おせち問題 ※追記あり

テーマ:

今年のおせちと、義母のお雑煮STORY

で書いたように、


取材で知ったポジティブドリームパーソンスのおせち

2016年のお正月に初めて購入して感動し


2017年も引き続き購入


今年も、と思ってたのですが、

今年のメニュー発表を見てびっくり


ここ


ブーブ・グリコのシャンパンが

国産ワインになったのは

日本のワイン農家をバックアップするため、

というのはわからなくないけど


このおせちを買う理由だった

三の重のお気に入りが


ことごとくなくなっている。


4種のドライフルーツも、

胡桃とイチジクのパンも

エシレバターも



{1D5D6FE3-5614-4F7E-A2F8-1AA2514696B3:01}


ダンナはこのパン

(あまりにおいしいので、どこで入手できるか聞いたら

このおせちのための特注で

市販してないことが判明)

エシレバターをこんもり塗り、

ハーフドライのドライフルーツをのっけて食べるのを

お正月のゴールデンタイムにしてたのに



{14BAEE68-77AD-4C3E-A5B2-8DCD579DC1DB:01}


私も、フォアグラムースをこのパンにのせて

シャンパン飲むのを

楽しみにしてたのに


{0FE30AD3-EC5C-46EB-98C5-C132CCFED51F:01}


去年も、(4人分だから)多いなあ、と

食べきるのに苦労した記憶があり


あれが無いんだったら

3万5千円出して買う理由はないよね、五月女風14


ってことで見送り。


で、似たような

「和洋折衷おせち」

「デザート付き」

でネットで探してピックアップしたのが、


博多久松の「おせちAkasaka 」(1万7900円)


楽天なんとか大賞とか
いろんな賞を受賞していて
人気があるらしい・・

ギラギラしすぎのサイトのデザインセンスには
ちょっと引いたけど


確かにすごいボリュームで
品数が多い


ダンナに見せたら、スイーツ3種付きというのに
ひかれて、
「これでいいんじゃない?にひひ
と。

しかし待てよ、
よく考えたらこのボリューム、
後半持て余し気味だった去年と同じ、
いやそれ以上では?五月女風22


正月2日くらいまでには
食べきれる量にしたい、


とも思い、
手堅く、婦人画報のおせちも検討

「和一段」(2~3人前/1万5000円)

まあこれなら、間違いないだろう栗林くんキラキラ

と思いつつ

「一段じゃ、一瞬で終って
やっぱり元旦から台所に立たなくては
いけないのでは五月女風14

という不安もぬぐいきれず・・・

ブロ友さんがブログで太鼓判を押していた
オイシックスのおせち に決定しました。

※追記
こちらの記事です。

2017年のおせちはOisixの翠玉と高砂でした。嬉しいおまけも♪


ブログで紹介されていた食べ物屋さんに
何軒か行き、
はずれがひとつもなかったから、
たぶん、味の好みが似ているのだろうと。
(温泉の好みも似てる)

というわけで、おせちも注文でき、
12月の仕事も少しずつ入ってきて
年末進行の波もひたひたと押し寄せて

今年もあっという間でしたね、

という気分になってます・・・

ああああ
ドーラのカレンダーの写真セレクトもしなくては!






 




AD