雨樋修理に火災保険は本当に使える?

 

大雪や台風や強風で雨樋が飛んでいってしまったり、折れ曲がってしまったりした場合は保険に申請すると保険金で修理が出来るということです。

 

実はあまり知られていないのですが・・・。

 

火災保険というと火事の時しか適用されてないと思っている方がほとんどだと思いますが、このような時も問題なく利用することが出来るのです。

ちなみに3大損保会社といわれる会社のホームページを確認してみると各々しっかり表記されております。

損保ジャパン日本興亜  

 

   

 

東京海上日動  

 

  

 

MS&ADインシュアランス グループ 

 

  

 


この3社や民間の損保会社では修理費用が20万円を越えると全額保証(¥199,999-までは自己負担)してくれるといものが多くあります。


雨樋の破損や歪曲(曲がり)の場合は、修理するのにあたり建物に足場を設置しなければ作業ができないので、家全体に足場を掛けると20万円という金額は超えてしまうので自己負担金をかけることなく綺麗に直ります。

 

また上記とは違い火災共済(全労済・全国生協連 等)にご加入の場合は保険の仕組みが民間企業と異なります。

全労済

  


例えば、「住宅の損害額が20万円を超え50万円以下の場合は支払い限度額は10万円」というような縛りがあります。

 

これは元々の保険の掛金が民間のものと比べて、圧倒的に安いものになっておりますので仕方がないのです。

 

といっても、自然災害で生じた雨樋の破損で火災保険が使えるのは間違いないので一度保険証券を確認してみてはいかがでしょうか?