PL-75 わかさ

2019年6月20日 神戸港









G20大阪サミットに関する警備の為
大阪湾に派遣、神戸に寄港中の巡視船
いわみ型5番船 PL-75 わかさ です

第八管区海上保安本部
舞鶴海上保安部に所属します

1000トン型巡視船としては最新型、
昨日紹介のくにがみ型のコストダウン化を
主として設計されたのが本船型です

主な違いとしては、
航空機運用能力の省略、
フィンスタピライザーの省略、
機関の低出力化が行われました

本船型では救難能力に重点を置き
設計されているのも特徴、
高速警備救難艇は1隻多い2隻、
高速複合警戒艇も2隻搭載されています
また陸岸曳航能力45トンという
曳航能力にが付与され
大型船の救難も行えます

本船型では先述の通り、
曳航作業を想定し後方の視界確保の為に
2本ファンネルとなっているのも
外観上の大きな特徴です

残念な事に
救難能力を重要視して設計された為に
近年の厳しい領海警備には適さないとして
現在は建造停止、
くにがみ型の建造が再開されています
しかし、沿岸警備用としては
十分な能力は有りますから
今後の増備も有るかとは思います




くにがみ型 PL-09 くにさき (門司)
いわみ型 PL-75 わかさ(舞鶴)
はてるま型 PL-69 こしき(鹿児島)
の3連メザシ


いわみ型巡視船
PL-75 わかさ

艦種 1000トン型PL

運用者 海上保安庁


要目

総トン数約1,250トン

全長92.0メートル (301.8 ft)

最大幅11.0メートル (36.1 ft)

深さ5.0メートル (16.4 ft)


主機

ディーゼルエンジン×2基


推進器

スクリュープロペラ×2軸


出力8,000馬力

速力21ノット以上


乗員定員 42名、若しくは40名
実乗員 約30名


兵装

30mm単装機銃×1基


搭載艇

高速警備救難艇×2隻
高速複合警備艇×2隻


FCS

FCS射撃指揮装置(30mm機銃用)


レーダー

対水上捜索用、航海用


光学機器

遠隔覧視採証装置

赤外線捜索監視装置(FCS兼用)


その他

遠隔放水銃×1門
停船命令表示装置


2015年2月16日就役

三井造船玉野事業所にて建造