『かみさまとのやくそく』

テーマ:

ニコニコ十三駅近くにあるシアターセブンにて『かみさまとのやくそく』というドキュメンタリー映画を観てきました。

産婦人科医の先生と、人の輪廻転生や前世、スピリチュアリティを研究されている教授、幼児教育の専門家、そして胎内記憶を持つ子供さんたちのインタビューや体験を撮影したものです。

 

赤ちゃんがお母さんのお腹の中に来るまで、そしてお腹からこの世に産まれて来るまでの「胎内記憶」が紹介されています。胎内記憶を持つ子供さんが意外と多くいて、その子達の話や描いた絵によると皆には共通した記憶があり、「あの世」と「この世」があること、そして「魂」と「肉体」の存在があることを認識させられます。

 

私たちは自分で、お母さんそして兄妹をもあの世で選び、神様に送られて来るようです。

テレビか鏡のようなモニターに映されたお母さんを見て「この人!」って決めるんですって。

お母さんを選んだのにすぐにあの世に帰ってくる子もいます。でもこれはお母さんの責任ではないのですね。

赤ちゃんが短命を選んでお母さんに大きな学びや愛の認識を与えるという目的があるようです。

あの世に帰ってきた魂は優先順位が上ですぐにまたお母さんを選んでやってくるっていうので、心が温まります。

私のように独身や子供を持たない人はその人に別のお役目があったり、赤ちゃん魂から人気がありすぎで

神様が決めかねたという話もあります。(私、取り合いされているんだと思うことにします。「あの人、おっかないな~やめとこう、」と思われていそうな気もするが。。。)

私たちは、自身で人生を選んだ責任と、人も自分もしあわせにする使命目的を持ってこの世に生きています。

 

良いことも悪いことも自分で選んだことだという気づきはとても大切だと思います。

自身に降りかかった事象は、私が招いたこと。

そう考え、文句を言わずにこの世で肉体を持つゆえの楽しみ、痛み、いろんな感情や感覚を恐れず毎日1ページずつわくわくしながら冒険したいものです。

 

☆十三のシアターセブンはあっとホームなミニシアターです。「心」「スピリチュアル」などを

 テーマにした映画も多く放映されています。

 スタッフの方もすごく親切で、何回か利用させてもらっていますがいつも満たされる1日となります。

http://cinema.eonet.jp/theater/detail?id=1001963


多くの子はお母さんの胎内に入る前の世界をこのように描く。大仏さまのような神様がいらっしゃると。