ミラクルはこんな風に… | フォーチュン・クリエイション ~白尹風あまねの開運ブログ~
2018-12-21 17:37:31

ミラクルはこんな風に…

テーマ:開運ヒント

こちらは、ワンちゃんにまつわるお話(^-^)


クライアントさんからいただいた体験談の一部をご紹介します。



*・゜゜・*:.。..。*



我が家には生後2ヶ月から飼っている13歳の小型犬♂がいます


今年の夏、下痢と食欲不振が酷くなり、いつもと違う様子から、かかりつけの病院で診察を受けました。

数日後、「末期の腎不全(尿毒症も併発)で、すでに腎臓の約10%しか機能しておらず、直ちに治療開始しないと危険な状態…」と診断されました。

人間でいえば透析にあたる点滴治療を、その日からすぐに始めたのですが、検査結果を待っていた数日間で、さらに病状が悪化していきました。


あまねさんから、神域でのセッションのお知らせが来たのは、ちょうどそのタイミングでした。

そのメールに書かれていたことを読んで、心が動き、セッションを申し込みました。


セッション当日、

※「大切な人を失った悲しみの記憶から、不安と恐れがいっぱいになっていること」

※「悲しみ→天への怒り→自虐的な破壊に向かった経緯」

※「その痛みを癒すためにできること」

※「今、愛犬のためにできること」

などの具体的なアドバイスと、愛犬も含めたヒーリングをして頂きました


セッション中、

「私、過去にそれやってるわ…」
「本当にごめんなさい…」
と、すでに認める自分がいました(^_^;)


上手く言葉に出来ないのですが、

そう感じた瞬間、ふ~っと、一気に、悲しみや恐れの感覚から解き放たれていくのを感じました。


それまで支配されていた、「私の与える食事や治療がこの子の命を握っている…」という勝手な思い込みや恐れは消え、

「全てを天に委ねます。今、私にできる最善の方法をどうか教えてください。天の望みとこの子のために、どうか私をお役に立ててください」と、穏やかに祈れるようになりました。



セッション後、
日々の治療はもちろん、あまね先生から頂いたアドバイスをやりまくっていたら(*^_^*)
病院の先生や看護師さんが驚くほど、血液の数値が改善していました。

腎臓機能そのものが元通りになったわけではありませんが、その後もメキメキと元気になり、軽めのお散歩、得意のイタズラ(^_^;)もするまでの回復ぶり。


今回、神域でのセッションを受けさせていただくことで、痛みを癒すチャンスを頂きました。


あまね先生オススメの映画も観てみました。

今を共に楽しみ、
困っている人を救い、
大好きな人を舐め(*^_^*)
過去をいつまでも悲しまず、
未来を憂いもしない
ただ「今」を共に生きることの
喜びが詰まった、素敵な映画でした。


今世をもう少しエンジョイしたいと思っている?この子と、
犬年生まれの私のコラボで「ワンダフルライフ」をさらに充実させていきたいと思います。



*・゜゜・*:.。..。*


↑↑↑
体験談はここまで(^-^)



ペットとのお別れの日は、いつか来るとはわかっていても、実際にその時が近づくと、とてもつらい気持ちになる方も少なくないようです。


また、飼い主さんの心のありようが、そのままペットに伝わって、それがいろいろな現象を招くのも、また事実です。


今回のケースは、飼い主さんが無意識に持っていた怖れと罪の意識を溶かすことで、ワンちゃんの体調がみるみるよくなっていきました。


具体的な対処法として私がおすすめした他の方法は、

・エドガー・ケイシー療法で使われるヒマシ油を舐めさせること

・できたらヒマシ油で湿布かマッサージをすること

・私が皆さんにお薦めしている『木の花咲くやの姫美人水』をたくさん飲ませること

などなど。


映画はある意味「おまけ」でおすすめしましたが、
フィクションではあるものの、「とっても氣が楽になるだろうなぁ~」と感じ、おすすめしました。


ワンちゃんと一緒に観たそうで、それはきっと、ワンちゃんにとっても楽しい体験だったのではないかと思います。



実際、とても気持ちが晴れたそうで、その後、このワンちゃんはメキメキ元気を取り戻していったようです。



大好きな飼い主さんが、明るく楽しそうにしていると、ペットたちは幸せに感じ、安心します。

その逆もまた、しかり。



「笑う門には福来たり」と、昔から言いますが、それは本当です。

ミラクルを呼び込むコツのひとつは、いつも「ゴキゲン」なあなたでいることなのです(^-^)

Amaneさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]