映画鑑賞~

テーマ:

映画「君の膵臓を食べたい」を見てきました。

 

略して「君すい」と言うらしい。

 

肝吸いでもなく、ホラー映画でもない爆  笑

 

 

 

青春小説が映画化。  ある秘密を抱えながらも

 

明るく人気者の女子高生クラス一暗く

 

人間関係が煩わしく思う男子校生とが

 

関わりあう中で生きる意味を描き出す

 

とても切なく深い映画でした笑い泣き

 

例によって、内容は話せませんが。とにかくオススメ!

 

前半は地味に淡々と進むのですが、、、

 

後半のメッセージに繋がる、一コマもカットできない事が

 

見終わった時によーーーく理解できる。巫女さん

 

 

涙で顔がえらいことになってましたので、さっさとトイレへ風

 

おひとり様で良かったーーーえーん

 

女子高生(さくら)の残した名言。。

 

生きるってのはね。

きっと誰かと心を通わせること。
そのものを指して、
生きるって呼ぶんだよ。

誰かを認める、
誰かを好きになる、
誰かを嫌いになる、
誰かと一緒にいて楽しい、
誰かと一緒にいたら鬱陶しい、
誰かと手を繋ぐ、
誰かとハグをする、
誰かとすれ違う。

それが、
生きる。

自分たった一人じゃ、
自分がいるって分からない。

 

まだまだ、心に響く言葉が続くのですが・・どうぞ見てくださいね。



 

 

 

 

 

セピア色の毎日よりも、いろどりある毎日を

送ろうね。

↑巫女さんの名言(笑)



人との関わりが時には煩わしく

傷つく事だってあります、


でもサクラが言ったように、関わりがあってこそ、自分が何者かわかり、また見えてくる事も多く

生きる感動が生まれて来ますよね。



人と人との摩擦こそ生きるとゆー事かも

しれませんね。


魂をピカピカに研磨されていきましょうね!

 



映画ってほんとーーーにいいですね

さよなら、さよなら、さよなら巫女さん巫女さん巫女さん

 

 

 

 

 

AD

コメント(2)