発表会 ⑩ 譜面台補助シート・・作り方 | 西東京市のピアノ教室「Piano Lesson あまーびれ」あまーびれ音楽ダイアリー

西東京市のピアノ教室「Piano Lesson あまーびれ」あまーびれ音楽ダイアリー

西東京市のピアノ教室「Piiano Lesson あまーびれ」のブログです。
日々のレッスンのこと、音楽のことなど綴っています♪

こんにちは
西東京市のピアノ教室
Piano Lesson あまーびれ   森田 香 です。

発表会ブログ・・
あと2回ほどでおしまいにしたいと思います。
今日は、譜面台補助シートについてです。

これは、譜面台にたくさんの楽譜を広げて置かなければならない時に 譜面台の面積を拡張するためのシートです。
あり合わせの厚紙で作成しブログ記事にいたしましたところ(記事はこちらです
多くの先生から詳しい作り方のお尋ねや、また早速作って活用されているとのメールを頂戴いたしました。
本当にありがとうございます。

ただ このシート、実は 次第に厚紙がしなり、使いにくくなってしまいました。
原因は紙質と、張り合わせ方かと思いますが・・
そこで発表会前に新たにしっかりしたものを作成。こちらは大変丈夫で その後も自分の練習やレッスンに役立っております。

今日は 詳しい作り方をこちらにアップさせていただきます。

用意するもの:
✴︎板目用紙(A4サイズ6枚)
✴︎黒のケント紙や色画用紙(A4サイズ12枚・・板目用紙の裏表に貼れる量)
✴︎黒の製本テープ(板目用紙の周囲をくるみ、さらに各板目用紙を貼り合わせることのできる量)
✴︎テープのり(接着した時にシワがよりにくいもの)

作り方
① 板目用紙の表裏に黒の紙を貼り、さらに4辺を製本テープでとめる。・・同じものを6枚作る
② そのうち4枚を、写真のように折りたためるよう、長い辺同士を貼り合わせる(製本テープで)

③ 残り2枚は、両端になる。長い辺と短い辺を写真のように貼り合わせる。
下は2センチほどずらして貼ると、ピアノ本体と譜面台との段差にちょうど良い(寸法はピアノに合わせてください)

そして出来上がったのがこちらです。

楽譜を長く広げる必要のない時は、シートを折りたたんだ状態で 楽譜を クリップなどでとめて使うこともできます。

発表会本番で・・
毎回何かしら起こってしまう楽譜のトラブルですが、おかげさまで今回は大変スムーズ。
生徒さんも私も 落ち着いて連弾のステージを楽しむことができました。

一つ常備しておきますと結構重宝ですので、どうぞお試しくださいませ。

お読みくださいましてありがとうございました。