「涙」




「悲しい時」に流す涙。


「寂しい時」に流す涙。


「悔しい時」に流す涙。


「つらい時」に流す涙。


「うれしい時」に流す涙。


「面白すぎて」ついふと涙。


「感動して」思わず涙。


不思議でとても奥の深い、「相手の期待に応えられない時」の涙。




人間て不思議だね。


色んな感情なのに、なぜか同じ行動をしていたりする。


でも一つ一つが全く違ったものに見えるんだよね・・・


とっても涙は奥が深いんだな。


そして、そういったことを一つ一つ経験して大人になっていくんだなって最近思う。



何気ないことを少し深く考えてみよう。


何でもいいんだ。


きっと新しい世界が見えてくるから

AD

道。

何千、何万という行き先の道が伸びていて

何千、何万という経路でその行き先にたどり着く・・・

 

どんな行き先を決めるのも、

どんな経路をたどるのも全てあなたの自由。

 

時にはなるべく近道を行く人もいる。

時にはなるべく景色を楽しむために、遠回りをする人もいる。

 

自分だけが「今日の道」を知っている。

 

人生とは「今日の道」の積み重ね。

そう毎日のだ・・・

 

たくさんの道が持つ、

たくさんの景色。

たくさんの感情。

そして、たくさんの思い出。

 

幾重にも重なるそれらが一枚の絵画を描いていく。

一生に一枚の絵画だ。

 

世の中に存在する全ての道は「パレット」。

そこから生まれる様々な感情。それらは「絵の具」だ・・・

そしてどんな経験をしたのか。それは「絵筆」であろう。

 

道という名のパレットに、感情という名の絵の具が入っている。

経験という名の絵筆がそれら感情を追い求め、

絵の具を上手く混ぜ合わせる。

そう、自分だけの新色の完成だ。

自分に広がる毎日が、自分だけの色を作っていく。

 

そうして少しずつ人生という絵画ができあがるのさ・・・

 

将来、みんながみんな素晴らしい作品を持ち合わせていることだろう。

一生に一枚の絵画だ。

 

みんなが、それらを見せ合う日がいつかくる。

その日を夢見て、今日も人は走り続けるんだ。

 

きっとなるであろう最高の一日を目指して・・・

AD