ドクターズバッグ





2007-10-16 20:17:17

テニスの(バックハンド)スライス、中級者がよく陥る勘違い、今の打球はフラット?スライス?

テーマ:テニス

テニス初心者は、テニススクール、テニス雑誌、テニス教則本、試合観戦

などを通して、技術を磨き、知識を溜め込んでいきます。

初心者、中級者、上級者と分けやすいのがテニスの面白いところなのかもね。

やはり中級者ともなると初心を忘れがちになるものです。

そんな中、今日は精神面ではなく、どちらかと言えば技術面に関してお話したいです。


中級者ともなると、試合運び、相手の球筋、相手の打ち方など、

ある程度頭の中で予測できるようになってきます。


ここに落とし穴ができ、ある勘違いが・・・


相手の打つ瞬間をしっかり見なくなってしまうのです。

ついつい、自分が打つ瞬間のボールに集中してしまいます。

この点だけで言えば、初心者に戻ってしまった、とも言えるかも知れないですね。


相手が放ったボールはネットスレスレを通過し、低い角度(鋭角)でコートに着地

と同時にボールがコート上を滑りました。


ここで10人の中級者のうち、何人かはこう言うのです。


「今のボールはスライス?それともフラット?」


でもこのように聞いてくる方はまだいいほうで、

とんでもない事を言う人が中にはいます。


「強烈なスライスは拾い難いよ!」


ここで10本ある頭の中の配線の1本がブチッと切れます。

そしてこう叫びたくなるのです。


「ボールの着地ではなく、打つ瞬間を見てれば、球種はわかるでしょ。」

「今のはバックハンドは

 フラットだよ、スライスじゃない!」

「打った本人が言うんだから、間違いない」


これだけ言っても納得しない方がたまにおられます。

*因みに私はテニスコーチではありません


さてここで中級者の大きな勘違いが

「スライスは滑る」

「滑るボールはすべてスライス」


ストロークにおけるスライスとは

ラケット面でボールのかわをけずるように、ラケットを振り下ろし

引っ掛けたボールに逆回転を与えながら、相手コートに押し出す

とでも言っておきましょうか。

中級者ならこんな事説明するまでもありません。


必ずこう言います

「そんなこと知ってるよ」

ただし何故ボールが滑るのか説明できないんですね。


ではボールが滑る原理を述べたいと思います


まずその前に重要なボール性質を


すべてのボールは着地した瞬間、順回転になろうとする


そうです、

無回転のフラットだろうが

逆回転のスライスだろうが

順回転のトップスピン(ドライブ)だろうが

すべて着地した瞬間、順回転に変わろうとします。

*まあ順回転の場合、元々順回転がかかっているんだから、変わる必要はないんだけどね


何も問題がなければ、すべて素直に順回転に変わります。


何も問題がなければね。


でもある状態でコートにボールが着地した時に

大問題が生じるのです


それが滑る です


ではその問題とは


どんな状態でボールがコートに着地した時におこるのか?


答えは最初の文章にあります


そうです、

ネットスレスレネットスレスレを通過し、

低い角度(鋭角)でコートに着地


無回転又は逆回転でボールがコートに着地


この時ボールに何が起こっているのか?


ここで重要なフレーズを思い出して下さい。


★すべてのボールは着地した瞬間、順回転になろうとする


でしたよね♪


この二つを総合して考えてみましょう。


無回転または逆回転でコートに着地したボールは

一瞬ですが無回転の状態でコート上にいることになります


その時です、その瞬間です。


さてここからボールさんとボールを押し出すさんの会話です。


ボール

「さあ、今コートに着地してぼくは無回転の状態だよ」

「すぐに順回転に変わってコートから跳ねるから

 それまでまっててね、力さん」

力(ちから)

「すぐに順回転に変わってくれないと困るんだけど」

「君が順回転にかわるまで待ってられないよう。」

「今すぐ君を押すからね、ボール君」


とまあこんな具合、

待ちきれなくなった押し出す力(ちから)君は

ボールを押してしまいました。


そしてボールは滑ってしまいました。


もうお解かりでしょう

逆回転のボールでなくても滑る ということが


ボールが順回転になって跳ねるまえに

押し出されてしまった、そして滑ったわけです。


確かに低い弾道のスライスはよく滑ります。


それは単に逆回転のボールの方が

滑りやすい、滑る確立が高い、滑る現象を増幅

しているということです。

無回転のフラットだって滑る時がある ってことです。


ここで1つの疑問が

スライスがネット上50~100cmを通過し

高いところから鈍角にコートに着地すればどうなるのか


ボールは滑らず順回転になって跳ねてきますよね

ただし、逆回転で後に戻ろうとする力が着地の瞬間なくなる為

ゆっくり(フワリ)と着地、と同時にスピードを上げて跳ねてきます。

これが一般に言うところの、のびて来るスライス。


物理的原理は永遠に変わりませんが

テニスの定石と言うものはラケットの発達と共に

変わってきました。


昔習った常識は全く役に立たないどころか

プレーヤーの上達をも妨げる時代となってしまいました。


例えば

「ジャンプしながらボールを打ってはいけない」


近代テニスではこれは間違い


昔、芸能人のテニスの大会だったかな?

織田裕二が出てまして

それをTVで放送してました。ゲストには有名な

プロテニスプレーヤーのヨハン・クリークが出演

そこで織田祐二の打ち方を見て

ワンポイントアドバイスをお願いしますと司会者が言った。


「君は飛び跳ねながらボールを打っている」

「ボールを打つ時は、

 しっかりと足をコートに付けて打たなければならない。」


このアドバイスは

日本のテニスコーチが昔から言っていた事なんですが

近年、こういったアドバイスが

中級者を金縛りにかけ

中級者の上達を阻害している

と言われ始めたのです。


テニスマイテニス


口コミから広まったインターネットスクール

私もテニスコートで知り合いから教えてもらいました


何をやっても上手くいかなかった人



無料会員登録をして

10回メルマガを読むだけでも


10の間違いを詳しく読むことができます。

テニスの常識、今と昔を知る事ができます。


上達の糸口がつかめると思いますよ。


おかしな勧誘メールは1通もきませんから


ご安心下さいね♪



あなたのグリップは大丈夫!?マイテニ流「グリップ」の握り方でスピード上達!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-07-09 04:10:00

速報!ウインブルドン2007男子シングルス決勝R.フェデラー VS R.ナダル

テーマ:テニス

2007年7月9日午前3時25分(日本時間)

3時間45分の激戦のすえ、

ロジャー・フェデラー5連覇達成、ビヨン・ボルグ以来の達成となる。


最初にフェデラーが第一セットでブレイク

昨年と同様、フェデラーがストレートでナダルを下すのかと思いきや、

すぐさまナダルがブレイクバック

その後ナダルのリターンエース、ストロークエース、パッシングが

面白いように決まり、

アウトに見えるボールがいきなりストーンと落ちる

ナダルの必殺技「エッグボール」が大事なところで決まり

流れはナダルへと傾いていった。

気が付けばセットカウント2-1と

フェデラーに流れが戻ったのかと思えば

内容は7-6,4-6,7-6

フェデラーがタイブレークで何とか耐え凌いでいる状態

ナダルがストレートでフェデラーを下してもおかしくない試合内容だ。

その後第4セットをナダルが奪い

ウインブルドンのセンターコートで初めて

芝の王者をファイナルセットへと引きずり出した。

今年のナダルは凄い、サイボーグのような動き、

いつものようにフェデラーがナダルのコート、

ベースライン一杯に深く、

しかも角度がつけ難いセンターへボールを送ると

そこからナダルがクロス、逆クロスへとエースを取りに来る。

リターンエース、ストロークエースだけでなく

パッシングもよく決まる。


●そして迎えたファイナルセット

最初にナダルがブレイクポイントを掴んだが

ここから芝の王者の快進撃が始まった。

サイボーグのようなナダルの動き、

さらに上をいくフェデラーの動きに感動!!!

フェデラーのリターンエース、ストロークエース、ボレーが決まり始めた

ゲームカウント5-2となったところで迎えた第8ゲーム、

フェデラーがアドバンテージ、掴んだブレイクポイントは

そのままチャンピョンシップポイントとなり

死力を尽くしたフェデラーがゲームカウント6-2で

ようやくファイナルセットが終わりました。

常に、赤土の王者ナダルが芝の王者フェデラーを押していたのが、

終わってみればまたしても芝の王者が勝利

しかもボルグ以来の5連覇達成とは

来年は前人未到の6連覇か?


お互いに攻撃的なプレイで

歴史に残る決勝戦となった。

っと、その前に

こんな名勝負、どうして録画しておかなかったんだろう。

一生の不覚だよおぉ~~~


あなたのグリップは大丈夫!?マイテニ流「グリップ」の握り方でスピード上達!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-24 01:01:01

伝統的指導法があなたのテニスを金縛りにする!!!

テーマ:テニス

テニス

みなさん、中級者の定義とは一体何でしょう。

これを説明し始めると、とても長くなります。

十人十色、何処までを中級者と呼ぶか見解の相違があります。


そこでSimple Is Best に従い

初級~中級者の中で


テニスコーチの説明を9割以上理解できる人


こういう方達をあえて中級者と呼びましょう。


そこで、中級者の悩みと言えば、何と言っても


いつまでたっても上手くならない、

頭では理解できるのに、体が動かない などでしょう。


でもちょっと待って下さいよ、問題はすべて

あなた自身にあると言い切れるでしょうか。

大きな原因の一つは

伝統的指導法によって

金縛りにあっている という事です。


メモ

イースタン・グリップが主流だった頃、こんな練習法が・・・

ラケットを握手する様に持ち、手首とラケットの角度を90度にして

動かないように、紐などで縛り上げた状態で練習をします。

これは伝統的指導法の一つ

ラケットと手首の角度はいかなる時も90度を保ちなさい

決してラケット・ヘッドを下げてはいけません。

この教えを身に付ける練習法として考え出されました。


現在このような練習方法をする方は、ほとんどいないでしょう。

でも、ボレーの時はラケットと手首の角度は90度

この言葉は未だに多くのテニス・コーチが使います。


テニス

昔のラケットは木製、表面積66スクェアインチ

今のラケットは合成素材、表面積95スクェアインチ以上

材質・構造共に進化を続け

スイート・スポットはボールよりも大きく

このポイントから外れてもボールは相手コートへ返ります。

昔ながらのいいフォームでなくても

それなりのいいボールが打てるのです。

ストロークのグリップはイースタンより

セミウエスタンやウエスタンが主流となっています。


ひらめき電球

ところで

皆さんを金縛りにかける

伝統的指導法は、他にもたくさんあります。


そんな伝統的指導法のウソ・ホントを唱えて

いまや、会員数2万人以上の

インターネット・スクールがあります。


無料オンラインレッスンに申し込むと

1回1話のレッスンをメールで7回配信


必要でなければ、有料コースに申し込まなければいいのです。


ここで伝統的指導法のウソ・ホントのいくつかを

教えてもらって、実践してみましょう。


無料オンラインレッスンを受けるだけでも

実践で役立つ事が一杯

自分の為だけではなく、人に教える時に役立ちますよ♪

↓気さくな創設者の笑顔も見れますよ!

●テニス上達ならこのページ!

 運動神経なしセンスなし練習時間なしのあなたでも、
 たった「30分」で上達できる5つの教え!

 ↓ただいま 20,378人 が実践中です↓
テニス上達ならこのページ!運動神経無し、センス無しのあなたでも30分で上達できる!インターネットテニススクールmytennis.jp(マイテニ)



フラッグ最近のラケット選びについて

みなさんはラケットを買い換える時、どのような基準で選びますか。

フェデラー・モデル、ナダル・モデル、サンプラス・モデル

といった上級者モデルに惹かれたりしますよね。

でも、毎日テニスをしている人なら、あまり問題はないのですが

週1~2プレーヤーにはちょっと不向きです。

確かに10本中、1~5本のスーパーショットを打てるでしょう。

中級者モデルにはない、ハードヒットの快感を

味あわせてくれることでしょう。

しかし、ショットが安定しなかったり、

攻撃力ばかりで、守備の面で問題が生じたりします。

それだけならまだしも、体調不良の時など

ラケットの性能に体がついてゆかず、体を痛めたりもします。

最近ではそれらを防ぐ為に

女性用上級者モデルを奨めるテニスコーチがいます。

科学の粋を集め、進化してきたラケットは

もはや女性用と言えないほどの性能を持っています。

一度プライドを捨てて

女性用中・上級者モデルを使ってみてはどうでしょう。

確かに弾丸のようなショットを打つ快感は薄れますが

とっても楽ぅ~に打てますよ♪


宝石緑テニス最新記事はこちら




日本全国のテニス愛好家へ!テニス上達なら「マイテニTV!」
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-08-07 01:05:22

炎天下でテニス8月6日

テーマ:テニス

晴れテニスメラメラ土・日曜日はテニス曜日

焼け付くようなハードコートでテニス

私のおでこにはバイオ・サンバッテリーが内蔵されていて

太陽の光を吸収し、エネルギーに変えてくれます。

なんてのは冗談ですが

流石に仲間達も暑かったようで

2日ともダブルスの試合ばかりしていました。

ダブルスの試合ならば、ハードな動きが少ないからです。

去年までの私ならば

動きの少ないダブルスなんて大嫌いだったのに

そろそろ年でしょうか

私もダブルスの試合の方がいいなあ

なんて思うようになってきました。


晴れテニス2年前までは壁打ち練習で毎年夏になると

5~10個のボールを割っていたのに

去年は1個も割る事ができず、今年も0個です。

ボールを割るなら今からが旬なんですよね。

温度が高くて、ボール内の気圧が上がっているから

割れ安いんですよね

でも割る為にはトップスピンの練習を炎天下で

ブロックの壁に向かって15~30分はフルスイングしないといけない。

今はそれだけの体力がなくなってしまいました。


テニス激しいテニスをした次の日にスーパーへ行くと

私は「ワンピースのルフィー」状態

肉のコーナーを見ただけで発作が起こってきます。

肉をよこせ~~~メラメラってなるんです。

体が要求しているんだと思います。

肉の質や味なんてもどうでもいい、とにかく1回500gは食べますね。

次の日も300gは食べます。

味付けはシンプル、塩コショウのみです。

でもこれを続けてると血液がドロドロになってしまうからでしょうか

肩こりがひどくなってくるんです。

それで最近肉の替わりに牛乳、大豆製品、竹輪、蒲鉾にしています。

これで何とか発作は収まるのです。


宝石緑テニス最新記事はこちら


船私が唯一TVで楽しみにしているアニメは「ワンピース」

現実離れしてるけど

あんな生き方をしてみたい

なんて思ったりしながら見ています。

ある掲示板で知り合った方の中に一人だけ

「ワンピース」を熱く語り合える方がいます。

○○○さん、このブログ見てますか。。。


ではでは星

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-07-17 01:07:54

炎天下でテニス

テーマ:テニス

テニス今日は炎天下、午後2時から5時までテニス

頭の中にまだ太陽が残っているみたいで

とても音楽の記事など書けそうにありません。

それでテニス・コートでの出来事でも書こうかと。


テニス隣で3人の小学生が軟式テニスをしていました。

よく見ると結構上手いじゃん。

「君ら、どこの学校なの」って聞いたら

「MGM」って言いました。

どうやら市内の有名なクラブらしい


テニスこちらの連れ合いの一人が

「そんなの知らねえな」って口を滑らせたら

小学生の一人が曰く

「あのオレンジの子は全国大会へ2回も行ったんだよ」

それから彼をよく観察してみたら

身長130cm位しかないし、体もキャシャなんだけど

とんでもないストロークやスマッシュを打っている。

ここら辺の中学校のクラブに所属している奴らより

ずっとか上手いやないの。

あんな小さくてキャシャな体から

どうやって中学生並みのハード・ヒットが生まれるのか。

普段から解ってはいるが

やっぱ、スピードを出すのは

力やない、タイミングやねとつくづく思った。


テニス一人の小学生が一緒に打って貰えますかと言ってきた。

ありゃりゃん、やっぱ頭の中は小学生だね。

いっちょう、教えといたろうか。


「あのな、公式のラケットで軟式のボールを

どれだけ強く振ってもスピードは出やんのや、

また軟式のラケットで公式のボールをフルスイングすれば

折れる事があるから気をつける様にな


テニス小学生は素直に納得していた。

まだまだ小学生やから可愛いもんやね。


テニスしかし何べん見ても

あの小学生のリスト・ワークはいいねえ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。