、今ではかなり美味しい料理も作れるようになりましたが、お菓子は作ったことがありませんでした。

なぜなら、料理は分量も時間も適当に直感で作れるけど、お菓子は厳密に分量と時間を計らなければならず、面倒臭そうだったから。

でもビジネスパートナーの女性がしょっちゅうお菓子を作ってきて、それが美味しくて、簡単にできますよと言われたので、レシピをもらって作ってみました。

砂糖も小麦粉も使わないヘルシーなお菓子で、結構美味!

2018年は少しバリエーションを増やそうと思います。

 

 

6. 人生が変わる旅

 

12月に8日間、仕事と遊びを兼ねてアメリカに行ってきました。

西海岸は数年ぶり、米本土は1年ぶりでしたが、人生が変わるような充実した旅行でした。

何を学んだかというと、やっぱり愛が最重要なんだな、ということ。

最近はリーダーシップについて探求することが多かったのですが、やはり最後はそこだなと。

本当に愛を中心にものすごいレベルの事業を興すことができるんだという事例を目の当たりにして、固定観念をぶち壊されました。

他にも世界最高峰の統合医療の研究所や工場を視察し、世界の頂点に触れてきました。

一緒に働く仲間たちとの関係性もすごく強固になってきています。

ここから、愛と力を統合し超越した、奇跡を現実化していくステージに入っていきます!

 

 

5. クライアントの成長と発展

 

今は新しいコンサルティングの依頼はお断りしているのですが、以前からお付き合いしているクライアントの皆さんの成長と発展に貢献できることも本当に嬉しいです。

僕がやっていることは、クライアントが自ら成長し発展しようとする流れを止めないようにエネルギーを調えること。

時にアドバイスしたり、介入することもありますが、基本的には場を調和させているだけです。

最近は僕の方が学ばせていただくことが多いです。ありがたいですね。

 

 

4. 社会変革事業がますますグローバルに

 

先ほども書きましたが、僕が手がけている社会変革事業が今年も大きく成長しました。

今は日本と韓国が大きく伸びていますが、ここから日本と韓国が一つになり、アジアを中心に発展し、この成功モデルが世界に広がっていくでしょう。

今年は、統合医療で世界トップのドクターを招聘し、クローズドのセミナーも開催しました。一切宣伝せずに800名の方が参加され、統合医療に対する世の中の注目度の高さを感じました。

最高の人材がどんどん集結しています。本当に楽しみです!

 

 

3. 結婚5周年

 

2012年に挙式して、今年は結婚5周年を迎えました。

こちらも山あり谷ありで何度も危機を迎えつつ、魂の成長をさせてもらっています。

やはり人生で最も魂が磨かれるのはパートナーシップですね。

今年は本当に大変な状況にも陥りましたが、自分が成長することでどんな困難も乗り越えられるんだなと実感しています。

それにしても5周年で行ったシャングリラの和食は美味しかったな。

ありがたいことに僕の両親が定期的に子供達を見てくれるので、夫婦二人の時間も持つこともできています。感謝ですね。

 

 

2. 七五三

 

今年は11月に悠太が5歳になり、陽菜は来年1月に3歳になるので、ちょうど二人とも七五三でした。

9月にスタジオで写真撮影して、11月には別の衣装を借りて両親とともに七五三のお参りをしました。

悠太は前歯が抜けて、永久歯が生え始めています。保育園でも大きい方で、小学生に間違えられます。レゴブロックの組み立ては天才的で、数字の計算も大好きです。絵本を陽菜に読んであげてます。

陽菜はすっかりおしゃべりになって、対等にコミュニケーションできるようになり、自己表現がすごいです。たどたどしく喋るのが可愛くてたまらない。もう何をしても可愛いです。

何より、悠太5歳、陽菜2歳というかけがえのない時間を、たっぷり一緒に過ごすことができるのが本当に幸せです。専業主夫は別にして、こんなに家事育児をしている男性はそういないでしょう。子供を連れて仕事ができるのもありがたいです。

二人とも元気で、ほぼ病院や薬とは無縁で、健やかに成長してくれていて嬉しいです。

 

 

1. 生かされている奇跡

 

そして毎年恒例ですが、やはり生かされていることへの奇跡。

生かされているだけでもありがたいのに、こんなにも楽しく社会を変える仕事ができ、こんなにも豊かに幸せに満たされて生きていられるのは、決して当たり前ではなく、本当にありがたいことです。

定期的に半年に一度、ハーブデトックスで全身を解毒しているので、42歳の今が人生で最も元気で、毎日エネルギーに満ちています。

ただただ感謝ですね。

すべての生命が幸せで豊かでありますように。

2018年もよろしくお願いいたします!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、自分を最高の状態に調え神性に目覚めることが不可欠であり、そのために宇宙を信頼し、宇宙の視点で自分を客観的に眺めることが大切と書きました。

 

そのような基本ができた上で、次に大切なのが、目の前のことに真摯に真剣に取り組むこと。

 

これが結構抜ける人が多い。

 

着眼大局で地球規模、宇宙の視点から物事を考えると同時に、やることは本当に地道に丁寧にやる。

 

この着眼大局、着手小局が大切です。

 

目の前のことに地道に丁寧に取り組む。

 

自分の身体を解毒し浄化して本来の姿に戻し、人と真剣に向き合いながら魂を磨いていく。

 

そしてそのように魂を磨き幸せに生きる人たちを、さらに輝かせ、相乗効果を生むようなチームを作り、結果を出していく。

 

そのような愛のリーダーシップを発揮できるリーダーを育成し、またそのようなリーダーを育成できるリーダーを育成する。

 

それを仕組み化して、スケーラブルにし、社会にインパクトを与えていく。

 

だから面白い。

 

僕はそれを事業にしているけど、別に他の仕事をしながらでもいい。

 

みんなが同じ仕事をする必要はないからね。

 

とにかく、人と真剣に向き合う。

 

逃げない。

 

本当に辛かったら逃げてもいいけど、逃げてばかりいたらもっと大変なことになるよ。

 

AIの時代において、人が担うのは、人と向き合う仕事です。

 

人と向き合い、人と寄り添い、相手の可能性を開花させていく仕事。

 

人間力が問われますね。

 

人間力とは、器の大きさ。

 

別に精錬潔癖な偉い人になれ、ということではなく、一人一人が最高の自分を生きることです。

 

誰かに認められるために他人の人生を生きるのではなく、最高の自分を生きることにコミットして、そのために自分を律し、楽しみながら努力し、成長し続けること。

 

他人の人生を生きない。

 

人が何と言おうと、自分の人生を生きる。

 

自分が何を大切にして生きていきたいのか、を自分で決めて、そう生きる。

 

でもそれは好き勝手生きるというのとはまたちょっと違って、自分の最高の人生を生きるために、自分を律するということです。

 

Lead the self, Lead the people, Lead the society.

 

人を導き、社会を変えるには、まず自分を律すること。

 

自分がどう生きるか、どんな人になりたいかを決める。

 

そして、その決めた人生を生きる。

 

言い訳しない。

 

本当に大切なものを、本当に大切にする。

 

まずはそこです。

 

その生き様が、価値の源になる。

 

USPとか、そういう小さなことではなくて、その人がどう生きているかこそが価値なのですよ。

 

そのような人たちが集まり、調和するからこそ、圧倒的な価値を創造し、お金に換え、事業にすることができる。

 

それと、その価値をお金に換える部分については、優れたビジネスモデルを持つことだね。

 

これも自分で作る必要はない。

 

世の中にある素晴らしいビジネスモデルを使わせてもらうことです。

 

価値をお金に換える部分をビジネスモデルとして仕組み化するからこそ、本来の価値創造に集中することができる。

 

もっと言えば、その価値創造の源である、一人一人が創造性を解放すること、可能性を解放した人たちを調和させることに集中できる。

 

どれだけ意識とエネルギーを集中できるか。

 

結果を出せるかどうかは、能力の差というよりも、集中の差です。

 

そろそろ次回が最終回かな。

 

続きはまた次回。

 

※過去記事を参照しやすいように、ブログにもアップしました。全部読みたい方はこちらへどうぞ。

https://ameblo.jp/amanoatsushi/theme-10104885637.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回までに、今の時代の変化と、これからどうなっているかについて色々書いてみました。

 

そのように着眼大局したところで、着手小局、一人一人が何をしていけばいいかと言うと、とにかく自分を最高の状態に調えること。

 

意識の覚醒。

 

ぶっちゃけて言うと、自らの神性に目覚めること。

 

そこに尽きる。

 

チームとして調和していくためには、まず一人一人が自分自身を調和させ、自分を最高の状態に調え、神性に目覚めることが大切です。

 

そのためにまず大切なのは、掃除だね。

 

もうね、なんかうまくいってないなという人は、騙されたと思って掃除してください。

 

掃除機じゃなくて素手で雑巾拭き。

 

それで場のエネルギーが変わるから。

 

いろいろ学んだりセッション受けたりするのもいいのだけど、とにかくまず掃除しよう。

 

場を浄めること。

 

心を込めて磨くこと。

 

場も、人も、磨くことで美しさを取り戻します。

 

そうやって場を浄めたら、次に大切なのが自分の存在を丸ごと愛すること。

 

みんなね、存在をそのまま愛されたいのですよ。

 

条件付きの愛ではなく。

 

何かができたら愛される、ではなく、存在を愛されたい。

 

だからまず自分自身の存在を丸ごと愛する。

 

でもね、これは身体が毒されているとできない。

 

自分を愛せない人は、いろいろカウンセリングとかヒーリングとか受けたりするけど、まあそれもいいのだけど、相性もあるし、時間がかかるし、何より身体が毒されていたらどれだけ優れたカウンセリングを受けても難しい。

 

だからまず身体を綺麗にする。

 

掃除と同じだね。

 

身体の外と内を綺麗にする。

 

そして栄養をたっぷり与える。

 

自分を愛せていない人って、身体に十分栄養が行き渡ってないことが多いです。

 

まず身体を綺麗にして、たっぷりと自然界の恵みを供給すると、身体が物理的に満たされてきて、不安が消えて、安心で満たされていきます。

 

そうすれば自然に愛が溢れてくるよ。

 

そのためにも大切なのは、不自然なものは食べない、選ばないこと。

 

身体が毒されている状態でどれだけ自分を愛そうと思っても難しいし、どれだけスピリチュアルなことを学んでも意識の覚醒は起きません。

 

身体を綺麗にするためには、不自然なものはなるべく身体に入れず、でも生きている以上は入ってくるので、ちゃんと出す。

 

別にビーガンになる必要はないと思うけど(それが大好きならそうすればいいけどね)、美味しいものは感謝して食べて、入ってしまった毒素はちゃんと解毒できるようになると良いですね。

 

美味しいものを食べるのは人生の喜びなので、それを我慢する必要は無いです。

 

選択の視点は、自然かどうか、調和しているか、美しいかどうか。

 

だから美意識も大事ですね。

 

不自然なものばかり食べてる、という人も、身体を解毒して浄化すれば選ばなくなるから大丈夫です。

 

大自然の力を使って、身体を解毒する。

 

僕は基本的に、薬は飲まないし、病院にも行きません。

 

頑なになっているわけではなく、必要があれば薬も飲むし病院にも行くけど、自分で自分の病気は治せるから、薬や病院の必要性を感じないのです。

 

そのように、自分の健康は自分で守る、セルフメディケーションができるようになることが大切ですね。

 

医者の力を借りることが必要な時もあるけど、何でも医者や薬に頼るのではなく、自分の健康は自分で守り、自分で自分の状態を調える方法を持つ。

 

今医療費が43兆円に達しているのも、何かあったらすぐ医者に頼り、不要な薬や手術を受けているからです。

 

自分の健康を自分で守ることができれば、医療費を減らし、国家財政を改善し、教育や文化にお金を回すことができ、自殺者を減らし、生産力を高めることができる。

 

これが一番の社会貢献です。

 

社会貢献したいという人は、まずセルフメディケーション、自分の健康は自分で守れる、自分で自分を最高の状態に調えることができるようになってくださいね。

 

そして、自分の健康を自分で守るだけでなく、自分の感情を適切に扱い、自分の問題をある程度までは自分で解決できるようになることも大切です。

 

感情を抑えろということではありません。

 

むしろ逆で、感情をちゃんと味わった上で、それに振り回されるのではなく、自分を客観的に眺め、その感情をヒントに自分の成長の機会を見つけること。

 

これはすごく大切なスキルです。

 

感情的になるのではなく、感情を成長に活かす。

 

そのために大前提になるのが、宇宙への信頼です。

 

実は宇宙を本当に信頼できると、感情に振り回されにくくなる。

 

何故なら、すべての出来事は、自分の成長のために最適なタイミングで起きている、と捉えることができるからです。

 

何があっても絶対に大丈夫。

 

間違いなく自分は宇宙に愛され、宇宙に守られている、という根拠のない確信。

 

そう、根拠はいらないのです。

 

すべては完璧である、という考え方を採用すればいい。

 

すると、出来事に飲まれず、感情に振り回されず、自分を客観的に眺めやすくなります。

 

そのために有効なのは、呼吸法と瞑想ですね。

 

マインドフルネスとか、別に方法論は何でもいいので、呼吸法と瞑想を学びましょう。

 

瞑想って、別にお寺で座ってやるものではなくて、仕事をしながら、食事をしながら、歩きながらでもできるものです。

 

また長くなった、そろそろ終わりにしようと思うのだけど、続きは次回。

 

※過去記事を参照しやすいように、ブログにもアップしました。全部読みたい方はこちらへどうぞ。

https://ameblo.jp/amanoatsushi/theme-10104885637.html

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、日本の役割がものすごく大きくなってくる、日本の未来は明るい!ということを書きました。

 

これは本当に日々実感しています。

 

とにかく志の高い素晴らしい若者がたくさんいる。

 

もちろん個々の産業で見たら日本は既に後進国だし、人口は減少していくし、いまだに原発を推進したり水資源を中国に抑えられたりと日本政府の無能ぶりには呆れるばかりなので、日本の未来は暗いという考え方が一般的だと思う。

 

でもこれから経済も社会も大きく変わる中で、日本の果たす役割、日本の精神文化を軸とした新しい経済社会を創るという部分で日本ができることは大きいと確信しています。

 

もちろん日本だけでなく、地球規模で考えないとね。

 

西洋の時代が終わり、東洋の時代へ。

 

物質から精神へ。

 

目に見える世界から、目に見えない世界へ。

 

とは言っても、どちらかを否定するわけではなく、統合の時代です。

 

日本は元々、八百万の神の文化、様々な異教や異文化を受け入れ、それを進化させることに長けてきた。

 

それを活かし、日本の素晴らしさを思い出してさらに伸ばしながら、西洋の良い部分を積極的に受け入れ、進化させていく。

 

特に西洋が優れているのは、仕組み化する部分。

 

日本の精神性だけでは、社会を変える事業としては限界がある。

 

日本の精神性、大和魂をベースにしながら、西洋の仕組み化、ビジネスモデルの視点を統合していく。

 

この、仕組み化し、自動化し、単純化して、スケーラブルにすることは、事業性を考えると極めて大切です。

 

本当に社会を変えるには、一部の人にしかできない事業ではなく、誰もができて結果を出せる事業にしなければならない。

 

その仕組み化ができているからこそ、一人一人は自分を人間として成長させることに集中できる。

 

僕が今なぜこの仕事をしているかというと、たくさんの理由があるけど、本当の意味で世界を変えるインパクトを持っていること、世界を変えるだけのスケーラビリティがあること、が大きいです。

 

事業として考えるときは、このスケーラビリティの視点は絶対に重要です。

 

自分にしかできないことをやるのではなく、誰もができるようにする。

 

よくこれからの時代は、自分にしかできないことをやろう!みたいなことが言われますね。

 

で、必死になってUSPを見つけてSNSで一所懸命に発信して、となるのだけど、そうじゃないんだよ。

 

そんなことをしていたら、ものすごく小さなビジネスになって、物珍しさで一瞬うまくいったりするけど、サステナブル(持続可能)ではない。

 

そうではなくて、大切なのは、本当に社会を変えるだけのインパクト、事業規模を持つこと。

 

そのためにチームを作ること。

 

そのチームの中で、一人一人が個性を発揮し、お互いが好きで得意なものを活かし合い、相乗効果を発揮することが大切です。

 

もちろん、小さくほどほどに好きな仕事ができればいい、という生き方も全然OKだけど、それだと特に今後はかなり厳しくなるんじゃないかな。

 

なぜなら、これからの時代は、本当に人を幸せにする、社会の問題を解決する、美しい世界を創る仕事しか残らないから。

 

もうね、これからすごく厳しい時代に入りますよ。

 

政府統計は好景気を示すだろうけど、実態は、特に個人事業主なんかは本当に食べていけない時代になる。

 

だからこそ、僕たちのように、食べていける力を無料で身につけさせる、真の教育をやる事業が伸びていきます。

 

それに、やはりこの世に生を受けた以上、本当に社会を変革するような大きな仕事がしたい。

 

少なくとも僕は、その方が魂が喜ぶ。

 

で、本当に社会を変えるような事業をしていくためには、自分が認められたい、自分がすごいと思われたい、というエゴがあるとうまくいかないのですよ。

 

これが面白い。

 

まあ無理にエゴを捨てようとしてもうまくいかないので、これも統合だね。

 

つまり愛です。

 

愛のリーダーシップ。

 

と着眼大局したところで、着手小局の話をしていこうと思いますが、長くなってきたのでまた次回。

 

【生命を輝かせて美しい世界を創るための8日間メール講座】

https://55auto.biz/amanoatsushi/touroku/entryform8.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、人の無限の可能性を解放すること、そのような人たちを調和させ圧倒的な価値を創造できるリーダーを育てることができるリーダーを育てることこそが、最大のビジネスになる、ということを書きました。

 

つまりこれから伸びるのは、人を本来の姿に戻し可能性を解放し真に幸せにしていくウェルネス事業と、それができるリーダーを育てることができるリーダーを育てる教育事業、この二つではないかなと思います。

 

特にウェルネス事業は、これから間違いなく伸びます。

 

多くの会社が、既存事業が行き詰まり、ウェルネス(心身の健康)事業にシフトしています。

 

日本では、高度医療に関しては後進国ですが、統合医療に関してはものすごいポテンシャルがある。

 

残念なことに、原発ムラを保護して自然エネルギーの発展を妨げてしまったのと同様、西洋医療を保護して統合医療の発展を妨げる各種規制が強固に存在していますが、ここから大きく変化していく兆しがあります。

 

僕が手がけているのは、まさにこのウェルネスと教育の2つの事業です。

 

それを別のものとしてではなく、統合してやってます。

 

だからものすごく伸びている。

 

この数年で目覚ましい成長を遂げています。

 

でもまだまだスタートもしていない。

 

歴史の教科書に載るような、偉大な事業になると確信しています。

 

そして日々感じるのは、日本の未来はすごく明るい!ということです。

 

だってこの2つの事業は、日本人が得意とするところだから。

 

人を本来の姿に戻し心身ともに健康にしていくウェルネス事業と、人の無限の可能性を解放し調和を生み出すリーダーを育てることができるリーダーを育てる教育事業、この2つに共通しているのは、目に見えないエネルギー、精神世界を扱うことです。

 

大地とつながり天とつながり、大宇宙と一つになり、自らの神性に目覚めること。

 

これはもう日本のお家芸でしょう。

 

寺子屋で教えていたようなことを取り戻していけばいいのです。

 

それをビジネスモデルにし、成功パターンを確立して、世界に発信していく。

 

そのビジョンが明確に見えています。

 

大地とつながり天とつながり、大宇宙と一つになり、自らの神性に目覚めることを、もう一度やっていく。

 

今は戦後教育と食の荒廃によって忘れさせられているけど、本来日本人の魂が知っていることなので、奪われることはない。

 

さらっと食についても書いたけど、これもすごく大事。

 

人は食べたもので出来ているので、人の可能性を解放するには、何を食べるか、何を食べないか、も極めて重要です。

 

人間にとって理想の食事は、日本食だからね。

 

ほら、やっぱりここでも日本ですよ。

 

だから一人一人がちゃんと身体を浄化する。

 

大自然の力を使って身体を浄化すれば、変なものを食べなくなり、自然と調和したものを選ぶようになり、そうすれば企業も自然と調和したものを生産するようになる。

 

一人一人の選択が変われば経済が変わる。

 

でも我慢しながらやっても続かないので、一人一人が本来の姿に戻ることで、自然に無理なく、より地球環境と調和したものを選ぶようになるのがいいですね。

 

そしてそうすると、お金の流れも変わる。

 

消費ではなく投資。

 

より自然と調和し、人の無限の可能性を解放することに貢献する会社に、お金も人も集まるようになる。

 

これが本当の意味でのマーケットメカニズム、神の見えざる手。

 

おそらくこれからは、コミュニティ単位で、地域通貨のようなものが流通するようになります。

 

地域単位というよりは、志を同じくするコミュニティの中で、そこに属する人が提供する商品やサービスの価値交換手段や、成長のための投資手段として通貨が流通する。

 

例えば農業なんかは相当面白いだろうね。

 

完全自然栽培で自然と調和した、作物が本来のエネルギーを放つような農業ができる人には、そうした地域通貨が投資され、発展し、豊かになる。

 

お金がお金を生む強欲金融資本主義ではなく、お金が愛のエネルギーの媒介手段になる。

 

そうすると、国家という単位も今とは変わってくるかもしれない。

 

日本、日本、と言ってきたけど、国家としての日本というよりは、大和魂が残るんだろうね。

 

長くなってきたのでまた次回。

 

【生命を輝かせて美しい世界を創るための8日間メール講座】

https://55auto.biz/amanoatsushi/touroku/entryform8.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、個人が創造性を解放し調和することが不可欠な時代になる中では、力から愛へ、そして統合へとリーダーシップのあり方も根本から変わらる、その中でキーワードは自分との調和、仲間との調和、宇宙との調和で、特に仲間との調和が重要になる、ということを書きました。

 

そして僕自身は、自由な個人が理念のもとに結集する組織が、本当の意味で社会にイノベーションをもたらすと予想しています。

 

もちろん会社組織でもいいのだけど、会社の場合は、どうしても給料を払う側、払われる側という主従関係が生まれがち。

 

逆に、最近流行っている協会のような組織だと、これは逆に受講料を払う側、受け取って教える側という主従関係が生まれる。

 

それならお金のやり取りがないコミュニティのような組織ならいいかというと、もちろん素晴らしい理念を持ったコミュニティもたくさんあるのだけど、そこにいる人たちがお金を稼ぐ仕組み、ビジネスモデルが無いので、本業の合間に参加するような形になり、やはり社会を変えるだけのインパクトを生み出しにくい。

 

だから第四の道、独立した自由な個人が理念のもとに結集し、社会を変えるだけのインパクトを生み出し、利益をシェアして、個人がちゃんと食べていける十二分な収入を得ることができる、という組織を目指していて、それが今形になってきています。

 

ではどうすればそんな組織を作ることができるのか?

 

僕もまだまだ道半ばで、ビジョンの1%も実現できていないのですが、こうやれば実現できるという手応えは感じています。

 

まず絶対的に大切なのが、教育ですね。

 

学校教育という意味ではなく、理念教育、人間教育。

 

人としての在り方を磨くこと。

 

チームとして調和するためには、一人一人が最大限輝いていることが大切。

 

そうでなければ、調和ではなく、ただ群れるだけになってしまう。

 

君子は和して同ぜず。小人は同じて和せず。

 

音楽のハーモニーも、一つ一つの楽器がその音色を最高の状態で奏でるからこそ生まれる。

 

一人一人がベストな状態でなければ、調和は生まれません。

 

だからこそ大切なのは、一人一人の創造性を解放し可能性を最大化させる教育です。

 

逆に創造性を抑圧するような従来型の教育は淘汰されていくでしょう。

 

educationの語源は、引き出すということ。

 

つまりその人の本来の可能性を引き出す教育。

 

だからティーチングよりもコーチングだ、とかそういう小さなことを言いたいのではなくて、どうしたら人の無限の可能性を解放できるかを、もっと真剣に考え、方法論を広く共有していくといいですね。

 

一つのヒントは、身体からのアプローチ。

 

コーチングも良いのだけど、基本的には頭からのアプローチなので時間がかかる。

 

ヒーリングとかで魂のレベルにアクセスするのも良いのだけど、これはヒーラーの技量に依存する部分が大きくて、本当に人の無限の可能性を解放できるヒーリングができる人は極めて少数。

 

最も効果的なのは、身体を物理的に浄化すること。

 

大自然の力を使って、身体を自然な状態に、本来の姿に戻すこと。

 

僕がハーブデトックスに取り組んでいるのもそのためです。

 

で、そうやって身体を浄化するのと同時並行で、実践教育によって人の可能性を解放していく。

 

真の教育は、実践の中にしかない。

 

机上でどれだけ勉強したところでたかが知れています。

 

実践の中で失敗し痛い目に遭うからこそ、人として磨かれる。

 

そしてその時、どれだけ相手と真剣に向き合って、相手の可能性を信じることができるか。

 

そのように一人一人と向き合い、可能性を引き出し、それぞれが輝く場を与え、相乗効果を生み出し、大義のため、大きな理念のためにエネルギーを結集させて、偉業を為していく。

 

それができるのが真のリーダーだと思います。

 

で、大事なのは、そのような真のリーダーを育成していくこと。

 

人の無限の可能性を解放し調和を生み出すリーダーを育て、そのようなリーダーを育てることができるリーダーを育てること。

 

これが会社経営だけでなく、社会全体にとって最重要課題だと思います。

 

最重要課題ということは、それがビジネスになるということです。

 

前に書いたように、社会の困りごとを解決し、より良い社会を創ることがビジネスであり、そのようなビジネスしか残らなくなるからね。

 

特に日本は、残念ながら先端技術や医療などこれから伸びる分野では米国や中国と比べても圧倒的に遅れている。

 

そういう分野では日本はもう勝つことは難しい。

 

というか、もう勝つとか負けるとかが古いけどね。

 

誰かに勝とうとするのではなく、誰かを支えること。

 

そして、本当にこれからの時代に求められる、社会の課題を解決する事業にこそ日本は取り組むべきだし、そこが生き残る鍵だと思っています。

 

つまり人の可能性を引き出すこと、それができるリーダーを育成すること、そこに日本の役割があるのではないか。

 

また長くなったので続きは次回。

 

【生命を輝かせて美しい世界を創るための8日間メール講座】

https://55auto.biz/amanoatsushi/touroku/entryform8.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回、価値創造の源が資本から個人の創造性にシフトする中で、一人一人が創造性を解放し、可能性を最大限に発揮し、神性に目覚めること、そのような個人が調和して相乗効果を生み出すリーダーシップが大切であるということを書きました。

 

もう一つ時代の変化について言うと、やはり技術革新ですね。

 

最近は、AIによって仕事が奪われる、みたいな論調が多くて、確かに今ある仕事の半分が消えるのは避けられないでしょう。

 

でもAIの本質は、人が本来しなくてもいい記憶とか計算とか情報処理などを機械が行い、人は人にしかできない価値創造を担うようになる、ということです。

 

確かに創造性を伴なわない誰でもできる仕事しかしてこなかった人には厳しい時代になる。

 

でもAIの発達によって、人はより本来の力を呼び覚まし、創造性を発揮して生きるようになります。

 

そのような人たちの調和を生み出すのは、人にしかできないからね。

 

基本的に宇宙は、より良い方向へ進化しています。

 

どんな変化も、表面的には色々見えるかもしれないけど、それはその変化の活かし方次第で、自分の人生をより良くするものになる。

 

自分の人生をクリエイトするのは自分自身です。

 

そして、個人が創造性を解放し調和することが不可欠な時代になる中では、会社経営のあり方も根本から変わらざるを得なくなります。

 

例えば、社会的課題の解決やより良い社会の創造を目的としない事業は、もはや成り立たなくなるでしょう。

 

社員が働く意義を感じられなかったり、理念が綺麗事に過ぎないと思われたりすれば、社員は創造性を発揮できなくなり、創造する力のある人材が集まらなくなるからです。

 

これからは、本当に社会の困りごとを解決する、より良い社会の創造に寄与する事業しか残りません!

 

断言してもいい。

 

そうじゃない会社は早急にシフトした方がいい。

 

シフトできない会社は自然淘汰されるでしょうね。

 

そして、管理や監視によって社員の創造性を抑圧するような会社も同様に立ち行かなくなります。

 

愛のない組織は滅びます。

 

多くの大企業が大変な目に遭っているのも、愛を失ったから。

 

いかに愛を取り戻し、社員を信頼し、社員一人ひとりの創造性を解放するかが、最大の経営課題になる。

 

リーダーシップの在り方も変わりますね。

 

力で引っ張るリーダーから、愛のリーダーへ。

 

もちろん力が不要になるわけではなく、力と愛を統合し超越すること。

 

まあこれも僕が10年前から言ってきたことで、今では多くの人が同じようなことを言っているから、真新しいことではないけどね。

 

それを実践している組織も着実に増えてきています。

 

そしてもっと言うと、これからは企業組織ではなく、自由な個人が理念の元に結集する組織が社会を変えていくのではないか、と考えています。

 

かつては資本の集約、知識の集約が価値創造の源だったので、企業組織を作る必然性があった。

 

その価値創造の源が個人の創造性にシフトしたことで、個人の時代になった。

 

でもやはり個人では大きなことはできないし、社会を変えるだけのインパクトを持てない。

 

そう考えると、これからの時代は、自由な個人が理念のもとに結集し、調和し、社会を変えるだけの事業規模、収益性、成長性を持つことで、志を持つ人たちがさらに集まるという流れになっていく。

 

何が楽しいって、僕が今まさにその壮大な実験にチャレンジし、形になりつつあるということ。

 

これはねー、本当に面白い。

 

10年前に僕がイメージしていた愛のリーダーシップ、愛の組織とはまたちょっと違う、それを超越したような組織を作れるのではないかとワクワクしています。

 

そこでキーワードになるのが「調和」

 

ハーモニーを奏でること。

 

調和をもたらすのは、愛です。

 

自分自身との調和。

 

仲間との調和。

 

宇宙との調和。

 

このうち、宇宙との調和を言う人は増えてきている。

 

自分自身の調和も、そういう考え方は増えてきているけど、再現可能な方法論はまだ少ない。

 

そして仲間との調和は、まだまだできている人は少ないし、それができる人を育てる仕組みはほとんど無いです。

 

ありのままで~♪が流行って、それは良いことなのだけど、ありのままで生きてお金を稼ぐのはかなり難易度が高い。

 

だから、ありのままに生きる人たちを調和させて圧倒的な価値を創造できるリーダーが、これまで以上に必要とされていきます。

 

また長くなったので続きは次回。

 

【生命を輝かせて美しい世界を創るための8日間メール講座】

https://55auto.biz/amanoatsushi/touroku/entryform8.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1

 

最近は目の前の人に向き合うことを重視していて、facebookで不特定多数に発信することは控えていましたが、アメリカからの12時間のフライトで時間があったので、少し書いてみました。全8回でお届けします。

 

着眼大局、着手小局。

 

まず世の中で起きている変化を大局的に見ていきたいと思います。

 

今、時代の大変革期と言われますが、具体的にはどういうことなのか?

 

これまで何度も書いてきましたが、ビジネスの本質は、価値創造です。

 

その価値創造の源が何か、と考えると、これまでは資本でした。

 

設備や情報や労働力に投下できる資本を持つ者が、価値を創造し利益を得る。

 

逆に資本を持たない者は自分の労働力を切り売りするしかない。

 

この搾取の構造を暴力革命によって覆そうとしたのがマルクス主義なわけですが、そんなことをしなくてもこの構造は終わりに近づいています。

 

一つは、強欲金融資本主義による自滅。

 

一つは、経済の膨張に地球が耐えられなくなったこと。

 

一つは、情報革命によって個人が力を持ち、資本を持たなくても価値創造が可能になったことです。

 

そしてこれらにより、知識が価値創造の源となる時代になりましたが、知識だけでは本当の価値、つまり幸せを創造することはできないことが明らかになってきています。

 

では何が価値創造の源になるのかというと、それは愛です。

 

知識に加えて、愛こそが価値創造の源になる時代。

 

まあこのことは10年以上前から著書や講演などで伝えてきたことだけど。

 

この愛による価値創造をしていく上でのキーワードが、「調和」だとおもっています。

 

調和とは、まず自分自身の調和。

 

一緒に仕事をする仲間との調和。

 

そして、地球との調和、宇宙との調和。

 

特にこれからは、一人一人の可能性を最大限に発揮させ、チームとして、単純総和ではない相乗効果を生み出していくことが最重要になりますね。

 

今、自分の魂の声に正直になって、或いは単なる逃避として、勤めている会社を辞めて独立する人が増えています。

 

でも残念ながらほとんどの人が食べていけない。

 

そもそも価値を創造する力を持っていない人も多いけど、価値を創造する力を持っている人でも厳しい状態にある人が多い。

 

何故かというと、すべて自分でやろうとするからです。

 

だからやることが小さい。

 

これからの時代は、社会的意義のある、社会の困りごとを解決できる、社会に貢献できる仕事に人が集まります。

 

そうした社会的なインパクトを与えるのは、一人では相当難しい。

 

一人一人が本来の可能性を最大限に発揮し、そのように輝く個人がチームになって、単純総和ではない相乗効果(シナジー)を発揮することが不可欠になります。

 

僕が手がけている社会変革事業は、本当に社会を変える、美しい世界を創ることができるだけの事業規模、収益性、成長性を備えています。

 

だから人が集まる。

 

これは個人のレベルではまず不可能です。

 

Change the worldできるだけのビジョンを見せられなけば、人は集まらない。

 

そしてただ集まるだけでもダメで、単純総和以上のシナジーを生み出さなければならない。

 

だからこそチームの調和が大切。

 

調和するためには、一人一人が本来の素晴らしさを最大限発揮することが不可欠です。

 

今世の中ではスピリチュアルがブームになっていて、現実逃避のために使っている人も多いけど、スピリチュアリティとは本質的には、その人の無限の可能性を解放し、本来の素晴らしさを最大限発揮して、神性に目覚めるということです。

 

自分の可能性を閉じ込めている様々なとらわれを手放して自由になることです。

 

今、多くの人たちが、他人の人生ではなく、自分の人生を生きようとしている。

 

これはすごく良い傾向。

 

でも今圧倒的に足りていないのは、そのように魂の声に従って自由に生きる人たちを、その個性を活かしながら、チームとしての成果を最大化させることができるリーダー。

 

そのようなリーダーをいかに育てるか。

 

そしてそのようなリーダーを育てることができるリーダーをいかに育てるか。

 

一人一人を管理するのではなく、型にはめるのではなく、可能性を最大限に発揮させ、相乗効果を起こし、社会的インパクトを生み出すリーダーシップ。

 

で、これを企業組織ではなく、給料を支払う側と支払われる側という関係ではなく、ミッションを軸に自由で自立した人たちが集まる組織体でやる。

 

これが今の僕のチャレンジです。

 

長くなってきたので続きは次回。

 

【生命を輝かせて美しい世界を創るための8日間メール講座】

https://55auto.biz/amanoatsushi/touroku/entryform8.htm

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。