川岸宏吉オフィシャルブログ「amahoro MUSIC」

西アフリカのハープ=コラを中心にイノチが歓ぶ音楽をクリエイトしています。


テーマ:


amahoro MUSIC-水源地古民家

昨日は葉山の水源地近くにあるなんとも素敵な古民家を訪れた。

この古民家で5月にコンサートが行われる。

そのコンサートを主催してくださるコンサート・パル・はやまの方々と

下見も兼ねた梅見の会を楽しませていただいた。


ここは何処!?今はいつ!?

葉山に住んで16、7年になるが、こんなところが葉山にあるなんて知らなかった。

古民家は勿論だが、そのロケーションが本当に素晴らしい!!!

その土地全体が小山の中腹にあるのだが、そのひときわ小高い土地にその古民家は建っている。

裏の雑木林がまた見事だ。季節の移り変わりに応じて千変万化する様が脳裏に浮かぶ。

奥の方にはミツバチの巣箱やシイタケ栽培用の種木が立てかけられていた。

家の前には何種類もの梅ノ木があり、五分咲き程度ではあったが、可憐な花を咲かせていた。

下を見るとあちこちにフキノトウが・・・


「なんて豊かなんだろう!」

まさに里山そのものだ。


僕は群馬県高崎の出身だが、三歳から五歳の頃まで

茅葺の古民家に住んでいた。

その頃の想い出は今も僕の宝物。

今でも色褪せることなく、当時のいろんなモノや匂いと共に

僕の中で息づいている。

春になって咲く一面の菜の花畑、ちょうど僕の背丈程だったから僕の目の辺りにまっ黄色の菜の花が・・・

夕暮れ時に遠くから聞こえてくるお寺の鐘の音、庭をせわしく駆け巡る鶏の声、

畦道に建つお地蔵様とお供えのお餅やお米、

雨の後の竹林の匂い、

近くの川原で叔父に釣ってもらった魚を安全カミソリで割いてもらって天ぷらにしたときのこと・・・

時折、物乞いの人がやってきたな。

土間に立って「何か食べさせてください」って悲しそうに呟いた声を今でもはっきりと憶えている。

おばあちゃんとよく縁側で日向ぼっこをした。

僕は“ひろ坊!”って呼ばれていた。


まさに三つ子の魂、百までの喩えのごとくもう半世紀も過ぎても鮮やかに僕の一部になっている。


昨日はそこでお昼をいただき、コラを試奏させていただいた後、

いらしてくださった方々とその家のオーナーの方々にご協力をお願いし、

いま制作中のCDの中の一曲のコーラスの録音を行った。


なんとも陽気で楽しい大合唱が録れた。

仕上がりが楽しみである。


お忙しい中、東京から録音のために駆けつけてくれた森田ご夫妻、この曲の作詞をしてくれた美和ちゃん、

コンサート・パル・はやまのみなさん、そして古民家のオーナーの池田さん、

本当にありがとうございました。


コンサートは5月14日を予定している。

その頃の景色はまたさぞ美しいことだろう。

今から本当にワクワクしている。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はバレンタインデー!!!


このブログを読んでいらっしゃる男性諸君は今年はチョコレートをいただいたかな!?

それが本命チョコにせよ、義理チョコにせよ、プレゼントされるのはやはり嬉しいものですね!!!

でも、バレンタインデーに女性から男性へチョコレートをプレゼントする習慣がある国は

世界中で日本と韓国だけだって知ってましたか。

他の国々ではみんな男性から女性へバラの花とかをプレゼントするんですって。


先週の2月10日は新宿高島屋4階にある「サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ」で

サロンの主宰者でいらっしゃる今田美奈子先生 のお話しとコンサートだった。


最初に美奈子先生のお話しがあった。

テーマは「バレンタインにちなんだ愛のお話し」

バレンタインデーの起源から始まり、天台宗の大阿闍梨にお会いした時のことなどを静かに優しくお話しくださった。

その大阿闍梨が仰るには

「みなさんは他のどのような厳しい修行より皆様は結婚という大変な修行をなさっている・・・」とのこと。

なるほど・・・と納得させられた次第だ。


育った環境も性格もまるで異なる二人の男女が一つの家で生活を営み、日々を過ごしていく・・・

これは中々のことだ。ある意味で価値観と価値観のせめぎ合い、綱引きのようなものだ。

お互いに鍛えられもするし、磨かれもする。

どのような磨かれ方をするかも様々だし、きれいごとばかりでは済まされないことも多々ある。

他では出さなくてもよい弱みや痛みを認識させられることも勿論ある。

まさに修行といえば大いなる修行なのかもしれない。


それでも、ある歳月を共にし歩んでいくことの尊さと有り難さを日々感じさせられるこの頃だなぁ・・・・

そんなことを美奈子先生のお話をお聞きしながら思っていた。


美奈子先生のお人柄から醸し出されるバイブレーションは本当に素晴らしく、

周りの人たちを優しく穏やかな気持ちにしてしまう。

まさに“無為にして人を化す”である。

この日も、静かな声で淡々とお話しされるが、みんなシーンとして先生のお話しに聞き入っていた。


美奈子先生のお話しの後、コンサートとなった。

コラはとても明るく柔らかい響きを奏で、

お客様もとても温かい雰囲気で聴いてくださっているのが

こちらにびんびん伝わってくる。

僕は落ち着いて静かな気持ちで演奏に集中できた。

全六曲四十分弱の演奏だったが、とても濃い時間のように感じられた。


コンサートの後はランチタイムに。

えり抜かれた素材を丁寧に調理したフランス料理のフルコース。「うまぁい!!!」

乾杯のシャンパンも美味しかったな!!!


実はコンサート前日になんとオスマン・サンコンさん が演奏を聴きにいらっしゃるというお知らせをいただいた。

サンコンさんは西アフリカのギニア出身でコラは故郷の楽器、是非演奏を聴きたいとおっしゃるのだ。

サンコンさんは美奈子先生と古くからのお友だちで、コンサート前日にたまたまサロンを訪れ、

コンサートのことをお聞きになったという。

ちょうど、そこだけ時間が空くのでということで、多忙な中での来訪となった。


そこでランチの後、サンコンさんにお話しをいただき、再び演奏タイムとなった。

サンコンさんからはコラの歴史や現地での使われ方など、大変珍しいお話をお聞きすることが出来た。


僕は三曲演奏させていただいた。

二曲はオリジナルでラストはイマジン。

アフリカのトラディショナルではなかった。


サンコンさんは静かに聴いてくださっていた。

とても歓んでくださっていたが、僕の演奏スタイルがアフリカ的奏法から程遠いせいか、

「アグレッシブでパワフルだねぇ」とあの人懐こい笑顔を満面に湛えながらコメントしてくださった。


僕のコラについて、このようなコメントをいただいたのは初めてだったので、ちょっとびっくりした。

しかし、よく考えてみるに確かにアグレッシブなのかもしれない。

日本の三味線や鼓といった伝統楽器を従来の奏法と全く違うやり方で演奏しているのを

日本人が聴いたら同じように感じるだろう。


僕はコラに出会った時に「これは一から自分で紡いでいく楽器だ」って直感的に思った。

何故かそう思ったのだ。


実際のところ、セネガルを発つ前日にコラに出会ったので教えてもらう時間は全く無かった。

コラを譲ってくれたマリ出身の若者からチューニング方法だけを教えてもらって帰ってきた。


それ以来の全くの独学なのだ。

僕はコラに対して自分のバランス感覚だけを頼りに今日まで向かい合ってきた。


どういうわけか曲が先に出来る、いつも自分のテクニック以上の曲が出来る。

その曲を弾けるようにと一生懸命練習する。その連続で今日まで来た。


先生や辿るべき具体的な道が無いということはある意味自由だが、

孤独といえばこの上ない。時々、進むべき方向が分からず途方にくれることも度々だ。


しかし、自分の魂がその道を歩むことを選んでいるのを僕は気づいている。

それはきっと自分の中にあるであろう普遍性を求めての旅なのだと思う。


しかし、最近になってコラがもともと持っているアフリカの伝統的な奏法を身につけたいと思うようになってきている。

いつの日か、そうした伝統曲を演奏してみたい。

サンコンさんにも是非その演奏を聴いていただきたいと僕は思っている。


本当に和やかで充実した豊かなひと時だった。

いらしてくださった皆様、

このような素晴らしい機会を与えてくださった美奈子先生、スタッフの皆様、

美奈子先生を紹介してくださり縁を繋いでくださった武田はるかさん

そしてご多忙な中、聴きにいらしてくださったサンコンさん、

本当にありがとうございます。



amahoro MUSIC-美奈子先生、サンコンさん、はるかさんと

左から川岸、美奈子先生、サンコンさん、武田さん



amahoro MUSIC-美奈子先生と

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。