川岸宏吉オフィシャルブログ「amahoro MUSIC」

西アフリカのハープ=コラを中心にイノチが歓ぶ音楽をクリエイトしています。


テーマ:


魅惑の壺



今日は午後から日吉にあるヤマハの音響室で近々制作する環境音楽のための録音を行った。


楽器は友人の健人君が自作したユニークな楽器。

写真中央に見える丸い鐘のような物がその楽器だ。

マレットまたは指で叩くとなんとも美しい音色がする。

構造的にはスリットドラムに似ている。

音階はブルーノート、つまりブルースの音階である。

エレピやビブラフォンには出ないなんとも魅力的な音だ。

なんとこの楽器の素材はプロパンガスのボンベを元に製作されたものだ。

見た目にもとても美しい。

素敵な台の上にでも置けば立派なインテリアにもなる。


その音を僕の憧れのマイクロフォンDPA4041のステレオで録った。

驚くほど美しく繊細な音で録れる。

細やかなニュアンスや空気感が見事に再生されているのにっくびっくりだ。

マイクひとつとってもこんなに音のニュアンスが違う。


こうした美しい音が更に又創作意欲を刺激する。

僕の心のキャンバスにはここにあの音を入れて、あれをからませて・・・

と次から次にアイデアが湧いてくる。


新しい音楽はもう始まっている。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


ano ano

峰ちゃん演奏中 カリンバ
今年は本当に制作と録音の日々だ。

自分自身のアルバムやコラボ作品の制作、企画モノ・・・

その他に友人のミュージシャンの録音もやらせていただいている。

四月から始まった民族楽器のデュオ“KURI ”のアルバム制作、

これは現在続行中なので後日レポートしよう。


この連休5/3~5はオカリナ奏者の堀田峰明氏 の録音。

場所は東京の大塚のスタジオ“ano ano”。

録音機材一式を持ち込んでの三日間だった。


堀田氏とは“虹のひびき ”で数年間を共に活動した。

当時彼はまだ慶応大学の学生だった。

みんなに“峰ちゃん”と呼ばれている。

とても演奏能力が高く、安定したプレイを聴かせてくれる。


今回のレコーディングはオカリナではなく親指ピアノ“カリンバ”のアルバム。

彼の演奏スタイルはいわゆるアフリカ的なリズミカルなプレイではなく、

メロディを強調した彼独自のモノだ。

この“カリンバ”でオリジナルの他、童謡やアイリッシュ民謡やバロック等を弾きこなす。

そのプリミティブな響きと繊細な音選びが独特の世界を生み出している。

そのカリンバだけを使ったアルバム制作だ。


静寂な空間の中にいるのは峰ちゃんと僕の二人だけ。

黙々、淡々とレコーディングは進んでいった。

それは通常の録音というよりはどちらかといえばメディテーション。

彼はは息を整え、心を鎮めて演奏に向かう。

僕はヘッドホンをし、レコーダーのスイッチを押す。

聴いているうちに時折、意識がなくなって別世界にいるのに気づく。

音は鮮明に聴こえている、しかし顕在意識は眠りに近いのだ。

彼の響きと意識がそのまま伝わってくる。

彼は本当に静寂を大切にしている。



三日間とも昼になると峰ちゃんの奥様の美保子さんがランチを届けてくださる。

なんと彼は新婚なのだ。

やわらかくやさしい味・・・元気をいただいた。

美保子さん、ありがとう。


昼食とコーヒータイムの他はほとんど録音・・・まさに三昧の日々だった。

三日間で十数曲を録り終え、これで終了というときに

峰ちゃんが椅子に体を投げ出してカリンバをポロポロ爪弾きだした。

音が伸びやかに響いている!

僕はこれを録りたいと思った。

「峰ちゃん、そのままでラクーにやってよ」と言って僕はレコーダーのスイッチを押した。

キモチイイ!なんともいえぬ時空の広がりがそこにはある。

次から次へと思いつくままに演奏してもらい、即興もプレイしてもらった。

その中になんとも可憐なメロディとリズムの曲が生まれていた。

”♪新婚ホヤホヤ♪”と名づけたくなる曲だった。


すべてを録り終え三日間のレコーディングは終わった。

とても静かで充実した時間だった。

峰ちゃんの音楽に向かう真摯な姿勢も素晴らしかった。

そして最後にいただいた時間・・・それはまさにプレゼントだった。

力を出し切り、手放した後に訪れるモノ・・・

「修行ですね」と冗談交じりに彼は呟いた。

そう!それはある意味では修行・・・それも楽しみながらできる修行・・・

なんと有難いことか。

好きなことをやりながら気づき、向上していく・・・

本当に有難いことをさせていただいている僕たちだとつくづく思う。


峰ちゃん、お疲れ様!これからもどんどん素晴らしい響きを奏でていってね。

ありがとう。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

異色プロジェクト“INFILL”の活動開始に伴い、
楽曲の無料ダウンロードを開始しました。

「音楽って暮らしの一部だよね!」
プロデューサーのキムさんの何気ない言葉に共感し、
ミュージシャンとして参加することになったクロスメディア・プロジェクト“INFILL”
それはプロデューサーのキム氏
クロースアップ・マジシャンとして日本のみならず、海外に活躍の場を展開している前田知洋氏
そしてミュージシャンのHiroの三人からなる。

一見何の関わりも無い三人が去年の暮れに意気投合し、始まりました。
“INFILL”とは“空間を満たすもの”という意味。
四月より活動を開始しました。
具体的には建築隔月雑誌モダン・リビング に前田氏がご自身の体験を基に、
ハウス・リノベーションの連載記事を書き、Hiloがそれに呼応して楽曲を制作し、
発表していくというものです。
この企画は一年を通してのもので、楽曲は合計6曲ということになります。

4/7よのMODERN LIVING INFILLのサイトhttp://www.ml-infill.com/
またはiTunes Storeの検索でHIROYOSHI KAWAGISHIまたはMODERN LIVINGと入力していただけば楽曲に行き着きます。
無料でダウンロードしてお聴きになれます。
曲のタイトルは“Dandou”
ユニークな言葉たちにメロディがつき、音楽になりました。
クールなビートに乗って歌われていく言葉の響きを感じてくだされば嬉しいです。

ちなみにiTunesではアップロードして以来、今日まで圧倒的なダウンロード数を記録しています。
どうぞ聴いてみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。