誰かじゃなくてぼくが君にできること | 妄想キャリブレーション 雨宮伊織オフィシャルブログ「雨のち伊織ちゃん」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション 雨宮伊織オフィシャルブログ「雨のち伊織ちゃん」Powered by Ameba

妄想キャリブレーション、紺色担当!雨宮伊織のまいにちです。


テーマ:
47都道府県ツアーの初日から今日でちょうど一年みたいです。最終公演が終わってから二週間経ったのに、週末はまたいつものハイエースに乗って身一つでライブに向かってるんじゃないかな、と 抜けきれない気持ちでいます。
ものすごくしんどくてもう諦めようと思った日とか、どうしようもなくやるせない気持ちになった日とか、お腹かかえて涙出るほど笑った日とか、まじで不思議なんだけど全部素敵すぎて眩しい。振り返ると全部が綺麗に見えるの何でですか?
最初は慣れなくて、眠れなくて、辛かったハイエースでの移動も、今となってはむしろ醍醐味だった、なんて思えるんですよ。みんなで騒いだり、歌ったり、疲れ果てて重なるようにぎゅうぎゅう詰めで寝てたり。ライブ終わり、みんなでSAでご飯を食べるのが好きでした。夏はハイエースから何度も花火を見ました。車内が少しずつ私たちのもので飾られていくのが可笑しかった。ダッシュボードにはリラックマが、後部座席にはテテちゃんが常連さんになりました。
ファンの方がいつも各地で撮っていてくださっていた伊織推し集合写真を、いつも遠征先のベットの上で楽しみに待っていました。
私に特別をくれてありがとう。
完璧じゃない私をいつも支えてくれて、伊織としてステージに立たせてくれてありがとう。
一年間どんな日も常に私のモチベーションは目の前にいるみんなでした。それが全てでした。
妄想キャリブレーションは5人で、ダンスフォーメーションも歌割りも複雑で、1人が欠けると正直ワンマンライブは成立しません。解散や脱退が尽きないこの業界で何の心配もなく100%信頼できるメンバーがいることってもう奇跡に近いことだと思うんですよね。そして最後まで丁寧に私たちの夢に力添えをしてくださったスタッフさん方。うまくはいかなかったこともたくさんあったけど、素敵な人達に囲まれてお仕事をできたことが幸せでした。
ツアーが終わってから、ゆっくり毎日を過ごす中で、好きなものや興味があったことに触れられる時間が増えて、挑戦したいことがたくさんです。ふと、次はどこ公演だっけなんて考えて、あ、終わったんだって思うことがまだ、ありますけど、ゆっくりすこしずつ綺麗に思い出にしていけたら素敵ですよね。
やっぱりアイデアと移動距離は比例しているみたいです。私の頭の中、今が一番、混雑するほど楽しいことで溢れてるからね。

おやすみなさい

妄想キャリブレーション 雨宮伊織さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース