抜けるような青空。日差しと気温はもう夏のようですね。

5月18日(土)2時から、ピッコロシアター中ホールで“劇団うりんこ”による

「おじいちゃんのちいさなひみつ」の舞台鑑賞例会です。

 

100人の60歳以上の方から聞いた「子どものときの楽しかった思い出、悲しかった思い出」を組み合わせ、4つの季節のお話にまとめた作品です。劇団うりんこが世代を超えて共感し、楽しんでもらえるお芝居づくりをめざして作った舞台劇で、子どもと大人が一緒に観てもらいたい作品になっています。

 

大人が自分の子ども時代を子ども達に語る機会は、なかなかないと思います。このお芝居を通して、大人世代はなつかしさと同時に伝えておきたいことをあらためて思ったり、子ども達は大人にも子ども時代があり、共感できる部分がたくさんあることを感じてもらえれば、すてきな心の交流が生まれると思っています。

 

一般チケット:親子ペア2500円、子ども1000円(3歳以上有料)、大人2000円

事前に尼崎子ども劇場までご連絡下さい。

 

尼崎子ども劇場会員は会員チケットをお渡ししています。ぜひご家族も誘って参加して下さい。