ドクターズバッグ





2009-03-29 18:18:18

モーツアルトとコラボすれば金色の風が吹くアーティストさん Ⅱ

テーマ:絵画
モーツアルトの音楽とコラボできるアーティストさんと出会い、
この上ない幸福感を頂いたことにとても感謝しています。
またくっきーずさんと出会わなければ、この企画の記事は生まれなかったのですから、

この場を借りてもう一度お礼を言わせてください。

くっきーずさん」、ありがとうございます。

ところで、今回のことがきっかけで、
モーツアルトとコラボすれば金色の風が吹くアーティストさん 、
他にもいらっしゃるのでは・・・と考えるようになり、
今までブログで出会ったアーティストさんの作品を眺めてみました。
そしてあるアーティストさんの作品群からひとつの言葉が飛び出してきたのです。
その言葉とは・・・、曲線美
言葉そのものは月並みですが、いままで出会ったことのない曲線美。
マティスの曲線美もすばらしいけれど、彼の曲線美は静的です。
ところが彼女の曲線美は動的であり、とてもリズミカルなんですね。
それで彼女の作品とコラボするモーツアルトの作品は舞踊的なものをと考え、
ディベルティメント第17番 K334を聴きながら、彼女の作品群を眺めてみました。
う~ん、どうもしっくりこないなあ・・・と思いながら
いつものようにお気に入りのひとつを眺めている時、突然閃いたんです。

彼女とコラボするモーツアルトはこの曲だ!
大胆で繊細かつリズミカルな彼女の曲線美にはこの曲を!!

突然閃いたK番号とは、216、ヴァイオリン協奏曲第3番、
第1楽章4分の4拍子でありながら、3拍子なのではと錯覚させるほど舞踊的です。

ではまず、
K216をインスパイアーさせる彼女の作品を見ながら、第一楽章を聴いて下さい。
そして残った第2楽章・第3楽章を聴きながら、彼女の作品群を鑑賞したいと思います。
アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪


アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪
アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪

これらの作品はすべて水彩画となっています。
彼女は油絵も描くそうですが、メインは水彩画だそうです。
この素敵な珠玉の作品を提供してくれた方はブログも書いておられます。

彼女のブログはこちら5年絵日記

他にもたくさんの作品を描いていらっしゃいます。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2009-03-29 18:01:36

協奏曲1:フルートとハープ アマデウスが独断と偏見で選んだモーツァルトの名曲(迷曲?)19

テーマ:音楽・クラシック
アマデウスが独断と偏見で選んだモーツァルトの名曲(迷曲?)ようやく再開です。
残り4曲の記事がなかなか書けず、長い間放置状態でした。いつから放置していたのか?
2007年7月12日の記事「アンサンブル5・・・名曲(迷曲?)18」からでした。

フルートとハープのための協奏曲 K299は一度記事にしています。
その記事はこちら「ユーモアたっぷりハイドン&悪戯が過ぎたモーツァルト Ⅱ


Flute K299は世界遺産的な名曲?
フルート協奏曲、ハープ協奏曲って
ピアノやヴァイオリンに比べると名曲が少ないです。
特にハープ協奏曲は、ヘンデルのハープ協奏曲変ロ長調Op.4-6が有名なくらいです。

ところがモーツアルトは、
音色のかけ離れたフルートとハープと言うの組み合わせで
異例の二重奏曲を作曲してしまったんですね。
でもモーツアルト特有の、音同士がぶつかってより高い音を生み出す倍音効果が
しっかりと効いた名曲中の名曲、にも関わらず人気度が低いのは残念なことです。
この曲は協奏曲としてだけではなく、フルートとハープのアンサンブルの妙を楽しめる、
この世に2つとない世界遺産的な協奏曲と言っても過言ではありません。

このような異色の組み合わせで名曲を作ってしまったモーツアルトは
やはり天才と呼ぶべきなのか?

いえいえ、そうではないですね。

彼にとってフルートとハープが作り出す独特のハーモニーは、
協奏曲や交響曲における弦楽器以外の楽器群で、いつも行っていることなのです。
ただそこにスポットライトを当て、ズームアップさせただけなのです。

ハープ アート作品とコラボするK299
ではいつものようにYouTubeでお聴き下さい。
今回は珍しい形式で演奏されているものを用意しました。
小編成の室内オーケストラのような形でフルートとハープの伴奏をしています。
ふだん大きな編成のオーケストラでは聞き取れない楽器のメロディが
はっきりと聴こえてきます。第一ヴァイオリンやホルン等の旋律が
しっかりと聴こえてきて、また違った趣の協奏曲を堪能できることでしょう。
また単に演奏を聴くだけでなく、アート作品とコラボレーションする形で聴いて下さい。
ヘッドフォンフルートとハープのための協奏曲 ハ長調. K.299
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2009-03-02 00:50:50

モーツアルトとコラボすれば金色の風が吹くアーティストさんⅠ

テーマ:絵画
アート鑑賞に音楽(BGM)は必要か?
美術館でアート作品を鑑賞する時、館内は静かなものです。
BGMが聴こえてくることは、ほとんどと言っていいほどないですね。
でも某放送局○○Kでは、美術作品の映像と共に、クラッシック音楽がよく流れていたりします。
軽く音楽を聴いて軽く美術鑑賞のできないアマデウス、どちらに集中すべきか迷うことがあります。
美術鑑賞をする場合、基本的にBGMはいらないと言う考え方は古いのでしょうか。

アート作品と音楽のコラボレーション
ロックやポップスにおけるPVは映像と音楽がセットになっています。
あらかじめ音楽に合わせて作られた映像ですから、絶妙のコラボになるのが当たり前。
しかしながら、既存の音楽に合うアート作品を探し出すのはとても難しいです。
またアート作品に合う既存の音楽を探し出すのも、同じく難しいのではないでしょうか。
アート作品の前で、適当に上品なクラッシック音楽を選んで聞くのは簡単です。
でもこれではアート作品と音楽のコラボレーションは成り立ちません。
だから私は長い間、音楽とアートは別々に鑑賞するよう心掛けてきました。
特にモーツアルトを聴く場合、コラボできる作品などあり得ないと思っていたのです。

モーツアルトとコラボするアーティスト
さて、モーツアルトとコラボできるアート作品などあり得ないと言う考えを持って
はや何年が過ぎたことでしょう。ところが昨年の12月にペタ友さんのある作品を見て、
その考えが間違っていることを気づかされたのです。いえ、気づかされたと言うより、
その作品を見て瞬時にモーツアルトのある曲が浮かびました。
そして心の中でこう叫んだのでした。
「この作品は正しくモーツアルト、
 あの曲をを聴きながら鑑賞すれば最高のコラボが生まれる。
 金色の風が吹き、至福のひと時が過ぎて行くにちがいない。」

あの曲とはフルートとハープのための協奏曲 K299
作品は、作者であるくっきーずさんに、掲載許可を頂きました。
もっと詳しく知りたい方は彼女達のブログ
ぜったい継ぎます! 七宝・彫金教室  応援してね! くっきーず
をご覧下さい。

彼女達は両親がやっていた七宝・彫金教室を引き継ぐために頑張っています。
私は影ながら応援したいと思います。皆さんも応援して下さいね。
 


実は、この作品は七宝焼きなんです。
そして最初の作品は焼いた時にひびが入ってしまったんだそうです。
画像をアップすれば確認できますが、私は言われるまで気づかなかったです。
(それだけこの作品に見とれていたから気づかなかったんだと、自分で自分に言い訳するアマデウス)
作者様からは、ひびの入っていない作品を載せて下さいと言われていたのですが、
無理を言って、両方掲載させて下さいとお願いしたのです。
確かにひびの入っていない作品の方が、吸い込まれそうなくらい美しい青色の発色が綺麗です。
でも金色の風が吹くには、両方必要だと思って、無理にお願いした次第です。

それでは、みなさん、
くっきーずさんモーツアルト
コラボレーションで
至福のひと時をお過ごし下さい♪



アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪

アマデウスが風の街より南風に載せて情報発信♪



フルートの音はサンタさんの歌声

ハープの音はトナカイさんの足音

金色の風をきってソリが走っていく
 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2009-03-02 00:50:00

Random Choice PV 1 :谷村奈南 - Crazy for you

テーマ:音楽・邦楽ロック&ポップス
一見グラビアアイドル、
巷ではダンスが下手だの、悪評が飛び交っていますが、
これだけの歌唱力とソウルウピリッツがあればいいんじゃない♪

今後、森高さんのように大ブレイクするんじゃないですか。


谷村奈南 - Crazy for you
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。