七五三詣り

テーマ:
七五三といえば11月ですが、昨今では

写真館の都合等で10月に七五三参りをされる方が

増えてきています。写真を取れば満足、という方も多い中

神社でご祈祷をされる方は本当に立派だと私は感じます。

神様に子供たちが儀礼の年齢に達したことを報告し

感謝するお礼参りなのですから。

今があるのも周りの方々のおかげ、神様の力、ご先祖様の力

そんな事をあらためておもいなおす、良い機会にされると

有意義な七五三まいりになると思います。

 

  神前で、素直な気持ちで柏手をうつ姿はとても気持ちが良いですね。


 

    お清め(厄払い)の副鈴で大体の子供は喜びますヽ(・∀・)ノ
     赤ちゃんは泣きますね(お宮参りあるある(^O^))

 
宮司と記念撮影!!家族にあたたかく見守られた神前での儀式は

一生の思い出となるのでしょうね。

神様の記憶にもちゃんと一生残りますからね。


 豆知識 7歳までにこれ程多くの成長過程儀礼が集中するのは
       古来「7歳までは神の子」 と言って、まだ神の世界人の
       世界
の両方にまたがっていると考えられていたからです。
       また、昔は病気で7歳までに亡くなる子供が非常に
       多かったからだそうです。
    
  私たちは神の子だったんです、この世で良いことをして神の世界に
  帰りたいものですねヽ(;▽;)ノ
    

                       尼崎えびす神社  巫女さんより





 


AD