ネイルサロン見学 in city walk | インド貿易で起業!ネイル、サロン、美容用品、輸出入ガイド

インド貿易で起業!ネイル、サロン、美容用品、輸出入ガイド

インド貿易で起業!ネイル、サロン、美容用品、輸出入ガイド


テーマ:
休日の人出をチェックしに、またデリー中心から南にある大きなショッピングモールcity walkにきました。


この前見つけたお店。

インドに来る前は、日系企業の駐在の人達を相手にする商売をしたほうがいいよとアドバイスされたこともありました。ですが実際は日本人以外にもデリーにいる人達の消費レベルは予想以上に高くて人数も多くて驚きです。とても消費を楽しんでいるように見えます。

男性スタッフが、ガシッとお客様の手を掴んでいます。やはり丁寧さや繊細さなどを考慮して、出店するときは全員女性スタッフにすべきだと思います。

お客様がなにやらペディキュアの相談をしています。

いつも白シャツのブリジェーシュさん。ネイリストです。色々お話ししてくれました。給料は月30000ルピー(4万円)+インセンティブとのこと。ジェルネイルは知ってるそうです。カモーンと気さくな人です。日本のネイル写真を見せたら、オービューティフルと興味しんしんです。

本当は女性スタッフに話しを聞きたいのですが、インドで女性に話しかけるのは少し注意が必要です。インドでは男女関係にかなり厳しくて、通常、街中で夫婦でない男女が談笑したりすることはあまりありません。仲良く一緒に歩いている男女がいたらだいたい夫婦です。インドに来てはじめて知って驚きました。

こちらはまた別のお店。このくらいシンプルな店構えなら、それほど大きな資金もかからないでしょう。

休日なのでお客様が多く、次々と来ます。お父さんにお願いしている娘さんもいて、だめと言われてふてくされていました。なんだかほほえましいです。

お店のオーナーのハウルさん。いろいろ協力するよと言ってくれました。こちらが日本人だとたいていのインドの人は興味をもってくれるので、話しやすいです。ショッピングモールのディベロッパーも紹介してもらえないかな。


順番待ちのお客様。ツーリストぽくはないので、たぶんデリーに住んでいる中国人の駐在のかただと思います。


デリーには日本、中国、韓国、アラブ、アフリカ、アメリカ、イギリス、フランスなど世界中から駐在の人が集まってきて生活しています。みんな将来の成長への期待感があり、とても自由に消費を楽しんでいます。

インドに来て2ヶ月ですが、実際にインドに来てみないとわからないことがたくさん見えてきたように思います。もし日本国内で閉塞感を感じているなら、1度海外にでてみるのも良いかもしれません。外から眺めると日本の良いところも再認識することができます。


【募集事項】
以下の方を募集しています。
①インドのネイルサロン店での勤務を希望するネイリスト、および店長候補
②共同で店舗の開店、運営に興味がある提携企業様または個人の方
③インドの現地スタッフ向けの技術指導を行うインストラクター
④インドでの店舗開発担当者
⑤とにかく興味がある方

その他、なんでもお気軽にご連絡ください。

denさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス