今回の出産で最も残念なのは、

コロナによる面会・立会出産の制限である!!
















一人寂しく陣痛室へ案内された私。

この時点でまだお昼を過ぎた頃。




子宮口は5センチの開きで先生や助産師さんもお産が早く進むと思っている。




病院「陣痛が強くなっていけば明るいうちに出てくるよ!



って…あと数時間で出てくる??

にわかに信じられないが、順調にお産が進むのであれば別に構わない。







しかし待っても待っても陣痛が強くなってはいかず…

完全に中弛み状態??




痛いは痛いので体力は確実に消耗している。


たまに「あ、これは今までで1番痛い…」と思っても次は微妙な痛み。


そんなのを繰り返し、ベビーの心音も取れたり取れなかったり…




なんか心労も重なってきたよ。









そんな中、担当の助産師さんはずーーーっと側に付いていてくれた。




呼吸を合わせてくれて、労ってくれて。





バースプランに書いた

「夫の立ち会いを希望する。出来るだけ側にいて欲しい。」

の希望を叶えてくれていたんだろうか。





(もちろん立ち会い出来ないのは承知の上で書いたバースプラン)






仕事とは言え何時間も付き添って疲れただろうな…

とても嬉しかった。











明るいうちに生まれてくるだろうと思われた我が子は全く出てくる気配なく、

いつまでたっても腹の中で大運動。





モコモコモコモコ動きまくり、助産師さんを笑わせたくらいだ。




日付をまたぎ、深夜になってやっと子宮口が8〜9センチ。


でもまだ破水もしなけりゃお尻を押されるような痛みもなし!

陣痛だって「いったぁぁぁい」と言えている。






第一子の時は獣になった。吠えた、叫んだ記憶があるので、まだ痛みが強くなると知っている。






明け方になり、やっとお尻が痛くなってくる。

いきみたい感覚がやっと来たと思ったら、これが我慢するのが鬼辛い。



もう歩けなくなる前に分娩台乗っちゃおう!!と
連れて行かれる明け方4:30くらい。





ここに来てグイグイ下がってくるベビー。
膀胱押しまくり、漏らすかと思った…

カテーテル入れられて無理矢理尿を取ってもらう。



これも陣痛とは別に激痛。

もうやだ痛いことばっかりよ!






いよいよ子宮口も全開。
でも、破水は自力で出来なかったので破膜してしてもらう。




もういきみたいたいのは我慢できない!!

遠慮なく獣化している。
お産のクライマックスという感じ!!




しかし分娩室には私はと助産師2人…





早いと思われてたお産は結局長引き、待ちくたびれた?循環器科、小児科、産科の先生たちは、


「生まれんの?」


となかなか来ない。






助産師さんも呼出のPHSを切ると、
「だから呼んでんじゃん!!」
とキレぎみw


リアル現場〜
仲良くしてぇ〜






助産師さんが正しく状況を把握してくれていたので、

先生方到着後、お待たせすることなく出産に至る。


(夜勤の明け方に呼び出された機嫌の悪そうな医師ほど怖いもんはないわw)













お産の痛みって…忘れるもんなんだなぁと実感。

こんなに痛かったっけ?って何度も思った。
誰に何を思われてもいい、我を忘れて獣になった。






結局18時間かけて出てきたのは体重3,708gのビッグベビー。




産道を通ってきたのを実感できるほどのボリューム。

これだけビッグでも吸引しなくて済んだのは、第一子のおかげらしい。


3,494gだったお兄ちゃん、産道を作っておきましたw






ベビーがビッグなら胎盤もへその緒もビッグビッグ。

へその緒も切るのが大変だったらしい。





何故にこんなに育ったのか(笑)








ベビーは心臓に疾患があるとの見立てなので抱っこできず、

循環器科と小児科の先生にすぐ渡されてその場で処置。






触ることも写真を撮ることもできず、先に連れて行かれました…










その後呑気に到着した夫とおしゃべりしながら面会を待ち、

6時間後無事再会お願い









何やら訳の分からないチューブがたくさん繋がってインパクト大。


ちょっと泣けてきたけど我慢してママのパワーを送る。

小さな小さな胸に手を当てて、手当て…










力強く握ってくれたよ




搾乳して届けて、ちょっと抱っこして、くらいしかしてあげられない今。


ママなのに、コロナのせいで面会制限あるし。



同室じゃない寂しさ半端ない。







ゆっくり出来なくていいから一緒にいたいなぁ。









お世話を一切していないので、全裸を見ていないのですが、「女性」という文字がリストバンドにありましたので…



本当に女の子が誕生したようです!!







今は生まれたてなので何もかもが様子見。

気持ちは焦るけど、どっしりと構えていたいです。




転院して来たけど、大丈夫だったね、で、帰りたいと思います!