毎日暑い日が続く日本。

朝早い時間か、夕方の時間をねらって外に出ないともうバテバテになるので

娘の日々の活動をどのようにしようかと考える日々ですうーん

 

こんなに暑いから、やっぱり水遊びが良いだろうな…と思い。

最近、近くの児童館で水遊びを公開しているので行ってみました。


 

実はこの児童館、徒歩圏内であるもののぎりぎり「区外」エリアになるため、まだ行ったことがなく今回が初めて。




 

シンガポールぶりに水着になる娘。

児童館のちょっとしたベランダのような場所にプールを置いているのですが

上には屋根があるため直射日光は当たらず暑さをしのげてとても良い!ニコニコ

ここにきて、娘を水着にさせて…何か反応するかなと思ったら

しずかに黙々と着替え、しずかにそのままプールへ。娘が場所見知りをしたところを見たことがないネザーランド・ドワーフ

水で遊べるおもちゃもたくさんあったので、新鮮だったのか娘はとても楽しんでいました。

 

と、ここでこの日私はとっても嬉しい思いをしました。

 

というのも、区外の児童館に来てみて初めて、

自分の区内の児童館の雰囲気と違うことに気づく。

区によって多少なれど人や施設の雰囲気が異なる。。あせる

ここの児童館、遊びに来ているママもかなりフレンドリーで優しい人が多い印象で。

たまたまなのかもしれないけれど、なんとなくいつも自分が行く区内のママよりも

話しかけやすいような気がする。。。

 

なんとなく、その場に行けば挨拶をして話をする「ママ知り合い」はできても、

帰国してから4ヶ月、色々話したり、情報交換したり、一緒に何かをしたりする「ママ友」は近所にはいない私。

なんだかどこまで話しかけて良いか分からない雰囲気がみなさんあるんです。。。真顔

 


そんな私ですが、この日同じように男の子を水遊びさせに来ていたママと話す機会があって。

子供の動きが自分の娘と同じくらいに見えたので月齢を聞いたらちょうど1ヶ月違いだったので

「月齢が近いですね!」なんていう話に。

そこまでは普通の会話だったのですが、

 

その人「娘さんのお名前なんて言うんですか?」

私「〇〇です」

その人「えー由来は!?」

私「字画が良かったのと、外国人にも読んでもらいやすい名前が良くて」

その人「え、ご主人は外国人の方ですか?」

私「いやいや日本人です!海外で生まれたので…」

その人「え、どこですか!?」

私「シンガポールで」

その人「えー!私バンコクーー!!!」

 

なんとその方もバンコクからの駐在帰りの方でした!

同じアジアからの駐在組で帰国した人は、近所には全くいなかったのでびっくり。

聞いてみると家もすぐそばで、子供たちの年もほぼ一緒でいろいろな共通点があり。

これはこれは!とお互い大盛り上がりラブラブ

シンガポール話やバンコク話、どこの国への旅行が良かったとか、お互いの国の出産&子育ての話とか…

やはり似たような経験をしているので話が尽きず、

後半は子供たちの昼寝タイムにママトークでかなり盛り上がりました。

正直本帰国してから、ここまで色々と話ができた近所のママは初めて。

なんだかとても嬉しい気持ちに。やはり持つべきものは友!クローバー

そして本帰国組って何だかやっぱりホッとする。こんな出会いができたことに本当に感謝した日でした。