ドクターズバッグ





2010-01-03 02:05:00

ロンドンの椿姫様、Mehenaz様、くっきーず様、コメントありがとうございます。

テーマ:コメント

久しぶりのブログ更新でコメントをいただきました。


以前にもコメントを記事にしたことがあったので、「コメント」と言うテーマがあります。


ロンドンの椿姫様

私もこの「千鳥の曲」、ずっと以前からYouTubeで探していました。

元旦に筝曲をYouTubeでアップするようになってから、今年で3年目になりますが、

実は最初の年から「千鳥の曲」をアップする予定だったんです。

それが1年目、YouTubeで検索しても見つからず、2年目も見つからず、

結局2年続きで代わりの曲を用意する形となってしまいました。

今年のYouTubeでアップした「千鳥の曲」のタイトルに注目して下さい。

伝統音楽デジタルライブラリーとなっているではありませんか。

シリーズ化して、これからもたくさんの伝統音楽を紹介していくんでしょうね。

中国ではこういった伝統音楽をYouTubeで紹介する活動が以前から盛んでした。

日本もようやく重い腰をあげる形となりましたが、今後が楽しみです。

山田流筝曲「岡康砧」が見つかれば、すぐにでもアップしたい気持ちでいっぱいなのですが、

こちらの筝曲は秋の風情を唄ったものなので、秋まで取って置くつもりです。

ロンドンの椿姫様も、これまで以上に日本文化を海外に紹介して下さることを願っています。

今年も宜しくお願いします。


Mehenaz様

お互いやっぱり日本人ですね、

本当に琴の音色が心に染み入ります 。

がしかし、私もメタルが今でも好きです。

海外のお気に入りはやっぱりAC/DCでしょうか。

ところでご心配下さり、ありがとうございます。

実は一昨年の9月に、要介護3の母が駐車場で落ちて入院、

今年の2月に、潰れた背骨は完治したものの、病院でリハビリを拒否し続けたため、

ついにリハビリパンツに戻れず、紙オムツをつけたままになってしまいました。

現在は老人ホームのロングステイであずかってもらい、

毎週出る洗濯物を取りに行き、また届けに行くという生活が続いています。

しかしながら基本的にロングステイなので、滞在期間が3ヶ月を超えてくると

一度自宅に戻るか、別の老人ホームを探さなければなりません。

私は「一度自宅に戻る」を選択したのですが、この期間が1ヶ月以上必要。

1ヶ月以上の自宅滞在がないと、元の老人ホームには戻れません。

今年は7月15日~8月15日と11月20日~12月20日の二回自宅に戻っています。

これがまた仕事の忙しい時期と重なり大変でしたが、

ケアマネージャーさんの計らいで何とか無事に乗り切ることができました。

そんなわけでブログの更新が途絶えるばかりです。

今年もブログの更新が途絶えがちになることが多くなると思いますが、

新聞に載るようなことだけは何とか避けたいので、頑張ります。

今後とも宜しくお願いします。

ありがとうございます。


くっきーず様

「千鳥の曲」、私も初めて聴いた時は、

特に気に入ったわけではありませんでした。

というか、弾き唄いという物を好きになれませんでした。

「日本古来の歌唱法についてゆけなかった」と言った方が正しいかも知れません。

だから気に入った弾き唄いの曲があると、わざわざ手事のみの演奏を探したものです。

何度も何度もFM番組表で気に入った弾き唄いの曲を捜し出して録音し、

やっとの思いで手事のみの演奏を録音した時は嬉しかったものです。

 (解り難い説明だったと思いますので、付け加えますね。

 私の言う手事のみの演奏とは、弾き唄いから「唄い」をなくした全曲演奏のことです。)

それが何時の頃からか定かではないものの、弾き唄いを聴くようになっていたのでした。

ここ数年、弾き唄いの曲をわざわざ選んで聴くこともありました。

今では歌詞の方も風流だなあなんて思うようになり、そろそろ私も「トシ」でしょうか。

でも未だに熱く燃えるロックスピリッツは残っていますよ。

また機会があれば、七宝・彫金の作品を紹介させて下さい。

「トラ年の決意」

どうか頑張って下さいね。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2010-01-01 10:01:01

気品と伝統美の調和 筝曲「千鳥の曲」

テーマ:音楽・純邦楽
平成22年 元旦
あけましておめでとうございます


音楽好きのみなさま、
私も含め、多分みなさんは普段から洋楽に系統する音楽に囲まれて
昨年一年間を過ごされてきたことでしょう。
それ故に日本の伝統美と言う言葉を耳にすることはあっても
そういった音楽に身を投じる機会は、皆無に等しかったのではないでしょうか。

日本人であることを忘れないために、
今年もこのブログで日本の伝統美を見つめ直してみませんか。
気品と伝統美を兼ね備えた逸品をYouTubeでどうぞ!

伝統音楽デジタルライブラリー 箏演奏 「千鳥の曲」


曲目は筝曲「千鳥の曲」
この作品は「六段の調べ」と同じくあまりにも有名で、曲名は知らなくても
和風レストランや旅館等で一度は耳にしたことがあろうかと思います。
元旦ともなれば、スーパーやデパート等で聞く機会がどんどん増えます。
しかしながら、それらのほとんどは手事のみであり、弾き唄いの部分がありません。
*手事とは?洋楽風に言えばインストルメンタルのこと
そこで弾き唄いの部分がある全曲演奏を聴いて頂きたいと思います。

ところで私はこういった有名な作品を嫌う傾向にあり
ましてやこのようにあちこちで鳴らされる曲は、さらに嫌う傾向にあります。
何度も何度も無作為に聴かされると、私の中で作品が壊れていくからです。
これも一種のトラウマと見るべきなのでしょうか?

しかしこの筝曲「千鳥の曲」はこういった傾向から大きく外れていくのです。
あちこちで聞けば聴くほど、聴き入ってしまいます。
そして心が和みます。

生田流筝曲で一番好きな曲はと聞かれれば
たぶんこの「千鳥の曲」と答え続けることでしょう。

今年もどうぞ宜しくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。