ドクターズバッグ





2008-08-29 20:20:20

アマデウスのPOPでアート Premium Number9:「島唄」 夏川りみ

テーマ:音楽・邦楽ロック&ポップス
続・金色のメロディ

*この記事をお読みになる前に
ミャンマー金色のオーケストラ「サイン・ワイン(hsaing waing)」をお読み下さい。 

金色のメロディは海を渡った?

金色のオーケストラ「サイン・ワイン(hsaing waing)」を演奏する国ミャンマーから
南東に向かって海を渡ると、そこはインドネシア、ここにもサイン・ワインのように
編成された打楽器のオーケストラがあります。材質は鉄、銅、陶磁器と地域によって
違っていますが、これらをすべてガムランと呼びます。

ガムランについて詳しい記事は白熱の音楽を優しく包むガムランをお読み下さい。

金色のメロディはもう一度海を渡った?

記事白熱の音楽を優しく包むガムランでも書きましたが
ガムランで扱うペロッグ音階は沖縄民謡にとても似ています。
そして沖縄民謡を聴いていると、時折あのミャンマーの金色のメロディに繋がるのです。
ミャンマー(旧ビルマ)のサイン・ワインの音階はインドネシア経由で沖縄に伝わったのか?
それとも直接ミャンマー(旧ビルマ)から沖縄に海を渡り、伝わったのか?
どちらにせよ、沖縄民謡のメロディが金色に輝く瞬間を見てしまった事は確かです。


 洋楽と沖縄のメロディを匠に使った「島唄」

宮沢和史が作詞・作曲した名曲「島唄」は、洋楽と沖縄のメロディを匠みに使っています。
最初は沖縄のメロディにちかく、次に洋楽のメロディへと持っていき
サビの部分では、両方のメロディが交互に輝く不思議な音階となるのです。
その時です、これこそが金色のメロディではないでしょうか。


ではYouTubeで宮沢和史作詞・作曲、「島唄」聴いてみましょう♪
演奏は夏川りみで聴くのが一番好ましいと思われます。


島唄

宮沢和史作詞・作曲

夏川りみ



ではアマデウスがこのメロディのイメージを絵に・・・・
いえいえ、残念ながら、わたしにはそんな才能はありません

でも幸運にもイメージぴったりの絵を一読者様のブログから見つけてしまったのです 



この2つの作品は
茶Pさんのブログ「別冊ちゃぴマガジン★(改)おえかきバージョン」よりお借りしています。

艾敬(Ai Jing)が「島唄」 
昔、中国のシンガーソングライター艾敬(Ai Jing)が「島唄」をとても気に入り
作詞・作曲した宮沢和史をバックコーラスに迎えて、ミニアルバムにこの曲を収録しました。
このアルバムは今でも私の宝物のひとつです。
演奏をお聞かせしたいのですが、動画は見つかりませんでした。
またこのミニアルバムも現在廃盤となっています。
替わりに彼女のデビュー曲「我的1997(邦題:私の1997)」を聴いて下さい。


艾敬 - 我的1997


てぃだ~太陽・風ぬ想い~/夏川りみ

¥2,800
Amazon.co.jp

私の1997/艾敬

¥2,199
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-08-29 19:03:19

ミャンマー金色のオーケストラ「サイン・ワイン(hsaing waing)」

テーマ:音楽・民族音楽

金色のオーケストラ
みなさんはサイン・ワイン(hsaing waing)という
ミャンマー(旧ビルマ)のオーケストラをご存知でしょうか?
世界で最も美しく金色に輝くオーケストラと言われています。
けれどサイン・ワインには(擦)弦楽器群は登場しません。
主役となるのは金色に装飾された打楽器群です。
ただし打楽器といえど、ほとんどが音階を持っています。


構造はマリンバやシロフォンに似ているものから、全く違った発想のものまで多種多様。
音階を持つ打楽器として、パット・ワイン、パッタラー、マウン・サイン、パマ
音階を奏でない打楽器として、小さな鈴シーと拍子木ワー、小さなシンバルであるヤグウェン
そこに笛の類としてパルウェイ、オーボエの類としてネー
最後にビルマの竪琴で有名になった楽器、サウンが加わり
ちょっとした室内オーケストラが編成されるのです。
では百聞は一見にしかず、画像を見てください・・・ サイン・ワイン画像


常に金色のメロディとなる音階

ここで特筆すべきは彼らが使用する音階です。

通常洋楽で使用する7音階、ミとファ及びシとドは半音の差しかありません。
したがって7音を均等に割ったものではないのです。

ミャンマー(旧ビルマ)のサイン・ワインで使う楽器の中に
パッタラーというシロフォンやマリンバに似た楽器があります。
板の枚数は22か24と多いにもかかわらず、オクターブの中には7音の板しかありません。
ところが調律はミとシを少し低めにし、ファを少し低め高めにしてあります。

これにより、7音を均等に割った音階に近くなります。
これは転調が自由にできる一種の平均律なのですが
これこそが金色のメロディを常時作り出す音階ではないでしょうか。


この音階によって作られるメロディには
悲しみとか怒りとか喜びといった人間の感情表現がなく
かといって機械的でもない、むしろ聖域に達した至福感があふれています。
だからこそ言いたいのです、このメロディこそ金色であると。

ビルマの音楽~竪琴とサイン・ワイン/民族音楽
¥2,800
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-08-03 23:39:39

アマデウスのPOPでアート Premium Number8:「亜麻色の髪の乙女」 島谷ひとみ

テーマ:音楽・邦楽ロック&ポップス
メロディには色がある?
みなさんは音楽を聴く時、「このメロディは何色だろうか?」なんて考えたことがありますか?
情熱的な音楽ならば赤、例えばベートーベンのピアノソナタ「熱情」は赤
陽気な音楽ならば黄、例えばモーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」は黄
屈折した情熱は紫色の音楽、例えばプリンスの「パープル・レイン」
憂鬱な音楽ならば青、例えばジャズやロック&ポップスなどのブルースは当然青ですよね。
でもこれらは音楽全体を通して色を感じているのであり、
メロディそのものが色を決めているとは言い難いのが現状だと思います。
また、コード進行やアレンジ、使用楽器などでも大きく変わってきます。


金色のメロディ
みなさんは金色のメロディは存在すると思いますか?
私は数こそ少ないけれど、存在すると思います。
ただし、このメロディは金色だと断言できるものは、他の色に比べ非常に少ないです。
何故ならば、このメロディは金色だと思ってよく聴けば、黄色だったなんてことがよくあります。

ならば黄色と金色のメロディの違いは何なのか?
煌びやかであれば金色のメロディと言えるのか?

文学的表現力に貧しいアマデウスは考えました。


そして
「金色のメロディとは至福のひとときを味わえるもの」
「金色のメロディは人を未来へ導く」

という結論にたどり着いたのです。


ではこれぞ金色のメロディと言える名曲を聴いてみたいと思います。
こちらもやはり、アレンジや使用楽器などが大きく関係してきます。
このウクレレヴァージョンならば、十分金色を堪能できるのではないでしょうか。


島谷ひとみ
亜麻色の髪の乙女


ではここで
金色のメロディを聴いている時のアマデウスは
どんな表情をしているのでしょう?
夜空のうさぎさんに、その表情をして頂きましょう。

夜空のうさぎ
こちらの作品はShizukaさんのブログ「SpinHome」よりお借りしています。

亜麻色の髪の乙女
そう言えば、ドビュッシーの前奏曲集第一巻にも同じタイトルがありましたね。
ドビュッシーの亜麻色の髪の乙女、こちらもやはり金色のメロディだと思います。


亜麻色の髪の乙女



亜麻色マキシ (CCCD)/島谷ひとみ

¥499
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。