仁藤ピアノ教室のアマービレです。


ピアノ教室では
ピアノを弾けるようにすること
それはもちろん当たり前ですよね!

でも、できれば楽しく進歩できたらと
誰だって思います。

つまらなかったり、苦しすぎたり、
居心地が悪かったり・・・

これでは、誰だって
ピアノが嫌い、音楽が嫌いになってしまいます

そうならないように
日々のピアノレッスンでは
いつもアンテナを張り巡らして
生徒さんの言葉をキャッチするよう
心がけています


おんぷおんぷおんぷ

大きな生徒さんや、大人の生徒さんは
新しいことを発見したり、知ったり
知的好奇心が満足することでも
楽しさを感じてくださるので

私自身の勉強を深め
伝え方の工夫をすれば
もっと満足していただけると思いますので
日々勉強を心がけます!

おんぷおんぷおんぷ

さて、小さな生徒さん達は
なかなか手ごわいです


集中できる時間も限られていますし
頭の中は遊ぶことでいっぱい

こちらのペースに乗せて
いかに効率よく
色々なことを
覚えてもらえるか・・・
まさしく真剣勝負


おんぷおんぷおんぷ

低学年の女の子Aちゃんの言葉

「学校は勉強させられるから嫌なんだよなあ。
でも、ピアノのレッスンは遊びみたいだから楽しい

これを聞いた時
内心「よかった」と安心しました。

なぜなら、譜読みができるようにと
色々なことをけっこう詰め込んだ
ピアノレッスンをしていたからです。

Aちゃんは、耳がとっても良いので
何でも聴いて弾いてしまい
なかなか譜読みができるようにならないので
ついついこちらも色々と
盛り込みすぎかなと、心配だったので・・・

おんぷおんぷおんぷ

それから、低学年の男の子B君から
やっと、この言葉が

「え?ピアノのレッスンもう終わりなの?」

B君は、お友達と遊ぶことが大好き!

本当は毎日遊びたいのですが
音楽も大好きで
耳で聴いてすぐに覚えて
弾けてしまうので
ピアノ教室に来てくれました。

ピアノは好き
でも、お友達も魅力的
という状況でのピアノレッスンは
なかなか集中できませんでした。

あの手この手で
知恵を絞ってピアノレッスンを
続けてきたところ
やっとうれしい言葉を
聞くことができました。

もちろん
飽きないようにしなければならないので
まだまだ気は抜けません


おんぷおんぷおんぷ

「えーっ!来週ピアノお休みなの~?つまんない」
「もっと、弾きたい」
「まだ帰りたくない」

こんな言葉を生徒さんから聞くと
本当にうれしくなります


もっともっと前向きな言葉が
引き出せるような
ピアノレッスンを
目指していくつもりです