ポリエステル着物の静電気は柔軟剤で減殺! | Fymicaの 超かんたん着付け、着物スローライフな日々

Fymicaの 超かんたん着付け、着物スローライフな日々

      5分で着られる今様小袖のFymica(フィミカ)が
      お届けする着物のおはなし

ポリエステルの着物は、静電気がスゴイのが困りもの。

 

 

とはいえ、雨の時とか、

シチュエーション的に絶対汚しちゃうぞ!な時は

私もポリエステル着物に頼っちゃう事もしばしばです。

 

 

これもお気に入りのポリエステル着物ラブラブ

 
 

 

 

でも、すーっごく静電気が来ますよね?

 

 

私も昔は悩まされました。

 

 

長襦袢にぴとーっとくっついちゃったりしてあせる

 

 

まとわりついて歩きにくくなるし。

ホコリが集まってくるので、全体的な薄汚れになりやすいし。

 

 

 

そうならない絹の有り難さを再認識したりもしたのですが、

やはりお手入れのしやすさという点において、

 

ポリエステルの着物や長襦袢はとっても素晴らしい

 

と思うのです。

 

 

 

ちょっと位汚しちゃっても、もみ洗いですぐ綺麗になるし、

洗濯機で洗えちゃうし。

 

 

ためしに長襦袢も着物もポリエステルとか、

片方だけポリエステルとか色々試してみましたが、

 

ポリエステル素材の物を使ったら基本アウト

 

でした。

 

 

 

そもそもポリエステルはマイナス帯電しやすいので、静電気は防ぎようがないと。

 

 

参考記事:静電気が発生しやすいコーディネートって?

 

 

 

実は本当に身に付ける物全部、

下着までポリエステルだったら静電気は発生しにくい筈なんですが、

裾除けや足袋の素材がプラス帯電しやすいナイロン系とか、

冬だったらタイツとかはいちゃってると、摩擦で

アウト

 

なんですよねー…

 

そもそも静電気はお肌の水分が少なくなる冬に発生しやすい物でもありますしあせる

 

 

 

となると、静電気除去スプレー、

エレガードとか頻繁に使うしかないのかと思っておりましたら、

もっと簡単な方法が有りましたドキドキ

 

 

 

柔軟剤

 

 

 

洋服でも柔軟剤を使っているとパチパチ来ないですが、

もちろん着物でもその効果は発揮される訳でして。

 

 

そもそも何で柔軟剤が効果的なのかと言いますと、界面活性剤のお蔭クラッカー

 

 

柔軟剤は界面活性剤で布地をコーティングするものですが、

これにより布同士の摩擦を下げて、静電気の発生を抑えているのです。

 

エレガードとかも実は界面活性剤を吹き付ける物だというのは、

成分表示で一番最初に記載されている事からも分かります。

(アルコール分の蒸発に合わせて一瞬で放電させる物でもありますが)

 

 

 

私、基本的にお洗濯で柔軟剤は使わないのですが、

これを知ってから、ポリエステル長襦袢のお洗濯の時には

界面活性剤の含有量の多い下着用洗剤を使ってます。

 

 

一般的には界面活性剤の含有量の少ない方が良いのでしょうけど、

なにせ

 

目的は界面活性剤

 

ですから口笛

 

 

 

真ん中の長襦袢に柔軟剤(界面活性剤)の効果があると、その上の着物、

その下の裾除けなどとこすれても

静電気が発生しない(しにくい)
のですよー音譜

 

 

これは良いやー。

 

 

長襦袢は絹で着物はポリエステル、という場合は

肌襦袢・裾除けと着物に柔軟剤を使われると良いと思いますウインク

 

 

 

これでもたまーに、静電気来たー!って事もありますが、

そういう時はエレガードゲラゲラ

 

 

少なくとも、まとわりついて大変!

なんて事からは解放されます。

 

 

是非一度試してみて下さいね。

 

 

 

 

 

お問い合わせ
ご質問や、ご感想、お問い合わせは→こちらからお気軽にどうぞ


FymicaのHP
Fymicaの今様小袖 ~imayokosode~